<   2012年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

普段、家の中で食べるラーメンの美味しさを「100」ポイントとした場合、おおよそバイク乗るような陽気じゃね~じゃん的な寒空の下、無謀にも林道ツーに出掛け、その行った先の林道で自ら作ったラーメンを食べると、それは一体何ポイントぐらいなのか。

それを知ったところでなんの役にも立たないが、そんな意味不明な自分の中だけの疑問を解決すべく、曇天模様な寒空の下、KSRでの林道プチツーに出掛けてみた。
a0222229_23593295.jpg

そんなワケで、着いた先がこちらの林道。
a0222229_073365.jpg

ここに来るのも、実は超久し振り。
以前来た時は草ボウボウでイマイチ分からんかったけど…、
a0222229_010726.jpg

冬枯れのこの時期に来ると、その体型がよ~く分かるわけで。
妙に親近感を覚える体型であることに、改めて気付かされた…。
a0222229_0115137.jpg

せっかくなので、軽く走ってみる。
一部、予想以上に角度があって難儀したりもしたが…、
a0222229_0162174.jpg

相変わらず、全般的には非常に走りやすい。

1年半前と同様、途中から治山工事地帯になって…、
a0222229_018522.jpg

ほどなくして、あっけなく道が終わる。
a0222229_0182522.jpg

この場所は意外と標高も高く、更に風の通り道となっているため(吹きっさらし)、
むやみやたらと寒い…!
a0222229_0422892.jpg

ここでラーメン食ったらうめ~だろうなぁ…と思いつつ、作ってる間に凍死しそうなので、とりあえず下山。

林道入口にほど近い場所に、屋根付きテーブル付きの素晴らしい場所を発見。
ここでラーメンを作ることにする。
a0222229_0453526.jpg

本日のMENUは、サッポロ一番ピリ辛みそラーメン チゲ風。
これがなかなか美味い。
a0222229_0473421.jpg

自宅からは、カットした野菜とゆで卵を持参。
a0222229_050854.jpg

吹きつける寒風と戦いながら調理すること、約5分。
特製林道らーめんチゲ風が完成した。
a0222229_051386.jpg

鬼が見守る林道の入口でラーメンを食べてみた。
さて、そのお味はと言うと…、
a0222229_053377.jpg

う~む…。





priceless!

点数つけられない美味さ。
某デパートで開催されていた北海道物産展で…、
a0222229_1151166.jpg

余計なモノを大量に衝動買い。
a0222229_116343.jpg

その帰り道、足が勝手にここに向かってしまう不思議さ。
a0222229_1172019.jpg

先週、千葉のホンダドリームで見たNC700X。
ここには、なんとその試乗車が準備されていた。
a0222229_118453.jpg

微妙に顔なじみ的な店員から、是非試乗をどうぞ!的なお誘いを受けたのだが、
830mmのシート高の前に撃沈…。
やっぱりちょっとこの高さは、ワタシには無理っぽい…(泣
聞くところによるとこのバイク、フィット用の4気筒エンジンを半分に切って、常識では考えられないようなコトをいろいろ細工してバイク用に改造(?)したらしい。
知れば知るほど、なんだか凄いオートバイに見えてくる…。
2気筒らしいドコドコっとしたエンジンフィーリング。
アクセルを煽るだけで、低速がけっこうしっかりしてる感じが伝わって来る。

そんなワケで、結局NC700Xは試乗せずに退散。
このまま帰るのももったいないので、隣にあったCB400SFをなんとなく試乗。
a0222229_1232416.jpg

あんまり興味なかったけど、このバイク、初期型が出てからもう20年も経っているらしい。
ちなみに、新車価格が75万円、ABSが付いたら82万円、カウル付きのABS付きはなんと89万円…!という、400ccとしては非常に高額なオートバイだったりする。
Ninja400Rが新車で64万円って言うのが、いかに良心的か…。
a0222229_1393795.jpg

乗ってみての感想。
a0222229_1403188.jpg

う~ん、やっぱり…って言うかさすがって言うか、この完成度の高さはさすがHONDAだ。
速いし乗りやすいし素直だし、ほんとによく出来たオートバイだ。
a0222229_1454050.jpg

