<   2012年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

なんだかんだで7月はかなり忙しく、結局まともなツーリングには1度も行けずじまいだった…。
よって、今月は久々に旅日記の更新がない月になりそうだ。

そんなワケで、今週末もなにかとバタバタで、まともに自分の時間すら取れそうにないので、ならば!ということで金曜日の夜、久々に夜走りに出掛けてみたりした。
a0222229_0253543.jpg

着いた先は尾道市。
a0222229_01447100.jpg

こんな風に尾道市に夜来るのも、実はもう3回目。
向島を正面に見ながら、海沿いのベンチで横になったりする。
広く美しい星空、遠くに聞こえる渡し舟の汽笛、鼻に届く潮の香り…。
a0222229_0204045.jpg

疲れがいっぺんに吹き飛ぶ…ってコトはないけど、
a0222229_0312725.jpg

この瞬間の「開放感」と「生きてる感」によって、
a0222229_1541768.jpg

心にたまった疲れが少しずつ溶けていくのが、
a0222229_155714.jpg

はっきりと分かったりする。
a0222229_1555297.jpg

…っていうか、さっきからこの巨大なアヒルはいったい、なんなんだ??
a0222229_1573927.jpg

ただ浮いてるだけにも関わらず、すげ~存在感。
a0222229_1585018.jpg

なんだか、今夜はコイツに会えただけでも、ここまで走って来た甲斐があったように思えてきた。
見てるだけで妙に心が癒されるのは、なぜなんだろか…(汗

さて、そんなワケであっという間の週末。
2日間に渡って、微妙に「業務的」な行事があって、結局は気が休まる瞬間がない。
a0222229_203487.jpg

気合いで、乗り切ろう…。
そんなワケで、本番当日。
a0222229_22293415.jpg

7回目ともなるとさすが手馴れたもんで、
a0222229_2225305.jpg

ユアエルム側の担当者も来ないうちに、
a0222229_2238719.jpg

あっという間にセッティングは完了。あとは本番を待つだけ。
素晴らしい手際の良さ!
a0222229_2231252.jpg

待ち時間を利用して、定演の打ち合わせを…。
今回も盛りだくさんな企画が目白押し。こりゃあ、見なきゃ損だ。
a0222229_22453472.jpg

軽い音出しを経て、いよいよ本番。
a0222229_22351257.jpg

前日に突然やる!と決めたIVANHOEもカッコよく決まり、思わず一安心…。
a0222229_22404748.jpg

そんなファンファーレで勢いに乗り、
a0222229_22522877.jpg

2ステージの本番は…、
a0222229_2354915.jpg

あっという間に、
a0222229_239208.jpg

無事終了。
やっぱり、ここでの演奏は心底、楽しい。
a0222229_232017100.jpg

終了後、いつもだったらそそくさと駅に向かうところだが、今回はこの後に開かれる「大打ち上げ大会」に参加するため、わざわざ寝台特急にしたワケで、なんやかんやで19時30分頃までは飲んで遊んでられる状態だったりする。
a0222229_23115730.jpg

なんだか妙に豪勢な料理が並んでる…。
こんな豪華な打ち上げは多分、初めてだ。
a0222229_23122881.jpg

そんなこんなで、久々にみんなとゆっくり、
a0222229_2324326.jpg

いろんな話ができて、
a0222229_23251992.jpg

とても楽しい時間を過ごすことができた。
a0222229_23253399.jpg

皆様、お疲れ様でした。
次の練習日にまた、会いましょう。

その後、Oさんと共に電車に乗り込み東京駅へ。
a0222229_23271315.jpg

東京駅で、横浜まで帰るOさんと別れ、いざサンライズ号乗り場へと向かう。
夜通し走る寝台特急の発着ホームらしく、なんだかどこか寂しげ。
a0222229_23293852.jpg

