<   2013年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

そんなワケで、2013年もあと30分ほどで終わり。

今年もいろんなコトがあったけど、岡山県での仕事・生活を終え、千葉県に戻ってきたってことが、やっぱり一番大きな出来事だったように思う。
住む場所もそう、仕事の内容もそう、楽団もそう。
2013年の年初にはまったく想像もしていなかったほど、すべてにおいて激動の1年だった。
ほんと、よく乗り切ったもんだと思う。

そして2014年。
すでに、またもや新しいことが動き出すことになっていて、年初からかなりのパワーが必要だったりする。
年を重ねるごとに、新しいことへのチャレンジに対して臆病になって来るような、そんな風にも感じる今日この頃。
がしかし、どんなことに対しても、いつもワクワクしていたいと、そんな風にも思う。

紅白が気になって集中できん…。

そんなワケで、2013年もあと20分ほどで終わり。
2014年もどうぞ、よろしくお願いします。
by masa6-COMPASS | 2013-12-31 23:36 | 雑記 | Comments(2)
そんなワケで、突発的にCBR929RRの2013年走り納めに出掛けてきた。
a0222229_7441678.jpg

定番お散歩コースである高滝~月崎から、今日は内房の海へ。
a0222229_7464477.jpg

三浦半島の向こう側に、巨大な富士山が…!
こんなに綺麗に富士山見たの、けっこう久し振りかも知れん。
a0222229_7473646.jpg

冬の海も…、
a0222229_7483929.jpg

寒いけど、たまにはいいもんだ。
a0222229_7491371.jpg

せっかくなので、久々に向こう側(三浦半島:神奈川県)に渡ってみるか~!なんて思って、
a0222229_7532421.jpg

金谷港へ行ってみるが、東京湾フェリーはまさにいまが出航の瞬間…。
a0222229_7505073.jpg

あと10分…、いや5分早ければ…(- -;
a0222229_7542990.jpg

残念…。
まぁ、またの機会に…。
a0222229_7545248.jpg

なんだか急に、岡山に居た頃を思い出した。
KSR de 島巡り、ずいぶん行ったよなぁ…。
a0222229_756943.jpg

ノコギリ山を背に、なんだか急に寂しくなる今日この頃だった…。
a0222229_7575027.jpg


帰宅すると、岡山の某床屋さんからビデオが届いていた。
a0222229_7585223.jpg

(この床屋さんとワタシとの繋がりは、コチラをどうぞ~)
先日のホワコンのブルーレイディスク×2枚。
1枚はノーカット版、もう一枚は司会をカットしたもの…とのこと。
a0222229_801227.jpg

離れていても、こうして繋がってるってのが、ほんとに嬉しいです。
ありがとうございました(^^

おお~、素晴らしい…!
一人で見るのはほんと、もったいない…。
a0222229_83354.jpg

なので、YoutubeにUPしてみようと、
BD⇒DVDダビング⇒PC取り込み⇒ムービーメーカーで編集…ってやってみたんだけど、PC取り込みの段階で拡張子の変更が出来ず、途中で頓挫…。
DVDの映像をムービーメーカーで編集できるようにするためには、どうしたらいいんだろ…。
Yahoo知恵袋とかネットで調べてみると、なにやら別なソフトが必要とかなんとか…(- -;

ん~、分からん…。
成田山の表参道をプラプラ。
ふと、店先に貼られていた習字に目が止まった。

市内の高校生達による「開運書道展」とのこと。
a0222229_115447.jpg


悲しいことは一生続かない
a0222229_135339.jpg

続いてたまるか、この野郎!って感じだけど、裏返せば「きっとそのうち、いいことあるぜ」とも取れるワケで、ま~高校生にしてはなかなか深い一言。(なんて言ってみたり…)
きっとなにか悲しい出来事があって、そこから立ち直るため、自分を勇気付け奮い立たせるために、こんな言葉を選んだんだろうね~。力強い「」という文字に込められた想いがひしひしと伝わってくる。
亜美ちゃん、がんばれ!(なんだ?それ)

