2017年 03月 05日 ( 1 )

鉄道ファンとして、これはやはりUPしとかねば…という松山ネタを一つ。

愛媛県庁。
味のある本館建物は、1929年(昭和4年)に建てられたもので、国会議事堂より古い。
知事が執務する庁舎としては、全国で3番目に古いというから、なかなかのもの。
a0222229_236214.jpg

そんな県庁建物の目の前にある電停、「県庁前」から路面電車に乗り、JR松山駅へと向かう。
a0222229_2373395.jpg

7~8分ほど走ると、全国で「ここだけ」というスポットが出現。
それがこれ、鉄道線と軌道線が交差する「ダイヤモンドクロス」だ。
a0222229_244242.jpg

路面電車の中から見るとこんな感じ。
a0222229_245329.jpg

踏切によって車と一緒に止められ、鉄道車両が通り抜けるのをこうして待つ。
なんとも不思議な光景。
a0222229_2454525.jpg

外から見るとこんな感じ。
「ガタンゴトン」と重量級の音をたてて郊外電車が通過していく。
a0222229_2464141.jpg

送電線も交差しているため、電車の通過時にはバシッと火花が飛んだりする。
そんなスポットだから、鉄道ファンの姿もけっこう多い。↓
a0222229_248382.jpg

松山に行かれた際には、
a0222229_249992.jpg

是非一度、足を運んで頂きたいスポットだ。
a0222229_2493059.jpg

路面電車を降り、この踏切に隣接する「大手町駅」から電車に乗り、
a0222229_2552029.jpg

隣りの「松山市駅」まで走る。
a0222229_2553512.jpg

ほんの3分程度ではあるけれど、
a0222229_2555410.jpg

外からただ見ているだけよりも、
a0222229_256680.jpg

数倍、
a0222229_2561492.jpg

「伊予鉄」を肌で感じることが出来る。
a0222229_2562280.jpg

鉄軌道もバス事業も単体で黒字経営が続き、「地方公共交通の優等生」と呼ばれる伊予鉄。
松山に行かれた際には是非、そんな切り口で街を楽しんでみるのも、なかなかオツなもんです。

そして本日も、夕方よりBAND練習。
a0222229_313660.jpg

さて…。
また明日から、がんばろう。
by masa6-COMPASS | 2017-03-05 23:59 | 雑記 | Comments(0)