<   2010年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

…と言うわけで、某所にてラジコン遊びをして来た。
e0152357_033041.jpg

…にしても、ラジコンってこれほどまでに面白いオモチャだったとは、知らんかった…。
衝動買いした安物のHUMMERで、新しい遊びを覚えた感じ。

by masa6-COMPASS | 2010-02-20 23:30 | 雑記 | Comments(0)
いつもの電車といつもの風景…。
でも、いつもと違っていることが一つだけあった。
e0152357_07504.jpg

おお~!
遂に丸の内線にも液晶画面がデビュー!
これでJRにもひけをとらない設備になった。

ん…あれ??
車内が微妙に薄いピンク…。
これ、たしか小田急4000系も同じような色をしてたような気がする…。
なにか、精神的な分野に訴えかける力があるような、そんな色合い。
ピンロン♪、ピンロン…♪
あれ?
気付けばドアチャイムも追加設定されている…。

ん~…。
丸の内線は全駅にホームドアがあり、主要駅には巨大液晶画面(広告用)もある。
そこに加えて、車両のリニューアル…。
さすが、ドル箱路線は金の掛け方が違うなぁ…。
by masa6-COMPASS | 2010-02-17 23:30 | 雑記 | Comments(0)
所要により、小雪のぱらつく中、茨城県つくば市へ。
その「所要」までちょっとだけ時間があったので、時間潰しもかねて、JAXA宇宙航空研究開発機構の施設の一つである、筑波宇宙センターに寄ってみた。
ここ、かなり物々しい雰囲気の施設だけど、予約なし&無料で見学することが可能。
e0152357_22564088.jpg

と言うわけで、所定の手続きを取り構内へ。
敷地内に横たわるHⅡロケット。こいつは圧巻…!
e0152357_22542432.jpg

ちなみに、このようなJAXAの施設は日本全国に16か所ほどあり、千葉県にも勝浦市に関連施設が存在する。
そう言えば以前、バイクで行ったなぁ…。
e0152357_2334958.jpg

展示室へと向かう。
e0152357_2351628.jpg

中に入ると、人工衛星やエンジンなどの実物が展示されており、宇宙好き?じゃなくても、けっこう萌え~~な感情がフツフツと湧いてきたりもする。
e0152357_2365333.jpg

e0152357_237499.jpg

こちら、ソユーズの帰還カプセル。
いや~、人間ってホント凄いもの作るよなぁ…。
e0152357_2391177.jpg

宇宙食コーナーにならぶ食材。
天ぷらソバ、
e0152357_23105316.jpg

ねぎま、
e0152357_23103096.jpg

そして、京風あんかけ五目うどん…。
e0152357_23132184.jpg

ずいぶんバラエティーに富んだ品揃えだ。

こちら↓宇宙飛行士訓練施設。
ここをよくフワフワと遊泳する姿がTVで流れたりする。
e0152357_23153750.jpg

どれもこれも、本物だから超リアル。
ここ、なかなか面白いです。

そんなワケで、展示室内は約30分前後ですべて見て回れた。
施設内にはコンビニまで設置されている。
e0152357_2316567.jpg

施設内にある小さな小さなお土産売り場にて、ここでの人気商品…らしい宇宙食を物色。
e0152357_23211364.jpg

とりあえず、たこ焼きとプリンを購入。
実食についてはまた別な機会に…。

と言うわけでココ、なかなかのオススメスポットでした。
e0152357_2324990.jpg

by masa6-COMPASS | 2010-02-13 23:31 | 雑記 | Comments(0)
外房線・内房線・成田線・総武本線に、209系が投入されてから既に5ヶ月。
本日、初めてソイツに乗った。
e0152357_1035845.jpg

(無断拝借画像…)

元々この209系は京浜東北線で運用されていた車両。
製造年を見ると「平成7年新津車両製作所」と表示されていた。
と言うことは、約14~5年前後で退役、と言うことになる。
京浜東北線のE233系置換も完了し、完全に209系が撤退した今、こうして他路線に転用される車両はまだいいが、そうではない車両は一体どうなるのか…というと、こうなるらしい↓
e0152357_1075396.jpg