そんなワケでサンライズ号。
a0222229_23301456.jpg

前回は初めての寝台特急に大興奮で、ほとんど寝れなかったが、
a0222229_2331142.jpg

心地よい疲れの中、今回はあっという間に爆睡…と思いきや、
a0222229_23331276.jpg

やはり、音と振動によりなかなか寝付けず…。
a0222229_23351130.jpg

微妙に寝不足のまま、岡山に到着。
a0222229_23355038.jpg

月曜日の朝一発目としては、かなりハードなスタートを切ってしまった。反省。
a0222229_2337924.jpg


さて。
来年はどんな企画のステージにしましょうか。
by masa6-COMPASS | 2012-07-22 23:59 | 音楽 | Comments(0)
あの700系がついに、こだま運用。
しかも16両編成のままっていうのが、なんだかものすごい違和感。
当然、ガラっガラ。
a0222229_2384357.jpg

もうすぐN700系の改良型も出てくるし、700系のこだま運用はこれからも確実に増えていく…と思う。
やっぱりそのうち、8両編成になってしまうんだろか…。
700系については、その栄枯盛衰を見たような気がして、なんだかとても感慨深い…。

そんなワケで品川駅。
広島は晴れてたけど、関東はかなり天気が悪くてちょっとがっかり…。
遠くにサンライズ号が見える。
a0222229_23115144.jpg

昼間は大体、品川駅に停車しているサンライズ号。
今回の帰りの足は、必要に迫られて何気にサンライズ号。

そんなワケで、本番を翌日に控えた楽団の練習へ。
a0222229_23144354.jpg

今回の演奏会にあたり、いったいどれくらい曲を見れたんだろか…。
おそらく、ワタシの合奏は3~4回位なはず。
そんな数少ない合奏の中で、今回もなんとか曲が仕上がったってことは、やっぱり団員一人一人の練習の成果であり、努力の賜物。
一部のパートでは、場所を借りて自主的なパート練習までしてたらしい…。
ほんと、頭が下がる思いでいっぱいだ。

・・・とか言いつつ、ここに来て突然曲を増やしてしまった…(爆
オープニングとして一発、ファンファーレでもぶちかまそう!というワケで、IVANHOEの冒頭部を金管パートで演奏。こんな無茶振りに対して、誰一人として反対する人がいないってのもすごい。
むしろ「よし、やろうぜ~!」的、超ポジティブなノリで受け入れてくれるのが、ある意味このバンドの強みかも知れん。
そう言えば昔、本番前日に曲の半分を全てアレンジして、まったく違う曲風に変えたこともあった…。

ところで、なぜIVANHOEなの?と聞かれても、特に理由はないので説明できない。
風呂入ってたら、突然思い付いてしまった。ただそれだけ。(これ知ったら怒られそうだ)

そんなワケで、「明日は楽しくいきましょう~~」的に、恒例の横浜ドライブ。
ほんと、Oさんとは不思議な縁。
a0222229_2324158.jpg


IVANHOE、そう言えばもう3年も経つのか。
月日が経つのはほんと、早いもんだ。

by masa6-COMPASS | 2012-07-21 23:59 | 音楽 | Comments(0)
某駅で見掛けたポスター。
a0222229_23144326.jpg

ポスターに書かれている「神辺」は、県重要文化財や国特別史跡など、数多くの史跡があることで有名な地である。
a0222229_23164264.jpg

その中でも、「神辺本陣」と呼ばれる史跡は、江戸時代に参勤交代の大名が休泊した施設として、特に有名。
a0222229_23183523.jpg

黒塗りの土壁に囲まれた「神辺本陣」は、約250年前の姿のまま、現在に至っているという貴重な建造物。
近くに住んでいながら、実はまだ一度も行ったことはない…。
a0222229_23231422.jpg

って言うかこのポスター、見れば見るほど不気味に見えてくるのはワタシだけだろか…。
a0222229_23255246.jpg

差し出された左手が妙にリアル。
人形に「連れてってくれよ~」なんて、あんまし言われたくない今日この頃…。
「uno」かと思ったら「one」だった話。
a0222229_23533088.jpg


「one」かと思ったら「uno」だった…っていう話は、あんまし聞かない。
a0222229_23543920.jpg


さすが100円ショップ。

(でも「one」は315円)
by masa6-COMPASS | 2012-07-19 23:51 | 雑記 | Comments(2)
大三島。
a0222229_0514411.jpg

大山祇神社がある「神の島」としても知られ、愛媛県今治市にある芸予諸島の中でも最大の島である。
この島に、豊富な海の幸を超低価格で提供するお店がある…ということで、さっそく行ってみた。
a0222229_0545395.jpg

