<   2011年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

最近、YouTubeが面白い。
ま、以前からたまに見てはいたんだけど、最近バイクの動画をUPするようになってから、頻繁に見るようになった。
そんなワケで、ここ最近見た中で、もっとも「すげ~~!」と思ったヤツをここで紹介してみる。
(ま、他に今日はネタがない…)

「スーパーマリオ」に本物のドラムをかぶせたら…。


「スーパーマリオ」という誰もが知っている楽曲を題材に、ここまでやってのける彼は一体、何もの…??
開いた口がふさがらない、スーパーテクニックです、これ…。
by masa6-compass | 2011-11-15 23:00 | 雑記 | Comments(0)
3日間の入院生活からKSR号が無事、請求書を引っ提げて戻って来た。
KSR-PJ当日は朝が早く、周囲のGSはまだやっていない時間帯に家を出る為、
今日のうちにガソリンを補給。
a0222229_3171048.jpg

その後、軽く夜の町を散歩。
a0222229_3203984.jpg

よく考えてみたら、11月ももう半ば。
街路樹もいい感じに色付き始め、先日まで暖かかったけど、確実に冬が近付いていることを実感。
a0222229_3245589.jpg

それにしてもタイヤ。
さすがによくグリップするし、コーナーでもクセがなく非常に走りやすい。
a0222229_3323535.jpg

平日の夜の、KSR散歩。
仕事でヒートアップした精神をいったんリセットさせる、とってもいいきっかけになった。
a0222229_336218.jpg

たまにやろっかなぁ…
来たるKSR-PJに向け、着々と準備中なKSR号。
ほとんど溝が無くなっていたリヤタイヤも…、
a0222229_2211566.jpg

無事、交換完了。
a0222229_22121715.jpg

それまで履いていた純正仕様のタイヤが、既に製造中止になっているとのことで手に入れることが出来ず、今回選んだのは広報係。さんオススメのPIRELLI SL60。
a0222229_2221185.jpg

純正サイズの100/90-12に比べ、今回チョイスしたタイヤは120/80-12。
つまり、何気にワンサイズ太くなっている。
…ということは、タイヤ外径で約12mm、外周で約0.04m(4cm)変わって来るワケで、当然スピードメーターにも誤差が出て来たりする…。
厳密に計算してみると、メーター値60km/hが実際には58.5km/h…らしいが、あまり気にしない。
それよりも、この小さな車体で2cmタイヤが太くなるということは、チェーンカバーなどに干渉する恐れが出てくるということの方が、現実問題として大きい。
案の定、ごくごく微妙ではあるが、チェーンカバーに干渉する。
…ってことで、干渉する部分をカッターでカット!
これで問題なし。
a0222229_22255472.jpg

準備万端…!と思いきや…、
a0222229_2227072.jpg

リヤブレーキパッドが悲惨な状態に…。(画像、なし)
要交換…!
…というわけで、もうしばらく入院生活が続くKSR号だった…。
年間降水量1mm未満の日数(平均値)が全国第一位(275.9日)であり、年間降水量が少ない県ランキングでも全国第三位(1216mm)である岡山県。
そんなトコロが「晴れの国」と呼ばれている所以なんだろうけど、ここ数週間は週末ごとに天気が悪い。今日も昨日に引き続き、朝から降ったり止んだりの中途半端な天気。

本日は、地元の「ふるさと祭り」で音楽の本番。
a0222229_2305112.jpg

雨の降りしきる中、屋外ステージで演奏。
a0222229_235064.jpg


本番終了後、来週に迫った「KSRプロジェクト」(略して「KSR-PJ」)に向けた準備のため、広報係。さんと落ち合う。
「KSR-PJ」の成功にはまず、トランポであるSUBARUサンバーにKSRが2台、無事に積み込めることが大前提となる。これがダメだったら、KSR-PJはいきなり大失敗となる。そんなワケなので、雨の中わざわざワタシの自宅まで来て頂いて、実験・検証を実施。
スペース的には十分。
果たして2台、無事に乗せることは出来るのか…。
a0222229_2315820.jpg

結果…、無事積載完了。
a0222229_23202997.jpg

SUBARUサンバー、侮れん…。
生産中止がほんとに悔やまれる…。
a0222229_23234448.jpg

KSR-PJの成功に向け購入した、新品タイヤとフューエルボトル。
気合い入りまくりである。
a0222229_23272461.jpg

来週末は是非、「晴れの国」の意地を見せて欲しいトコロだ。

そんなワケで、KSR-PJの成功を確信し一安心。
その後、ロードバイクが見たい…!というワタシのワガママに付き合って頂くべく、広報係。さんと某バイクショップに出掛けた。
a0222229_23301033.jpg

県内最大級と言われるだけあって、店内は広々。
大量のオートバイが所狭しと並んでいた。
a0222229_23313049.jpg

こんなドデカいバイクショップも、元々はこんな小さな町のバイク屋だったって言うんだから、ちょっと驚き…。
a0222229_23324832.jpg

ここは常に試乗車が準備されていて、好きな時に乗ることが出来るとのこと。
こりゃもう、試乗しない手はない。
a0222229_2336897.jpg

…そんなワケで、早速試乗開始。
まずは、最近話題なオートバイ、CBR250R!
a0222229_23372347.jpg

第一印象…、軽い!
エンジンも軽~く回る感じで、予想以上にグングン加速していく。
ま、決して「速い」エンジンではないんだけど、なんて言うか、大排気量車の有り余るパワーで「バイクに乗せられている」ような感覚とはまったく違う、自分で操ってる感がとても気持ちがいい。
さすが、日本の道を知り尽くしたHONDA。よく出来てる…。
値段もかなり良心的。新車で449,000円~って、下手な中古250よりも断然安い。
街乗りからツーリングまでソツなくこなす、ホンダらしい超優等生バイクだ。学級委員みたい。
a0222229_23532888.jpg