スクラップ解体。
なんだかもったいない気がしないでもないが、209系はもともとそういうコンセプトで作られた車両だけに、これは初めから分かっていた運命でもある。
■経年劣化による故障が多くなる10年位で、制御器も車体もすべてそっくり交換しましょう。
■それによって車体の不具合による運行トラブルのリスクを、減らしましょう。
■廃車にし、車両を新造しても、京浜東北線の収支に対し赤字にならない。
■故障のリスクを低減させる事を考えると、転用するより廃車の方が手堅い。
寿命半分、コスト半分で作られた車両だけに、メンテナンスしながら使い続けるよりも、こうして廃車にしてしまった方が、逆にメリットが大きい、ということらしい。
房総に置換されてきたヤツは幸せもんだ。

ちなみに、上の画像の解体場所は、その道ではけっこう有名。
他にもこんなヤツが解体されてたり。
e0152357_10134897.jpg

201系は旧国鉄時代の車両。
今でも中央線で時々その姿を見ることが出来る。
って言うか、普通に先週コイツに乗った。
この車両の考え方は、
■車体は30年位使用。但し制御器は10年位で交換しましょう。
■全般検査では車両を解体し、バラバラにして不具合部品を交換し、組みなおしましょう。
■鉄で出来た車体。もし、雨水などが原因の錆びが発生したら、塗装を落とし鉄板を接いで溶接し、修復しましょう。
…といった感じらしい。
国鉄時代とJRになってからの考え方の違いが如実に表れている。

ま、201系も209系も使えないワケじゃ無いけど、201系の場合
→電機子チョッパの機器は、もう部品が無い。
→防錆のしっかりした良作の車両だが、鉄で出来ている為、錆びによる車体の劣化のリスクはつきものである。
また、塗装も1両で1トンくらいの重さになり、塗装の工程やその分伸びる工場入りの期間、また、その分車体が重くなる事を考えると、受け入れるJR線の先がなかなか無い。
といった状況らしい。
大阪環状線ではまだまだ現役で運用されているんだから、そっちで転用できなくもない気がするんだけど、どうなんでしょうかね。
e0152357_10205563.jpg

新型車両投入の影で、ひっそりとその人生に幕を下ろす車両達。
分かっちゃいるけど、やっぱ寂しいもんですね…。
e0152357_10363391.jpg

by masa6-COMPASS | 2010-02-12 23:32 | 雑記 | Comments(0)
都内某駅から徒歩5分。
周囲に近代的なビルや商業施設が立ち並ぶ中、ポツンと時代に取り残されたかのようなお店を発見。
e0152357_2224339.jpg

周囲には路駐したタクシーが数台。
中を覗くと、そんなタクシーの運ちゃんやら、男性一人客やらでけっこう賑わっている様子。
前々から気にはなっていたが、ひょっとしてここって隠れた穴場店なのかな??
そんなワケで、なんとなく腹も減っていたので、なんとなく入ってみた。
店内はカウンターのみで20~25席前後。
e0152357_2272331.jpg

外観に負けず劣らず、店内も「昭和」の香りが強烈に漂う、昔ながらの定食屋といった佇まい。
中年男性4名がもくもくと厨房内で料理を作っている。

この雰囲気、昔親父に連れられて行った実家近くの「食堂」のようで、なんとなく懐かしかったりもする。
…と、そんなノスタルジックな気分に浸っていたその瞬間、年季の入ったカウンター上を小さな〇〇〇〇が歩いていく…。

は!?
マ、マジすか…!(((゜д゜;)))

地球上で最もしぶといと思われる生き物。
実際、コイツが居ないお店はない、と言えるかも知れないが、客席で堂々と徘徊するその姿を見掛けてしまうと、やはりショックではある…。
一気に食欲が衰退…。
失敗した…。やはりそういうレベルか…。
…にしても、こんな状態なのに、なぜここは流行ってるんだ??
良く見ると若いカップルもいるし…。

とりあえず、来たからには何か頼まないと…。(今思えば、この時点で帰っても良かった)
と言うわけで、無愛想なオヤジに「肉野菜炒め定食」を注文。
ビクビクしながら料理が来るのを待つ。こんな気持ちで料理を待つのは生まれて初めてだ…。
5分ほどで料理が運ばれる。
e0152357_250376.jpg

値段(700円)の割にはけっこうなボリューム。
この辺りが流行る理由なのか…??