6750rpmでVTECが作動し、4バルブになった瞬間のあの音と加速…。
まさに「全域高性能」。コイツに乗ったら、ほんと400ccもあれば十分じゃん?って
思えてくる。
a0222229_1455210.jpg

やっぱり、ONもええなぁ…。
情けないことに、1年半も千葉を離れていたら、近所の道ですら迷子になる始末…。
目的地までの道順がパっと浮かばない…。こりゃヤバい。
a0222229_7573213.jpg

そんなワケで、前回の千葉遠征時から、なにかとすれ違いな@ootaki親分のお宅へ遊びに行ってきた。
時間も限られているので、高速道路を使って一気に…!と思ったのだが、
a0222229_7583755.jpg

穴川ICで、誤って上り方面に…!
a0222229_80461.jpg

しまった!モノレール側からの入口は上り専用だった…!
焦る気持ちを抑えつつ、千葉北ICでいったん高速を降り、再び来た道を戻る。
京葉道路との分岐を左へ…、
a0222229_815577.jpg

…っと!
あぶね~あぶね~、また東京方面に行くとこだった!
こんな庭みたいなトコで、なにをやってんだ、オレは…(- -;
a0222229_83376.jpg

そんなワケで、なんとか無事に親分宅に到着。
元気なJrのお顔も無事拝見。
最近購入したというSRV。
a0222229_865235.jpg

こういう選択も、ありかも知れん…。

その後、楽団の昼練習へ。
日曜日の中途半端な時間帯での練習、ほんとに申し訳ないです…(汗

その後、いつものようにダッシュで駅へ。
ゆっくりする時間もなく、電車に飛び乗り、
a0222229_893677.jpg

新幹線ホームへ。
a0222229_8101160.jpg

いつもの腹ごしらえ。
a0222229_8103034.jpg


今回は大きな宿題が一つ。
某団体(けっこう大きな組織)から、久々の編曲依頼があった。
a0222229_8111573.jpg

そんなの、やってる時間あるんだろか…(- -;
by masa6-COMPASS | 2012-02-19 23:52 | 雑記 | Comments(2)
毎月恒例となった千葉遠征。
出発前にたらふく食べるのも、なんだかいつの間にか恒例となってしまった。
いいんだか、悪いんだか…。
a0222229_721531.jpg

こちらにいるウチに、一度は乗っておきたい九州新幹線。
噂だと、かなりイケてるらしい。
a0222229_7214326.jpg

そんなワケで3時間30分後。
a0222229_7232515.jpg

いつものように?、山○うどんでジャンクなうどんを…。
a0222229_724178.jpg

そして、これまたいつものように、なんとなくホンダドリームへ。
a0222229_7334871.jpg

…と、ここで見慣れないバイクを発見。
NC700X
a0222229_7253657.jpg

バイク雑誌で見て、その存在は知っていたが、もう発売になったのか…。
フレーム・エンジン等を共用して3つの車種に展開したというこのバイク、開発費も1/3なのか、ビックリするほどの安価。
700ccのオートバイ新車価格が64万円からとは…!
Gooバイクで見ると、新車での最低価格が53万円を切ってるし…。
250ccクラスの新車とほとんど変わらない価格。これにはビックリだ。
跨ってみて更にビックリ。足が届かん…(泣
メットインにしたためタンクがシート下にあり、その関係だかどうだか知らんが、シート高が830mmもある。
隣にあったVFRクロスランナーよりも高いって、どういうこと??
a0222229_7315281.jpg

このシートの高さが意外とネックとなりそうな予感…。

そんなワケで、夜は久々の楽団練習に参加。
いつの間にか団員が増えていてビックリ…。
来月からまた本番が目白押し。
自分達の、自分達にしかできない音楽を、届けていきましょう。
by masa6-COMPASS | 2012-02-18 23:59 | 雑記 | Comments(0)
力合わせて 勤労の
a0222229_034574.jpg

