<   2013年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

雨予報から一転、朝から絶好のツーリング日和だった本日。
急遽、館山方面へのプチ朝練ツーに出掛けた。

三島湖付近
a0222229_1282624.jpg


安房グリーンライン
こんな快適ロードがあったとは、知らんかった…
a0222229_131763.jpg


詳細はそのうち、HPにて…。
Junior Canon`s Club、略して「JCC」。
一体なんのコトかというと、若かりし中学2年生の時、ワタシと友人3人とで立ち上げた、学校非公認の写真同好会的組織の名称である。(要は、いつもツルんでた仲間内での遊びの一環)
全員がキャノン製のカメラを持っていたことから、この名前が付けられた。
会員№1 会長K氏 ・・・ Canon AE-1p
会員№2 masa6 ・・・ Canon AE-1
会員№3 M氏 ・・・ Canon T50
会員№4 K氏 ・・・ Canon T70
今思えば、なんとクソ生意気なガキ共だろか。

「プラ板」と「パウチッコ」で仕上げた会員カードを携え、「楽しく思うがままに写真を撮りまくる!」みたいなテキトーな感じのコンセプトで、いろんな活動をしていた。
①機関紙「JCC通信」の発行
(オアシスなんとかっていう当時人気だったワープロを使って作成。一部10円で校内販売していたことが問題となり、校長室で1時間以上の説教を受ける。その後、無償提供にて各教室に掲示することとなり、この組織が広く知られるようになる)
②月2~3回に及ぶ撮影会の実施
(風景写真撮影、筑波サーキット走行会撮影、月食観測・撮影、その他)
③月2~3回に及ぶツーリング
(チャリで筑波山行ったり。もはや写真と関係なし)
④その他
(自作望遠鏡によるハレー彗星観測会の実施、科学万博つくば85への度重なる遠征、写真コンテストの実施…などなど)

中学2年の時に非公認として暗躍活動していたこの組織は、その後学校の新規クラブ活動としてなぜか認められ、中学3年になった時には「写真クラブ」として正式に発足してしまった。
こうなってくると予算も貰えたりして、カメラの基本的構造に関する勉強会だの、暗室での現像だの、印画紙へのプリントだの(白黒だけど)、その活動の幅が一気に広がったりした。調子に乗って、修学旅行で「好きなあの子の写真をGET!」みたいな隠し撮り企画を1枚100円でやろうとし、事前に学校にばれて再び説教をくらったりもした。

やがて、中学校を卒業。
4人はそれぞれ別な道へと進み、「写真」への情熱はやがて「オートバイ」へと変わり、高校2年生くらいまではよく一緒にツルんで、原チャリスポーツ(50cc)でアチコチ走ったりしたもんだった。「写真」については、それぞれがそれぞれの趣味の範囲で続けていたように思う。

高校3年生になると、いよいよ進学か就職かってコトでお互いが忙しくなってしまい、ほとんど会うこともなくなりつつ、いつの間にか卒業。その後、成人式で久々の再会を果たしつつ、その後はまったく会う機会が無くなっていた。

そして時は過ぎ、2013年6月中旬。
当時のJCC会員№1 会長K氏より、フェイスブックを通して突然連絡が来た。
検索で発見したらしい…。
ワタシもフェイスブックに登録はしているが、これまで一度も呟いたコトはなく、未だによく使い方が分からんような状況だったので、えらくビックリした。フェイスブック、これは上手に使うと意外に使えるシステムなのかも知れん。

その後、残り2人のJCC会員の現況も分かり、近いウチに同窓会しようぜ!ってなコトに発展した。
まさかの展開。

そんなワケで、本日のブログの本題。
今日は、その同窓会の前哨戦として、JCC会員№1 会長k氏と二人でプチ同窓会をしてきた。
約20年振りくらいの再会。ごった返すJR船橋駅改札での待ち合わせは、よく考えたらお互いに顔を識別できるのか?っていう不安もあったが、パッと見てお互いがお互いを認識。これには二人ともビックリ…。
しかも、同じ千葉県民だったとは…。
a0222229_143256.jpg

そんなワケで、空白だった時間に何をしてたか?的な話で大盛り上がり。
a0222229_145454.jpg

ビジネス専門学校を卒業したK氏は、その後数年間サラリーマン生活を送った後、写真家となる夢を掴むべく突如会社を辞め、その世界へと飛び込んだ。
a0222229_1475921.jpg

夢を実現し、それで生計を立てるまでになったK氏。
いやはや、ビックリである。
a0222229_1492671.jpg

「想うこと」と「信じること」の大切さってのを、同級生の彼からなんだか強烈に教えてもらった。
a0222229_1514735.jpg


気付けば4時間が経過。
話が尽きないってのはほんと、こういうコトを言うんだろう。
a0222229_154540.jpg

その後、写真家としての一面を持ちつつ、
a0222229_1562369.jpg

自ら、写真とはまったく関係のない会社を立ち上げ、代表取締役の名刺を持つに至った。
彼はあまり語らなかったが、ここに来るまでは相当苦労したに違いない。
a0222229_1592528.jpg

そんな彼に比べ、自分の背中は一体どれくらい人生を語れてるんだろうか…。

遠い日の思い出。
お店を出ると、高校生の時に彼が乗っていた50ccバイクと色違いの同型車種に遭遇した。
なんだか一瞬、あの頃にタイムスリップしたような、そんな嬉しい錯覚を覚えた。
a0222229_284551.jpg


夏に行うJCC元会員(笑)との同窓会が、今から楽しみで仕方がない。
きっとそこには、年相応に老けてはいるけど、あの頃とまったく変わらない目をした4人がいることだろう。
by masa6-COMPASS | 2013-06-21 23:59 | 雑記 | Comments(2)
…ってワケじゃないけど、たまたま開いたらキリのいい数字だったってお話。
a0222229_2313059.jpg

目指せ、200,000!
by masa6-COMPASS | 2013-06-07 23:16 | 雑記 | Comments(0)
仕事絡みでお会いした一人の男性。
なんやかんやと話をした後で、実は同じ大学出身ということが判明。
この前は高校の先輩にも会ったし、今回は後輩にあたる人間に出会った。

度重なる偶然。
なにかのお告げだろか…。(んなわけない)
a0222229_23532821.jpg

by masa6-COMPASS | 2013-06-04 23:15 | 雑記 | Comments(0)
こっちに戻って来てから、確実にTpが下手になって来ているのが分かる。
合奏前後にちょこっと吹くだけだと、現状維持することすら出来ない。
しばらく忘れてたけど、そう言えば岡山に行く前もそうだった…。
またあの状況に逆戻りしたってだけか。

この悔しさって言うか虚しさって言うか、やり場のないストレスは、この立ち位置にならないと決して分からない。
そう言えば、大学の時もそうだった。
まともに吹けたのは、4年になって後輩に指揮を任せてからだ。
ま、自分が作ったようなバンドだったので、それはそれで仕方なかったけど。
結局今も昔も、高校の時の貯金でやってるようなもんかも知れん…。
あの頃、もっと練習しとけば良かった…。
a0222229_23472964.jpg

なにか新しいことを始めないと、腐ってくだけかも知れん。
by masa6-COMPASS | 2013-06-03 23:32 | 音楽 | Comments(2)