そんなわけで、とりあえず気持ちを静めて食べ進めていく…。
味は…、まぁいたって普通。味噌汁はかなり煮詰まった感じではあった。白飯はなかなか美味かった。
いずれにしても、さっさと食べて早くこのお店を出たい…。
そんな気持ちに支配されていたのは確か。

半分ほど食べたところで、今度は肉野菜炒めの中で、見てはいけない物体を発見…!

!(((゜д゜;)))!
マジすか…!

異物混入…。もうダメ。これ以上食べれません。限界…。
久し振りに激しく撃沈…。

初めて入るお店は、こういうのが怖い。
いろんな意味で勉強になった…。
by masa6-COMPASS | 2010-02-11 23:32 | 雑記 | Comments(0)
イベント好きな日本人の特性を上手にくすぐった、チョコレート会社の陰謀、バレンタインデー。
ま、今更ここでそれについてどうのこうの語るつもりはまったく無い。
今日のネタは、一般食料品、または薬剤等に見立てた、バレンタイン用チョコレート製品の数々。ま、一言で言えば、そっくりさん製品。
百聞は一見にしかず。
と言うわけでまずはコチラから。
最初に「本物」を…。
e0152357_23171029.jpg

誰もが知っている、子供向けカレーの代名詞、「カレーの王子さま」
これが、チョコレート会社の陰謀にハマるとこうなる。
e0152357_23153231.jpg

「カレは王子さま」
良く見ると、石〇遼??
本物のカレーの人参は「星」なのに対し、バッタもんは「ハート」
芸が細かい…。

続いてコチラ。
e0152357_23204585.jpg

どうみてもバンドエイドなのだが、どうやらチョコらしい。
更にコチラ。
e0152357_2321386.jpg

ハート&Pで、ラブピーゴールドだそうだ。意味が分からない・・・。
ここまで来ると暴走…?
e0152357_23232745.jpg

意味分からん。
e0152357_23235948.jpg

意味分からん。
e0152357_23242447.jpg

意味分からん。
e0152357_23244538.jpg

まったくもって意味分からん。

作ってる企業にとっては、それこそ真剣勝負の死活問題。
大真面目に企画会議やら商品試食会やら、やってるはず。
ま、これでみんなが幸せになれるんだったら、安いもんだ。
by masa6-COMPASS | 2010-02-08 23:30 | 雑記 | Comments(0)
ちょっと前に泥公団仲間の間で話題になった「応援したくなるお店」、らーめん「とみや」に行ってきた。
実は前々から行きたかったんだけど、なかなか時間が取れずに行けずじまいだった。

と言うわけで、「とみや」である。
事前情報として知っている範囲は以下の通り。
①店舗の場所が死ぬほど目立たない
②主人はずっとラーメン屋がやりたくてやりたくて、11月にその長年の夢を叶えた
③竹岡式風ラーメンは、味的には「おしい」感じのようだ
④お昼時でもお客さんはまばらのようだ
⑤ご主人はなかなか人柄も良さそうだ
…とまぁ、こんな感じである。
私も今日伺った限りでは、心の底から「応援したい」と思えるお店だったのは確か。
是非ここのご主人にはこれからも頑張ってもらいたい!
是非、お店を繁盛させてもらいたい!
ただ、その為にはこれとこれとこれを改善した方がいいんじゃなかろうか?的な見方で、今回のレポートを進めていきたいと思ったりする今日この頃…。

店舗に行ったのは午後2時50分。
ランチの営業時間はたしか午後3時までだった。
この時間に行って既に閉店していたら、まずその時点で自分の中ではNGである。
恐る恐る行ってみると…。
e0152357_0165882.jpg

げ…!
マジで閉まってる…。
e0152357_017391.jpg

ん~、残念…。
営業時間っていうのは、お客さんとの初歩的な約束ごとであるはず。
それを守れないっていうのは、商売をする姿勢に問題があるんじゃないの?って疑ってしまう…。
とりあえず、中を覗いてみる。
「すみませ~ん」
厨房にはオヤジの姿が…。なんだ、いるじゃん。
「お昼はもう終わりですか??」
「ええ、今日はもう閉めちゃったんですよ~、すみませ~ん…汗」
「あ、そうなんですか…。まだ3時5分前ですけど…?」(←やなヤツ)
「…」(ご主人、答えられず…)
「分かりました。じゃ~、また来ますね~」

ん~…、なんだかしっくり来ないけど、しょうがない。
これがこのご主人の志なんだろうから…。

残念な想いを胸に車に戻り、さて県道に出ようかな~としたその時、先ほどの主人が追い掛けてきた。
「すみません…!
ラーメンだけでよろしければすぐに作ります…!」

おお~!
これにはちょっとビックリした。
そう、この姿勢が大事なんです。
閉店5分前に来るお客さんをどれだけ大事に出来るか?