歌も明るく こだまして
a0222229_04424.jpg

ここに結ぼう
a0222229_052913.jpg

人の輪を
a0222229_0636.jpg

ともに結ぼう
a0222229_07047.jpg

あたたかく
a0222229_071983.jpg

なんでやねん!
a0222229_075563.jpg

なんでやねん!
a0222229_083078.jpg

力こぶ
a0222229_091247.jpg

力こぶ
a0222229_093694.jpg

にょいにょい…
a0222229_0473276.jpg

にょいにょい…
a0222229_0112088.jpg


はるかな夢よ あこがれよ
a0222229_095512.jpg

歴史は香る
a0222229_0103956.jpg

祖父の地に
a0222229_0115445.jpg

新たな文化 織りなして
a0222229_0122452.jpg

共に築こう
a0222229_0145017.jpg

古里を
a0222229_015965.jpg

共に築こう
a0222229_0154261.jpg

たゆみなく
a0222229_016454.jpg


すーーーーー。
a0222229_0163347.jpg

は~~~~~~
a0222229_0172349.jpg

ほへ~~~~~
a0222229_0175576.jpg

ひょい…
a0222229_0192970.jpg

ひょひょい
a0222229_02020100.jpg

LOVE & PEACE
a0222229_0204567.jpg


人生に疲れたら是非、元気アップ体操を…
by masa6-COMPASS | 2012-02-15 23:59 | 雑記 | Comments(2)
「天空の白鷺」を後にし、姫路市内をプラプラ。
所々にけっこう大掛かりな一方通行があったりして、それはそれでなかなか新鮮。
a0222229_2339762.jpg

あるとは思ってなかったけど、探すとやっぱり出て来たご当地らーめん。
その名も、姫路らーめん。(そのままやん)
姫路城を型取った海苔が、なんだか妙に泣かせる…。
a0222229_23402386.jpg

播州の醤油の香りと生姜の刺激。
a0222229_23411934.jpg

いまいち自分の中で盛り上がらなかったけど、食べてみるとけっこう美味かったりするから不思議。
辛過ぎない、むしろ甘みのある醤油が、意外とクセになるのかも知れん。
a0222229_23425792.jpg


その後、赤穂四十七義士などを祀る神社、大石神社に立ち寄ってみる。
a0222229_23463133.jpg

元禄15年12月14日(1703年1月30日)深夜に、旧主浅野長矩の仇である高家吉良義央の屋敷に討ち入り、吉良義央および家人を殺害した(元禄赤穂事件)元赤穂藩士大石良雄以下47人の武士がズラリと並ぶ荘厳な風景に、思わず感動。
a0222229_23492144.jpg


更にその後、岡山県和気町へ。
山の中で怪しい温泉を発見。
せっかくなので、立ち寄ってみるコトにする。
a0222229_23524263.jpg

建物内部もまた、外観に負けず劣らず怪しい雰囲気がぷんぷん。
大丈夫か?ここ…。
a0222229_23531758.jpg

入ってみると、意外と家族連れが多いことで一安心。
なかなかどうして。
体の芯から温まる、けっこういい温泉だった。
a0222229_23555436.jpg


さて。
わざわざ和気町に来たのには、実は大きな理由があったりする。
3日前、あるJR関係者の情報筋より、超極秘情報がもたらされたのだ。
その情報とは、豪華寝台特急として有名なトワイライトエクスプレスの超臨時列車が、2月12日の18時45分に、田舎の小さな小さな駅である「和気駅」に一時停車する…というものだった。

トワイライトエクスプレスと言えば、大阪から札幌までをつなぐ豪華寝台特急列車。
その列車を使って、JTB西日本が今回、「宮崎ツアー」を企画したという。
1人約10~20万円もする高額ツアーであるにも関わらず、昨年12月19日の発売初日から申し込みが殺到。発売わずか10日間で完売したという、恐ろしい臨時列車なのだ。
業務の関係上、和気駅に一時停車はするが、乗客の乗降はないので時刻表にも載っていない。

そんな超レアな寝台特急が岡山に来る…となると、黙ってはいられない。
温泉でまったりした後に、さっそく和気駅へ。
a0222229_0114368.jpg

どこで情報を嗅ぎつけたのか、駅には十数名の撮り鉄の方々が既に待機。
JR職員の粋な計らいにより、普段は立ち入り禁止の箇所を解放してくれた。
a0222229_01350100.jpg