そのお店の名は「大漁」。
開店前にも関わらず、既に数名のお客さんの姿が…。
a0222229_191040.jpg

とりあえず、玄関に置いてあるウェイティング帳に記載。
開店45分前にも関わらず、この時点ですでに4番目。
早い人はいったい、何時に来てたんだろか…。
a0222229_101372.jpg

開店までの間、目の前にある大山祇神社を散策。
a0222229_112822.jpg

天然記念物でもある、樹齢2,600年…と伝えられる御神木。
2,600年と一口に行っても、その月日の長さって言ったら途方もない数字。
a0222229_122367.jpg

雨上がりな感じと相まって、厳かな雰囲気漂う境内。
a0222229_15329.jpg

神と対峙する時は人間、なんだか妙に素直になれるもんだ…なんてふと、思ってみたり。
a0222229_161520.jpg

そんなワケで、いよいよ開店。
いつの間にやら、凄い人の数…。
a0222229_1131668.jpg

事前準備の甲斐あって、開店と同時に入店。
ここの看板メニューは、380円の海鮮丼。
新鮮な瀬戸内の海の幸をふんだんに使った海鮮丼が、なんと380円という超低価格で食べれるという。
そんなワケで、さっそく注文。
握りも同じ380円ということで、安さにつられ、ついついこちらも注文。
待つこと5分。

遂に、380円海鮮丼とご対面。
a0222229_1164812.jpg

やや小ぶりな器に盛られた海鮮丼。
これで380円は、かなりのコストパフォーマンス振り。
ネタも新鮮。超美味し!
これだけの人を集める理由も分かるってなもんだ。

ほとんどのお客さんがこの海鮮丼を注文する中で、このお店、ほんとにやっていけてるんだろか。
採算は取れてるんだろか…。
普通だったらそう思ってしまうが、やっていけるどころか、超儲かっていると推測してみたりする。
その理由はこうだ。

この海鮮丼、実は丼だけで汁は付かない。
380円という安さに思わず気が緩み、そこに店員の「+80円でお汁をお付けしますか?」のオススメセリフが来たりすると、つい「付けてください」となってしまう。
実際、これまたほとんどのお客さんが+80円のお汁を付けていた。
この時点で価格は既に460円。
プラスで付けたお汁の原価なんて相当低いはずなので、海鮮丼だけではカツカツだったかも知れない原価が、この時点でかなり緩和され粗利が膨らむ。
商品戦略と接客との連携プレイがある意味、素晴らしい。

売上というのは、客数×客単価。
380円という海鮮丼で、まずはこれだけのお客さんを呼び込むことに成功。
次に手を付けるのは、いかに客単価を上げていくか?ということになる。
先ほどのお汁のように、プラスなにかしらのメニューを頼んでもらうことで客単価は上がるが、そこから先は、いかに素晴らしい接客術をもってしても、なかなか難しいところではある。

このお店では、数十種類の単品メニューを、メニューブックに掲載するのではなく、実際に調理を行った「商品」として、店内に並べてある。実はこれがこのお店の「客単価上昇」のための戦略なのだ。
a0222229_1313368.jpg

380円という安さ(既に460円になってるけど)についつい気が緩み、そこへ来て目の前にこれだけの海の幸が並んでいるのである。しかも、散々待たされた挙句、やっと入ったお店。周りのお客さんが嬉しそうに一品一品持っていくのを見てたりすると、これがまた不思議なコトに、思わず自分も手を伸ばしたくなるのだ。そう、これを食べないことが、なんだかとてももったいないんじゃないか?という気持ちと共に。
a0222229_137199.jpg

ここで思わず、あなご天580円をGET。完全に術中にハマっている…。
a0222229_1405640.jpg

この時点で、海鮮丼380円、お汁80円、勢いで頼んでしまった握り380円、あなご天580円、合計金額はなんと…!

1,420円!