と言うわけで、再びお店の中へ…。
店内には4名掛けテーブルが2卓とカウンター席が4席、合計で12席である。
メニューはラーメンのみ。
e0152357_0415756.jpg

バリエーションとしては「大盛」と「チャーシューメン」があるが、基本的にはラーメン一種類。
「すいませんね…。今すぐに作りますから…」
そう言いながら、ストーブに火を付け、テレビのスイッチを入れ、お冷を出す。
営業モードに入ったようだ。

店内客席側に置いてある冷蔵ショーケースに、厨房内でのオヤジの動きが写りこんでいる。
e0152357_0444292.jpg

各食材を扱うのは、素手ではなくてすべて菜箸とトングを使用しているようだ。
e0152357_0454116.jpg

ま、当たり前のことなんだけど、ピーク中だったり、またはお客さんから見えなかったりすると、なかなかそういうトコロって徹底できなかったりするんだけど、けっこうこのご主人は真面目にやってるようだ。
10分ほどでオヤジ渾身のラーメンが完成。
e0152357_0484797.jpg

パッと見た感じ、竹岡式風でもある。
麺は中細麺。
故に、多少固めに茹でてあるので、柔らかめが好きな人はお申し付けください、と店内に掲示されている。
e0152357_0515931.jpg

では、いただきま~す!
e0152357_0524075.jpg

ずるずるっ…。
ふむふむ、なるほど…。
ん~、そう来たか~。

よくよく話を聞いてみると、元々このオヤジは、3人で共同出資してラーメン屋をやっていた、とのこと。
中には中華料理の職人上がりもいて、味にはそこそこ拘っていたのだが、3人の考え方・方向性の相違により分裂。
今はそれぞれにお店を持ってやられている、とのこと。
なぜこの場所で?と聞いてみたところ、県道沿いは家賃が高いため、出せなかったとの返事。
今のこの建物は、元々お惣菜を作っていた場所らしく、居抜きで入った、とのこと。
初期投資をなるべく抑え、なおかつ月々の家賃を出来るだけ抑えた結果、この場所になったらしい。
ふむふむ、なるほど…。
ん~、そう来たか~。

と言うわけで、しばしオヤジと世間話やら商売の話やらをしつつ、15時30分過ぎにお店を出た。
「ありがとうございました!」
「ごちそうさまでした。また来ますね~」

以上が、らーめんとみやのレポ。
ここから先は、ワタシ的な「こうなっていればもう少し儲かるんじゃなかろうか」的意見。
まず、やはり立地条件が悪すぎる。
e0152357_185284.jpg

(マツさんから無断拝借画像…↑)
県道側から見たこの視認性の悪さは致命的だ。
一応、幟が出てたりもするんだけど、店舗自体が見えないため、人を引っ張る力が弱すぎる。
大きなサイン看板…とまでは行かなくても、車と人の流れを誘導する何かが絶対に必要だ。
次に店舗。
ラーメン屋らしからぬ素っ気ない建物は、もう少しラーメン屋のそれっぽい雰囲気が欲しいところ。
ま、これは一概には言えないけど。
特に千葉県のローカル地方においては、これがラーメン屋?的な佇まいで成功している場所もあるので。
次に店内。
まず、厨房が広すぎる。
ラーメン一種類を出すだけなら、今の半分のスペースで十分。
仮にメニューを増やしたとしても、今のスペースほどは要らない。
厨房を半分にし、余ったスペースをカウンター席にする。
入口は今の位置ではなく、南側の扉(現在の厨房入口側)に変更。
つまり、客席は大きくL字を描くような形とし、一人客用のカウンターを増やすことで、回転率を上げる。
4名掛けテーブル2卓は、思いきって2名掛けテーブル×4卓とし、席数をそのままに卓数を増やす。
これで、組客数に合わせたテーブル配置が可能となり、テーブルの回転率も上がる。
お金が生まれるのはテーブル上だけなのである。
割りばしをやめることで消耗品類の使用量が格段に下がり、ゴミも減らせる。
ラーメン600円は高過ぎる。
せめてベーシックメニューはワンコインで食べれる価格帯にすべき。
味に関してはここではあまり触れないことにする。
個人的嗜好によるものが大きいためと、これから行こうとする方に変な先入観を持ってもらいたくないので。