18時43分。
駅構内に、臨時列車が入線することを告げるアナウンスが流れる。
いよいよだ…。

18時45分。
定刻通りに、超臨時な超豪華寝台特急、トワイライトエクスプレスが入線。
あちらこちらでシャッター音が鳴り響く。
a0222229_0162594.jpg

和気駅ではなぜか20分も停車する。
撮り鉄の方々にとっては千載一遇の大チャンス。
皆、凄い勢いでシャッターを切る。
a0222229_018856.jpg

外から見ても、その豪華さと贅沢さがヒシヒシと伝わって来る。
こちらがB寝台。旅情感伝わる風景だ。
a0222229_02609.jpg

こちらはサロンカー「サロン・デュ・ノール」
実にまぁ豪華。おおよそ日本の寝台列車とは思えない造り。
a0222229_027339.jpg

こちらがレストランカー「ダイナープレヤデス」
豪華なフランス料理を食べさせてくれるという。
a0222229_0293851.jpg

こちらが厨房。数人の料理人らしき人達が、きびきびと仕事しているのが分かる。
a0222229_0303910.jpg

そして、写真はないが、他に個室とスイートまである。
まさに走る高級ホテル。
それにしても、EF65にはやっぱり、客車とヘッドマークがよく似合う。
a0222229_0342654.jpg

一度はこんなヤツに乗ってみたいもんだ。
a0222229_0411252.jpg

流れゆく日本の原風景を見ながら過ごす、贅沢な時間。
速さと引き換えに置いて来てしまった、旅本来の姿が、ここにはあるのかも知れん。

by masa6-COMPASS | 2012-02-13 00:01 | 雑記 | Comments(2)
日本一美しいお城…として名高い姫路城。
現在、「平成の大修理」として、白漆喰の塗替、瓦の葺き替え、耐震補強を重点とした補修工事が進められている。
工事の正式名称、「国宝姫路城大天守保存修理工事」。
2009年6月27日着工 - 2015年3月18日竣工予定で、事業費は28億円。
「昭和の大修理」により「50年は保つ」といわれていたが、大修理から45年が経過し漆喰や木材の劣化が進んだための大修理となったようだ。

約5年もの間、その美しい姿を拝むことは出来ないが、逆に言えば、今しか見れない「姫路城」がある…、というワケで、早速出掛けてみた。

駅から北に一直線上に位置する姫路城。
a0222229_23254564.jpg

素屋根で覆われた大天守。あと3年はこのままの姿らしい。
a0222229_23262370.jpg

そんなワケで、さっそく中へ。
a0222229_23275580.jpg

素屋根に覆われている為、その美しい姿を望むことは出来ないが、今回の修理の凄いトコロは、この素屋根の中に入り天守閣の修理状況をまじかで見ることが出来る、という点。
大掛かりな素屋根の中は、実はこんな状態。
a0222229_030470.jpg

7,8F部分で、修理の状況を見学することが可能なのだ。
通常だったらあり得ない視点と目線。
50年に一度、こうした修理が行われるとすれば、まさに今は、その50年に一度のチャンス。
これを見ない手はない。
a0222229_2333766.jpg

そんなワケで、エレベーターで素屋根の8Fへ。
微妙に興奮しながらエレベーターを降りると、目の前には、平成の大修理を受ける姫路城天守閣が…!
a0222229_23345866.jpg

まさに今、瓦の葺き替え作業の真っただ中。
こらすごい…。
模型で説明すると、こんな感じ。
a0222229_23361394.jpg

ちなみに、見学ルームはこのような作りになっており、目の前で行われている匠達による工事作業風景と、その詳細な内容を編集したビデオを見ることが出来るようになっている。
a0222229_2338858.jpg

目の前に見える天守閣に、思わず大興奮。
姫路城の天守閣を外側から見ているという事実を、にわかに受け入れることが出来ず、なんだか妙に現実味がない。不思議な感覚に包まれている。