380円の海鮮丼に釣られ、気付いたら1,420円もの商品を買ってしまった。
(…って言うか、握りはほんとに余計だった…)
a0222229_1544031.jpg


もちろん、これだけの単品メニューを準備するだけの手間と時間は必要。
開店までに、相当な作業量があったはず。
聞くところによると、仕込みは朝5時からやっているとのこと。たしかにそれくらいの量と客数だと思う。
それでも、メニューブックに記載してある文字だけでは、これだけの単価を取ることは不可能だ。
注文を受けてから作るのか、事前に準備するのかの違いであって、逆に事前に作る方が、「待たせている」的な感覚がなく、心に余裕を持って調理するこが出来る。ピークとなっても、円滑に回転させることが出来る。
仮に、昼に単品メニューが残ったとしても、おそらく夜にまた同じように出すだろうし、売れ残りにならないよう、いろいろ工夫して売り切ってしまうに違いない。

しかもこのお店、箸袋に堂々と記載してある通り、水とか単品メニューの配膳とかは当然、セルフサービス。
a0222229_1513033.jpg

客席が満席で60名程度入ったとしても、接客担当者は3名程度。これは相当生産性が高い。
余計な人件費も掛けていないってところが、隠れたポイントだったりする。

このお店が相当儲かってると思うワケは、こんな理由によるところだ。

ま、そんなことはウダウダ考えずに、食べたいものを好きなだけ食べるのが一番幸せなコトだと思うワケで、せっかく大三島まで行ったのならば、この島で取れた海の幸を思う存分食べて帰るってのが一番だと思う。
モノより思い出。
大三島でこんなの食べたなぁっていう思い出はきっと、プライスレス。

そんなワケで、次に行く時は絶対、海鮮丼だけで終わらせてやる…!
千葉市南部に位置する、…とあるニュータウン。
タウン内には鉄道も敷かれ、JR・私鉄合わせて3つの駅があり、どこへ出るにも便利。また高速道路のICも隣接しており、車での移動もなにかと便利という、素晴らしいロケーションを持つこのニュータウン。

そんな新しい街に、小学生達による少年少女オーケストラが生まれた。
a0222229_6493823.jpg

このオーケストラの凄いところは、同じメンバー構成でありながら、「吹奏楽」と「オケ」という二つのバンド形態を持つ、というところ。つまり、一人二役的に、吹奏楽の時はクラリネット、オケの時はバイオリン…みたいな、そんな吹き分け…というか弾き分けをして、TPOに合わせてバンド形態を変化させるという。
小学生達にそんなコトが出来るのか??と思いつつ、主宰する指揮者さんに呼ばれ、さっそくお邪魔することにしてみた。
(そのために楽器を持参)
a0222229_653151.jpg

練習場所は、タウン内にある某小学校。
さすが新しい街だけあって、この小学校自体もなんだかモダンな感じがする。
…と言うわけで、さっそく潜入。
a0222229_657269.jpg

ちょうど個人・パート練習の真っ最中で、たくさんの小学生達が練習に励んでいた。
形になってんじゃん!なんて思っていたところに、主宰する指揮者さんより、是非金管パートのレッスンをしてほしい、との無茶振りが…。

マジすか??

小学生相手に、なにをどう教えたらいいんだろか…。
基礎練?曲練??ん~…、困った。
セクション練習の部屋に通され、ピカピカの金管楽器とキラキラした目を持つ小学生達と対峙。
「先生!お願いします~!」
ん~…、やばいぞ。困った、まじで困った…。取り急ぎ、ワタシは「先生」なんて呼ばれる人間じゃ~ない。ただの林道ライダーだ。休みの日には鉄塔に繰り出すのが日課だ。ヤバい…。なに言ってるか分からん…。

「ちょ、ちょっと待ってね…」
なんて言いながら、岡山の楽団の指揮者さん(Tp)にヘルプの電話。
きちんとした学校で基礎をしっかりと学んだ彼は、仕事の傍ら、休日には市内の中学校などに出向いて出前レッスンを行い、後進の指導にもあたっているという、とても熱い人物。
「小学生ですか…。難しいっすね~。とりあえず、基礎練とかするよりも、なにか楽しいコトをした方がいいですよ~。あとは、Tpの音を知ってもらうために、かっこいいフレーズを吹いてみせるとか…」
お~なるほど。
楽しいコトと、かっこいいフレーズね。