いずれにしても、この立地条件とラーメン一種類だけで勝負していくのは、かなりしんどいと思う。
なにか大きな特徴を打ち出さなければ、商売としては難しいのでは。
(ま、きちんと商売が成り立っていれば問題ないんだろうけど…)
ま、多分に自分の希望もあるが、現行はラーメンしか出していない普通のラーメン屋だが、これを「ラーメンと焼きそばのお店」として、新たなコンセプトを打ち立てたとすると、これ、けっこう面白いと思う。
焼きそばのいいところは、その「原価率の低さ」と「持ち帰れる」こと、そして「周辺に競合がない」こと。
もちろん、ラーメン・焼きそばともに、品質にはとことんこだわる必要がある。
奇をてらっただけではお客に心は届かないし、それをやり遂げる決心覚悟がなければ失敗する。

そんなこんなでダラダラと書きなぐったが、このお店には、有名店にはない温かさが溢れている。
それはおそらく、オヤジの放つ感性波動であり、細やかな気遣いでもあり、オヤジの人柄でもあると思う。
黙っててもお客が来るお店は、いつしかお客さんが見えなくなり、自分のペースで仕事をするようになる。
「店長」ではなく、一国一城の「主」としての自覚と誇りを持って、オヤジにはこれからも頑張ってもらいたい。

そんなワケで、定点観測がてら、また機会を見つけて行ってみようと思う今日この頃…。
by masa6-COMPASS | 2010-02-07 23:29 | 雑記 | Comments(0)
と言うわけで本日、ガレージ松さん宅にお邪魔させて頂き、セローの各種整備を行った。
e0152357_141436.jpg


本日のメニューはこちら。
1、フロント・タイヤ交換(B社・TW301)
2、リヤ・タイヤ交換(I社・TR-011)
3、エンジンオイル交換
4、リヤ・ブレーキ・パッド交換
5、クラッチケーブル注油

まずはリヤのタイヤ交換から…。
e0152357_1441315.jpg


こちらが今回交換するI社製、TR-011。
禁断の寅タイヤだ。もう後戻りはできない…(??
e0152357_1453313.jpg


そしてこちらがリヤのブレーキパッド。
e0152357_1463989.jpg

分かりづらいけど、奥側が面取り後で、手前は施工前。
e0152357_1483998.jpg

そんなこんなで、ホイルにフロントタイヤを装着し…、
e0152357_1514243.jpg

セローへと取り付け…、
e0152357_1524941.jpg

オイル交換と…、
e0152357_158065.jpg

クラッチケーブル注油にて…、
e0152357_1535411.jpg

本日の整備作業は全て完了。整備詳細は別途HPにて公開予定…。
e0152357_1542025.jpg

松さん、お忙しい中ありがとうございました!
by masa6-COMPASS | 2010-02-06 23:31 | 雑記 | Comments(0)
ずいぶん長い間、放置プレイが続いてしまった…。

気付けば、1月は一回しか更新していない…(汗

ま~、休みの日はバイク乗って音楽やってプラプラしてるけど、平日は何気に忙しかったりして、なかなか更新出来なかったりするのが正直なところ…。
ま、これからもテキトーに、気が向いた時に更新していくような、そんな緩いブログにしたいと思う…。

と言うわけで、今日のお題は花屋さん。
なにがどう花屋さんなのか?と言うと、コレ↓である。




↓  ↓  ↓  ↓  ↓




↓  ↓  ↓  ↓  ↓




ど~ん!
e0152357_0443887.jpg


ロバの花屋さん。
このロバ、本物です。
気のせいか、ご主人はこっち見て睨んでるように見えますが…(汗

それにしても、世の中にはいろんな職業があるもんだ…。
コイツに影響されたのかな…?
e0152357_0494242.jpg

by masa6-COMPASS | 2010-02-04 23:31 | 雑記 | Comments(0)