<   2011年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

【擬態(ぎたい)】
生物やヒトが、その色彩や形・行動によって、周囲の環境(地面や植物、他者等)と容易に見分けがつかないような効果を出すこと。
またの名を「カモフラージュ」。(Wikiより…)

…と言うわけで、
海底にカモフラージュするヒラメとか…、
e0152357_22162432.jpg

葉っぱそっくりな魚とか(名前、分からん)…、
e0152357_22165594.jpg

海藻にそっくりなタツノオトシゴとか…、
e0152357_22172847.jpg

蘭にそっくりなハナカマキリとか…。
e0152357_2218956.jpg

「擬態」…。それは、激しい生き残り競争の中で、必要に迫られ「進化」していった、イキモノ達の知恵。
素晴らしい「進化」の過程なのである。


…と、そんな「擬態」を、…とあるお店の中で発見した。
別にイキモノでは無いその「擬態する物体」は、普段はこんな形をしている。
e0152357_22202362.jpg

コレ、どうみても「タコ焼き」にしか見えないのだが、実は…、
e0152357_2221898.jpg

シュークリーム…!

これもまた、競合ひしめく過当競争の中で「進化」しながら辿り着いた、生き残る為の手段なのかも知れない…。
e0152357_22311340.jpg

けっこう、ウマかったりする…。
(詳細はコチラ
by masa6-COMPASS | 2011-01-31 23:44 | 雑記 | Comments(0)
小雪のぱらつく中、一抹の不安を抱えながらセローのセルを回す…。
キュキュキュキュ…キュ…キュ……、シ~ン…。

やはり…!

最後に乗ったのが2週間前。
その時に、どうもバッテリーの調子が良くなかったような気はしていた。
予想通り、逝ってしまった…。
車に繋いで、とりあえずエンジンを掛けようと試みるが、ターミナル部分にはほとんど隙間的な余裕はなく、
e0152357_22553618.jpg

とりあえず、取り外して充電することに。
e0152357_22572263.jpg

調べてみると、セローの新品バッテリーの定価は税込23,520円。
ネットで調べた最安値が、送料・税込で9,314円。
e0152357_2341995.jpg

けっこうするもんだ。
コイツにはまだまだ頑張ってもらわないと…。
…そんなワケで、2時間ほどで充電完了。
こんなに早く充電って終わるもんなんですかね?

取り付け完了後、さて走り出すか!ってところで、今度は左ミラーが外れる…。
良く見ると、ネジ山がなんだかボロボロ…。
e0152357_23114025.jpg

「折りたためるミラー」ってコトで、今は無き幕張の2輪館で購入したのだが、これがなんだか超使いづらく、よく緩んだり外れたりしていた。
林道ライダー御用達の、あの折りたためるミラーかと思って買ったのが、実は全然違ってたというオチ。オートランド田中さんで手に入りますかね??(汗
e0152357_23181699.jpg

そんなワケで、左ミラーのみ純正品仕様で、近所を軽くプラプラ。
日陰に入ると、けっこう雪が積もっていた。
e0152357_2321093.jpg

家から10分、ここはほんとにいい遊び場&練習場になりそうだ。


そんなワケで。
本日の山本山成長記録を…。
e0152357_23245284.jpg

そろそろ散髪が必要…?
岡山県の中西部に位置する高梁市。
この街の、とある山の頂上付近に、「夫婦岩」なる、それはそれは壮大かつ勇壮かつ不思議な岩がある…と言う事で、さっそく出掛けてみた。

ちなみに、夫婦岩(めおといわ、ふうふいわ、みょうといわ)とか、夫婦石(めおといし、ふうふいし、みょうといし)といった類のものは、日本全国津々浦々に点在している。Wikipediaで調べてみたら、同じような名前の岩が全国で59か所、中国地方だけでも6か所もあり、「全国夫婦岩サミット連絡協議会」なんてものまで存在しているらしい。

そもそも「夫婦岩」とは、2つの岩が夫婦が寄り添うように見えることから名付けられた「奇岩」のコト。海面から飛び出した岩と、山中の岩に大別できるらしい。

そんなワケで前置きが長くなりましたが、こちらが本日訪問した、岡山県高梁市にある夫婦岩。
e0152357_073065.jpg

手前側が「男岩」、奥が「女岩」で、その間にある小さな岩はなんと「子供岩」だそうだ。
「子供」まで揃った夫婦岩っていうのもスゴイが、それよりもなによりも…。
岩の上に岩が立つという、絶妙なバランスが生み出した景観は圧巻!
これ、いったいどうなってんだ??
e0152357_0124650.jpg