…。


って、楽しいコトってのが思い浮かばん…(T T


「お待たせしました~…」
ってコトで、そう言えば昔、全員で一つの音階を順番に吹いていく、みたいなコトをどっかでしたなぁ…。
とりあえず、それやってみるか。
「はい、かくかくしかじか、じゃ~B♭でいくよ~。うりゃ~!」
(なにがうりゃ~なんだか…)
この試みが予想以上に大ウケ。やっぱり小学生にはこういうゲーム感覚ってのがウケるらしい。
次いで、かっこいいフレーズ…ってワケじゃ~ないけど、誰もが知ってるヤツを「星に願う」つもりでパラパラっと吹いてみたり。パラパラっと吹くと、キラキラっとした目が、ウルウルってなるあたりが、さすが小学生。
反応は上々だ~。TABUと迷ったけど、吹かなくて良かった…。

そんなワケで、曲練なんかも入れた1時間半のセクション練習が無事終了。
いや~、マジで疲れた…。

その後、全体合奏にも参加し、本日の練習は無事終了。
a0222229_744236.jpg

8月5日にはコンクールにも出場するとのこと。
結果うんぬんより、そうしたステージを経験することで、音楽を続けていく上で大切ななにかを是非感じ取ってほしい。その形は人それぞれで違うかも知れないけど、きっと大切な「原風景」になるはずだ。
そんなワケで皆さん、またお会いしましょう~。

移動の車中で昼飯を食べ、午後から楽団の練習に参加。
ワタシが来る時だけ行われる、日曜日の午後練。
大人にとっては貴重な日曜日の午後の昼下がりを頂いてしまって、ほんとに申し訳ないです。
そんなワケで、いつものように集中練習を実施。
だいぶ、形が見えて来た。良かった…。

練習終了後、いつものようにダッシュで駅へ。
a0222229_7491428.jpg

いつものようにうどんを食べ…、
a0222229_7503552.jpg

いつもの新幹線に乗り…、
a0222229_750753.jpg

千葉から約6時間…、
a0222229_751319.jpg

23時09分に無事、帰着。
a0222229_7524314.jpg

今回も盛り沢山な千葉滞在だった…。
by masa6-COMPASS | 2012-07-08 23:59 | 音楽 | Comments(4)
マジカに控えた楽団本番のため、一路千葉へ…。
今回はワケあって、My楽器持参。
長距離移動では、これがけっこう大変な作業だったりする…。
a0222229_0114934.jpg

練習の時間まで、特にするコトもなく…、
a0222229_0144293.jpg

なんとなく、近所のバイク屋へ…。
a0222229_0151573.jpg

Ninja400
最近のKawasakiはほんと、ネイキッドベースの車両にフルカウルを付けるのが上手。違和感なく、まるで最初からそのスタイルだったかのような収まり方。
a0222229_01794.jpg

そんなこんなで、約1ヵ月振りに楽団の練習に参加。
a0222229_0405933.jpg

予想以上に曲が仕上がっててビックリ。
今年も、成田の方々にステキな演奏を届けられそうです。

練習終了後、降りしきる大雨の中、これまた久々にガスってみたり。
a0222229_0505385.jpg

そんなワケで、横浜から参加のEuph奏者Oさんを御自宅まで送り届け…、
a0222229_0465369.jpg

長い1日が終了…。
明日も朝からなにかとバタバタな予定…。
by masa6-COMPASS | 2012-07-07 23:59 | 音楽 | Comments(0)
超巨大なパン。
実際、どうやって焼いたんだろか…。(ホンモノ)
a0222229_6365070.jpg


それはそうと、関西TVから、YouTubeにUPしているある動画について、番組内で放送したい、との連絡があった。
a0222229_6574645.jpg

ほんとの問い合わせなのか冷やかしなのか、真意は分からんけども(でもたぶん、ほんとだとは思う)、丁重にお断りをした次第。
もったいなかったかなぁ…。
by masa6-COMPASS | 2012-07-06 23:59 | 雑記 | Comments(4)
あることを極めると、凡人には到底理解できないような領域へと到達することができるらしい。



ただのエイトビートに見えて、実はその中に相当数のテクニックを織り交ぜてる。
こういう人こそ、真のエンターティナーかも知れん…。
by masa6-COMPASS | 2012-07-03 23:59 | 音楽 | Comments(4)