<   2008年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

仕事で浜松へ。
e0152357_0325897.jpg

東京へ戻るわずかな時間の隙間を突いて、駅近くを軽く探索。
高架の下で見つけた、観光客向け?の施設。その名も「べんがら横丁」
e0152357_0343830.jpg

ま、時間もないし、今日はここで我慢するか。

いろんなお店が入ったこの横丁の中で、ワタシが目を止めたのが富山ラーメンのお店、萬天。
全国各地、たくさんの御当地ラーメンがあるが、富山の御当地ラーメンって、あまり聞いたコトが無い。
と言うわけで、早速店内に入ってみる。
基本はとんこつラーメンがベース。
これを元に、黒ラーメンと白ラーメンの二つのラーメンを作り分ける。

黒は言わずと知れた、こがしにんにくを使ったスープ。
今日はこの後の仕事の件もあるので、おとなしく「白」をチョイス。
e0152357_0444487.jpg

こってりしているようで、実は意外とさっぱり。
この味を作り出しているのは、富山湾で取れる小エビなどを入れた海鮮系ダシ。
なかなかどうして。美味いじゃないか!

具は焼豚、青ネギ、白髪ネギ、味タマ、そして青さである。
この青さがまたいい味だしてました。
e0152357_0483342.jpg

↑あら・・・。
と言うわけで、ここでライスを追加。
さっそく、ねこまんまにして食べてみる。
e0152357_050813.jpg

ヤバい!
美味すぎる・・・!
この味、ほんとにハマります。富山ラーメン、想いは伝わった!
ごちそうさまでした。
by masa6-COMPASS | 2008-09-19 20:18 | 雑記 | Comments(0)
久々に訪れた栃木県。
せっかく栃木に来たのならば、餃子は外せない。
と言うわけで、宇都宮餃子の真髄(とワタシが勝手に思ってる)、正嗣の餃子(まさしのぎょうざ)に1年ぶり位に行ってみた。

時刻は18時。店舗は正嗣の餃子、鶴田店。
このお店、餃子が無くなった時点で閉店となるわけで、休日のこの時間はまさに、閉店かどうかの瀬戸際でもある、非常に危険な時間帯。
この日は本当に運よく、最後のお客として店内に入れさせてもらった。

店内のメニューは、焼き餃子か水餃子の2種類しかない。
ビールも、ご飯も、余計なものは一切置いてないのである。

店内に山積みにされた、お土産用の箱。
e0152357_01851100.jpg

そして、来る日も来る日もこの場所で餃子を焼き続けるオヤジさん。
e0152357_0201246.jpg

リズミカルに素早く、お客さんの注文をさばく。
その手さばきはまさに、プロである。

そんなワケで、本日は焼き餃子3人前、水餃子2人前、合計5人前(30個)をオーダー。
e0152357_0223654.jpg

無言で食べ続け完食。
ここの餃子は、皮はモチっと、中はジュワっとジューシー。
特性ラー油との相性も素晴らしく、餃子の街に相応しい仕上がりを見せる。

妙にシステマチックで、ファミリーレストランっぽくなってしまった餃子屋さんよりも、ここのこのストイックなまでの、それでいて餃子に対して真摯でまっすぐな姿勢が、ワタシは大好きです。

是非みなさん、宇都宮に寄った際には行ってみて下さい。
by masa6-COMPASS | 2008-09-15 20:18 | 雑記 | Comments(0)