ちなみに、正面から見るとこんな感じ。
e0152357_040789.jpg

左手側が女岩で、高さ16m。男岩の方が若干小さく、12mだそうだ。
そしてコチラが、近くで撮影した動画。

見れば見るほど、不思議な岩…。
これ、立ってるというより、元々全体で一つの大きな岩肌だった部分が、なんらかの理由で周りが崩れ、結果的に残った岩なんじゃないか??と思うが、それでもこのバランスで残ってるっていうのがスゴい…。

大きさを比較する為に、岩の前に立って撮影。
e0152357_0454820.jpg

実はココ、相当な断崖絶壁地帯の為、ビビって顔が引きつってるのだが、写真だといまいち分からない。

…と、そんな夫婦岩を見ている折、遥か彼方の方から物凄い突風と、それと同時に雪の大群が押し寄せて来た…!
e0152357_0203152.jpg

みるみるうちに辺り一面に雪が…!
e0152357_022642.jpg

一瞬にして吹雪状態…!
e0152357_0234014.jpg

これ、動画の方が分かりやすいかも知れん…。

ちなみにこの夫婦岩、下界から見るとこんな感じ。
e0152357_0333542.jpg

下からだと、なにがなんだか良く分からん…。

さて。
と言うわけで、本日の山本山成長日記を…。
こんな感じ。
e0152357_0345168.jpg

相変わらず、生き急いでいるような感じ。
もっとスローライフで行きましょう、お互い…。
by masa6-COMPASS | 2011-01-29 23:45 | 雑記 | Comments(0)
千葉の楽団仲間から一通のメール…。
「父上のオートバイが更に、パワーUPしてしまいました(^^;」
e0152357_23284119.jpg

「更にパワーアップ」と言う事で、
実は今のままでもそうとう、イジってあったりする。
アッパーカウルが変わってるので一瞬「Ninja900」と思ってしまうが、特徴的なアルクロスフレームを持つこの車体は、紛れもなくKawasakiの名車、GPZ400R。
手の入れ方がほんと、渋い…!

ちなみに、今回「パワーアップ」したのはマフラー。
今までモリワキが付いてたってのは知ってるんだけど、この新しいマフラーは一体、どこのやつだろか…??
それにしてもこの曲がり具合、ただゴトでは無い…。

「マフラーは、ヨシムラのレース用マフラーを、無理やり溶接して取り付けたみたいですよ~(^^)/」

…(-"-;)
ヨシムラ製なの?コレ…。
う~む、なんたる強硬突破。渋すぎる…!
やはりこのお父さん、ただモノじゃない・・・。
e0152357_2343039.jpg

GPZ400Rと言えば、以前乗っていたZZR400のご先祖様のようなバイク。
e0152357_516259.jpg

他のメーカーがレーサーレプリカ一辺倒な中、独自のコンセプトでヒットを飛ばした、Kawasakiらしい考え方と売り方のバイクだった。
写真のGPZは、フレームもブラック塗装と言う事で、おそらく「Ninja」のサブネームが付いた頃のヤツだと思う(違うかも知れんけど)ので、D4型、1989年頃の最終型かな~と思う。
いずれにしても、もう20年選手となるオートバイ。
今でも現役バリバリ、しかも日々進化し続ける姿は、ほんとにスゴイ。
父上の、このオートバイへの思い入れが伝わってきます。
これからもどうぞ、大事に乗り続けてください!
ところで…。
20年前…と言うと、のむさんが生まれる前からあるってコトですね…。
ある意味、兄貴じゃ~ないですか?このオートバイは…。

さて。
そんなワケで、本日の山本山成長記録を…。
e0152357_539221.jpg

これまた、一気に発育中…。
もう手が付けられん…(爆
「山本山に毛が生えた!」なんて喜んでたのも束の間。
その24時間後には…、
e0152357_23211130.jpg

既に昨日の4~5倍の長さに! 
なんちゅう生命力&繁殖力…(-"-;)
あまり生き急ぐと寿命も短くなるっていうことらしいので、これからは「蛍光灯の光」で、細々と育てようと思う…。

…そんなワケで、山本山成長日記だけでは寂しいので、今日は音楽ネタでも。
今回のネタは、masa6編曲「大きな古時計」金管五重奏Ver.
1996年頃にYAMAHA W7で作った懐かしいヤツ。
「シンセで作った」って言うと、ほとんどが「打ち込み」と思われるが、ワタシの場合はすべて「手弾き」。この前の「威風堂々」ももちろん、全て手弾き。
最新のデジタル楽器を用いつつ、物凄く「アナログ」な作り方をしている。
(って言うか、実は打ち込みのやり方が分からない…爆)