大興奮の8Fから更に7Fに降りると、そこでは壁の漆喰補修作業の状況が見れる。
こうして見ると、かなり大掛かりな修理であることが分かる。
こちらは瓦が全て外されたままの状態。
a0222229_23385426.jpg

模型で説明すると、こんな感じ。
a0222229_23391371.jpg

元々は1346年に造られたという姫路城。
その後、1580年に当時の羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)が改築、更に江戸時代に入ってから、池田輝正が大掛かりな改修を行い、現在の姿になったという。
その間、666年。
太平洋戦争時の大空襲でも奇跡的に消失を免れ、
a0222229_0443819.jpg

長い間、人々に愛され続けて来た姫路城。
a0222229_0451489.jpg

この平成の大修理が無事完了し、再びあの美しい姿が見れる日が来ることを、心の底からお祈り致します。
a0222229_051099.jpg


エレベーターから下る際の動画。


運が良ければNinjaにも遭遇可能…。
a0222229_0554062.jpg

レンタルCDショップ最大手のTSUTAYAにて、ブルーレイプレーヤーのレンタルを行っているという情報をキャッチ。
…と言うわけで、さっそくレンタル機をゲット。
a0222229_725986.jpg

店内で9,980円という価格で販売している機種と同型で、2泊3日のレンタルで350円。商魂たくましいと言うか行き届いたサービスと言うか、とにかくこれで、やっとあのビデオが見れる…!
a0222229_75785.jpg

接続も超簡単。ずいぶん単純化されたもんだ。
そんなワケで…。
a0222229_781098.jpg

おおおっ!
こりゃすごい。
確かに、某ケーブルTVの映像よりも数段、綺麗だ…!
一人一人の顔の表情までよ~~く分かる。
ハイビジョン撮影って言っていたが、家庭用でもここまで綺麗に写るもんだとは驚きだ。
a0222229_7102240.jpg

ステレオマイクで録音したというだけあって、音質も素晴らしい…。
これ、そのまま音源として取り出しても、まったく遜色なく聴けるレベルだ。
a0222229_7113991.jpg

…?
a0222229_7133610.jpg

…??
a0222229_71415.jpg

時々、妙なアングルの映像が…(- -;

いよいよラストの曲。
ハイトーンの嵐で苦労したなぁ…。

あれ・・・?終わり…??
撮ってないの??

あ、そう言えば、「踊りまでしか撮ってないで~」とか、そんなコトおっちゃん言ってたなぁ…(- -;
残念…。

でもまぁ、このビデオは一見の価値ありだ。
自分だけが見てるのはもったいない。
どうやったらダビングできるんだろか…。
by masa6-COMPASS | 2012-02-10 23:59 | 音楽 | Comments(0)
戦時中、超国家的機密事項のために、地図から消された島があった。
a0222229_23373421.jpg

昭和初頭、大日本帝国陸軍はジュネーブ議定書で禁止されていた化学兵器の研究に着手。
a0222229_23414042.jpg

瀬戸内海に浮かぶ小さなこの島で、猛毒のイペリットガスなど、数種類の毒ガス製造を始める。
a0222229_23402436.jpg

ここは、各毒ガス製造施設なとに電力を供給していた発電所跡。
a0222229_23461691.jpg

毒ガス製造施設は、証拠隠滅の為すべて解体された。
a0222229_23481074.jpg

現存するこの発電所跡は、数少ない歴史の証言者でもある。
a0222229_2347790.jpg

アジア太平洋戦争で、日本が受けた最大の被害事実を証し立てるこの建物に対し、
a0222229_0161220.jpg

この島に残る毒ガス工場遺跡や砲台跡、弾薬庫などは、
a0222229_23383975.jpg

日本の、中国に対する加害面を如実に表しているとも言える。
a0222229_0191465.jpg

かの戦争の実体は、その加害と被害の両面をしかと見ることによって、初めて明らかとなってくる。
a0222229_024197.jpg


そう言えば、下の写真を撮った際、誰もいないはずの画面左隅にカメラが勝手に「顔認識」をした。
普段、そんな顔認識エラーなんかしないはずなのに、おかしい…。
a0222229_0272957.jpg