さて。
次に試乗したのがコチラ、Kawasaki W800
a0222229_0234791.jpg

「ヴィンテージバイクの持つ美しさとライディングフィールを徹底的に追求した」と、
Kawasakiが自信を持って世に送り出してきたW800。
特徴的なバーチカルツインエンジンのサウンドと鼓動感が、否が応にも期待感を高めてくれる。
a0222229_002894.jpg

早速、試乗開始。
a0222229_082422.jpg

乗り出してすぐ、その強大な低中速トルクにびっくり。ちょっとアクセルをあおるだけで、ドコドコドコドコと強力に加速していく。
トップ5速で40km/h、回転数は1500のちょっと下くらい。
こんな状況でも普通にドコドコ・スルスルっと走ってしまうところが、このバイクの性格…というか味付けというか、特徴的な部分の表れなのかも知れない。なんて言うか、妙に速い戦車に乗ってる感じ。
そして、ベベルギヤのカシャカシャとした特徴的な音感。
これがまたなんだか妙に心地いい。
W800、これが大人の乗り味ってヤツなんだろか…。
これはこれで魅力的な走りをするバイクなんだけど、まだちょっとワタシには早い気がする。
そうだなぁ…、10年は早いかなぁ…。
a0222229_2358725.jpg

そんなワケで、ひとしきり試乗を楽しんだ後、店内をブラブラ…。
ロードバイクもええなぁ…。
by masa6-COMPASS | 2011-11-06 23:59 | 雑記 | Comments(4)
ここ数週間、週末になると決まって天気が悪い中国地方。
昨日までの晴れ模様はどこへ行ったのか、今日も朝から雨が降りしきる1日だった、結局…。

そんなワケで、所用もあって福山市へ。
久々にCoCo壱のカレーでお腹を満たしつつ…。
キレンジャーになったつもりで食べると、いつものカレーが5倍は美味くなる…ような気がする。
a0222229_0331737.jpg

…と言っても、今の若い人には分からないだろうけど…。
a0222229_0362111.jpg


買えないくせに、近くまで来るとなんとなく立ち寄ってしまうお店。
a0222229_0392267.jpg

人形が「は~い」と言って出迎えてくれるのは、全国共通らしい。

…とここで、駅前にある某デパートで北海道物産展をやってる…という情報を入手。
早速向かってみると、デパート入口付近でジャグ・バンドフェスティバルという大イベント(?)が開催されていた。
a0222229_0464126.jpg

ジャグ・バンドとは、1900年頃の黒人音楽がルーツとなる、昔なつかしいカントリー風の音楽…というかジャズ…というかブルース…というか…。
ま、なんでもあり!…というと語弊があるが、底抜けに明るく楽しい音楽である…という認識でまず間違いない…と思う。
特徴的なのはその楽器。
当時、貧しかった黒人達が、身の回りにあったモノを楽器に作り替えたのが始まり…ていうだけあって、見てるだけでも楽しい楽器が盛りだくさん。
例えばコレ。
コイツの正式名称は「ウォッシュボード」。
a0222229_115596.jpg

つまり、「洗濯板」にいろいろと鳴り物を付けて楽器にしてしまったという、そんなノリ。
次にコレ。
a0222229_134042.jpg

奇妙な形をしたこの楽器の名前は「ウォッシュタブベース」。
洗濯用の桶にモップの柄を付け、弦を張ってベースにしたという、恐ろしい楽器。
よくこんなので音階が作り出せるもんだ。

そんなワケで、聴きなれない見慣れないジャグ・バンドに、福山市民は大喜び。
a0222229_1113065.jpg

どんな音楽かと言うと…。
a0222229_1122849.jpg

こんな音楽。


やってる人達が心底楽しんでるのが分かるから、見ていてもそれが伝わって来る。
なんだかいつの間にかみな笑顔になれる…そんな感覚の音楽だ。

午前11時頃より開催されていたこのジャグ・バンドフェスティバル。
関西地方を中心に11ほどのBandが参加されているらしいが、その中に唯一、関東…しかも茨城県から来たというバンドがあった。それがコレ、「赤毛のマディーズ」
a0222229_1262690.jpg

なんと、仕事を終えた金曜日の夜に茨城を出発し、13時間かけて福山入り。
明日は午前10時に福山を出発して、深夜には茨城に帰るという超強硬なスケジューリングで来たという。30分間の本番ステージのためにここまでするこの人達の、ジャグ・バンドを愛する気持ちとむちゃくちゃ振りが、ホントに素晴らしい。


バンジョーを奏でるリーダーのシャベリが秀逸。
赤毛のマディーズ、タダモノではない…。


聞けばこのリーダー、ワタシの実家の隣町に住んでるとのコト!
まさかこんなトコロで同郷の人に出会うとは…。思わず記念撮影。
a0222229_133384.jpg

次はつくばで会いましょう。

そんなワケで、北海道物産展。
こんな感じで、
a0222229_136444.jpg

こんな感じで、
a0222229_137196.jpg

こんな感じの、
a0222229_1371865.jpg

こんな感じ。
a0222229_1374329.jpg

雨降りな週末の、雨降りに負けない過ごし方が出来た。
a0222229_1394611.jpg

満足、満足。
by masa6-COMPASS | 2011-11-05 23:59 | 雑記 | Comments(0)