ちなみにこの曲、元々、中学生レベルの練習曲というコンセプトで作ったにも関わらず、出来たものは予想以上に難易度が高く、作った本人さえもまともに吹けないという生意気な曲になってしまい、気付けば闇に葬り去られていたという、よく分からん経緯を持つ。
1996年というと、もう15年も前になるのかぁ…。
月日の経つのは、ほんと早いもんだ。

是非、ヘッドフォンで…。
by masa6-COMPASS | 2011-01-27 23:52 | 雑記 | Comments(0)
そう言えば忘れてた、山本山。
種蒔きしてから早6日。
何気に放置プレーが続いていたが(すっかり忘れてた…)、今日になって見てみると…、
e0152357_224641.jpg

おおおっ、いつの間にか芽が…!
遂に、山本山に毛が生えた。
by masa6-COMPASS | 2011-01-26 23:52 | 雑記 | Comments(0)
二日続けて同じネタとは…。

一気にHP更新。
ボツネタも…、
e0152357_204572.jpg

多数…。
e0152357_21399.jpg

ま、何かの機会に…、
e0152357_214943.jpg

UP出来れば…。
e0152357_22773.jpg

おっ。
キリ番じゃないけど、なんとなくゾロ目…。
e0152357_262870.jpg

by masa6-COMPASS | 2011-01-24 23:53 | 雑記 | Comments(0)
…と言うわけで、年明けKSR初乗りツーに行って来た。
e0152357_2250562.jpg

いつもと同じ、行きあたりばったりツー…。
e0152357_2249794.jpg

なんだかんだといろんなネタと写真があって、それをまとめるだけで一苦労…。
e0152357_22515812.jpg

HPへのUPは…、
e0152357_22522141.jpg

まだまだ先になりそうだ。
e0152357_22534987.jpg

「土曜日が本番」という時点で、社会人にとってはいきなり参加者が限定されてしまう、そんな学生主体のコンサートが今日市内で行われた。
ワタシが岡山で所属している楽団も、今回初めてこのコンサートに出場(しかもゲスト出演扱い)する、ということになったのだが、なにぶん本番が土曜日ということで、参加出来る団員が少ない…。
その為、周辺の市民楽団2団体に声を掛け、合計3団体合同80名という大編成にてステージに臨んだ。

ステージ配置を見ながら、各パートの立ち位置を確認…。
e0152357_4195049.jpg

約20分間のリハーサルの中で、各団体との打ち合わせを行いながら立ち位置、各ポジションの確認を行う。
e0152357_4231371.jpg

ちなみに、Tpは今回なんと16名…!
大編成ならではの2列配置で、奏者は全員スタンディングで演奏する。
千葉での「ドリコン」と同じような趣旨の演奏会だが、3団体合同での曲が「オーメンズ~」と「ARSENAL」ということで、合同練習は一度も行われていない。
よって、本番直前のこのリハが、全員での初合奏となる。このやり方、大賛成。

基本的に学生主体のコンサート…というより、音楽会。
吹奏楽あり合唱ありで、参加校は総勢17校。
今回で54回目を迎える(え?そんなに?)、なかなか伝統ある演奏会のようだ。
e0152357_4333671.jpg


…と言うわけで本番。
e0152357_4343890.jpg

Tp16名での「オーメンズ~」はある意味、危険がいっぱい…。
ま、Tpやってる人…と言うか、金管吹きなら分かると思うけど…。
ちなみに、「ARSENAL」を吹くのは今回が初めて。
これ、良く見たら「カンタベリーコラール」のロースト作曲。
千葉の副団長にとったらこれ、「萌え燃え」間違いなし。
ハーモニーの流れと構成、音形、跳躍を伴った躍動感あるメロディ…。
随所にロースト節炸裂。いい曲です、ほんとに。
たしか、千葉にも楽譜あったような気が…。

そんなワケで、初の3団体合同ステージは無事終了。
演奏も去ることながら、いい形での交流が出来、いろんな意味で有意義な本番ステージだったように思う。
e0152357_4465316.jpg

by masa6-COMPASS | 2011-01-22 23:55 | 雑記 | Comments(0)
月と氷。

◆composition:masa6(1999)
◆main-guitar(gita-rere):masa6
◆classical guitar:takashi
◆piano:take-six
◆MIX-DOWN:masa6
I do beseech you, hear me through.
Listening with headphones.
by masa6-COMPASS | 2011-01-21 23:55 | 音楽 | Comments(0)