プロアームな話

タイヤの片側のみにアームがある片持ち式スイングアーム、プロアーム。
e0152357_023323.jpg

昔乗っていたVFRが、この片持ち式だった。
e0152357_034130.jpg

このスイングアームの大きなメリットは、
①ホイール交換時間の短縮
②同重量の両持ち式に比べて剛性を高く出来る
③ブレーキディスクを車体センターに配置できるため、ブレーキング時に発生する偶力を抑える事が出来る
④素早く精度のよいチェーンアジャストが可能
以上、大きな部分で言うと上記4点が挙げられる。
一時期はVFR・RVFをはじめ、BROSⅠ、Ⅱ(かなりマニアックなバイク)、
NSR150(↓これもマニアック)、
e0152357_0165631.jpg

NSR250、GoldWingなど、かなり多くの車種で採用されていた、ホンダ自慢のメカニズムだったが、最近ではその数もだいぶ減ってきたように思う。
今、街を走るバイクの中で、このプロアームを採用している車種で最も多いマシンと言うと、ひょっとするとコイツかも知れない・・・。
e0152357_0201251.jpg

VFR800P!
VFR750Pもそうだったが、ホンダ技術の結晶はいろんなトコロで活躍しているワケだ。捕まるのは御免だが、こうして見る分には、VFRはほんと味のあるバイクだと、私は思う。
目をつぶっていてもそれと分かる排気音、決して派手ではなく、控えめにホンダ技術の結晶を採用・主張しているあたり、他のバイクには無い魅力満載だと思う。
by masa6-COMPASS | 2008-12-16 23:54 | バイク | Comments(0)