むだけ
a0222229_1925100.jpg

ほっといても時間は勝手に進むワケで、けっして過去に戻ることは出来ない。
人間の目が前に付いているのは、前に進むため。(昔、ドラえもんが言ってたような気がする)
「時間の大切さ」に気付き、今を精一杯生きることに目覚めた時、この言葉が自然と口をついて出てくる。
前に進むだけ。ん~、深い…。(勝手に深くしてるだけ)

負けるが勝ち
a0222229_1184992.jpg

お前は大物だ。その年で、よくそこに気が付いた。
「勝ち」の「ち」の字が、なんか「ヘヘっ、おれの勝ちなんだぜ~」って言っているかのようだ。
(意味わからん)
ただね柊人くん、それを負けの言い訳にしたらダメだぜ。
物事の本質が分かる、そんな人間になれ!
ところで、「柊人」ってなんて読むの?

今回、(実態のよく分からない)モンドセレクション的最高金賞を付けるとしたら、やっぱコレだな。
いつもボクは本気
a0222229_129463.jpg

本気だったら、「ボク」くらい漢字で書け!って思わず突っ込みたくなるけど、ま~高校生にして「常に全開バリバリだぜ」的なその姿勢と考え方は、大いに評価できるポイント。ワタシも常にそう在りたい…。

開運書道展。
なんか、運が開けてきたような、そんな気がしてきた。



(そうか?)
by masa6-COMPASS | 2013-12-29 23:59 | 雑記 | Comments(0)
Youtubeで、「君はまだバイクに乗っているか」っていう動画に遭遇。
ちょっと調べたところ、福島復興支援ツーリング実行委員会による「福島応援おんもしぇ祭」のPR映画らしい。
この祭り自体、もう終わってるみたいだけど…。

で、このYoutube。
見てビックリ。

なにがビックリか?って言うと…。
それは、見てのお楽しみ。

ちょっと、突っ込みどころ満載な感じが、とってもGood!
急転直下な話の展開速度に、Ninjaもビックリ。
「エンジン掛からない女子ライダー」に遭遇して、押し掛けでエンジンをかけてあげる中年男子。
そんな女子ライダーに街で偶然再会するという、超昭和初期的な手法によるベタ~な展開。
バトルシーン、よく見るとスピードメーターにはモザイクが…!
撮影中、一体何キロで走ってんの?

なんやかんや言いつつ、ついつい最後まで見てしまった…(- -;



これ、まさかコントじゃないよなぁ…。
やってしまった…。
(↓画像は本文とほとんど関係ありません)
a0222229_754594.jpg


思わず…、
(↓画像は本文とほとんど関係ありません)
a0222229_76178.jpg

ポチっと…。
(↓大いに関係あります…)
a0222229_764358.jpg

クリスマス、バンザイ!
by masa6-COMPASS | 2013-12-25 23:59 | 雑記 | Comments(2)
クリスマス イヴ の「イヴ」は、「イブ」なのか「イヴ」なのか、どっちが正しいんだろか…。

品○駅で見掛けたサンタカップル。
(歩きながら撮ったら、なんだか妙に歪んだ画像に…)
かなり盛り上がっているご様子だけど、ちょっとこの格好で街を歩くのはどうかと…。
ま、余計なお世話でしょうが…(- -;
a0222229_0443487.jpg

そんなこんなで…。
a0222229_74201.jpg


海外出張のため、岡山から成田へと移動して来られたEuph吹きの団員さんと、成田市内で軽~く飲み。
明日から1月中旬までブラジルとのこと。ほんと、お疲れ様です!
たしか、1ヶ月前もブラジルにいませんでしたっけ??
a0222229_0504841.jpg

「離れていても、こうして繋がってるのがすごく嬉しいです」
…ワタシもそう思います。
a0222229_71391.jpg

道中、お気を付けて。
日本に戻ったら、また成田で飲みましょう~。
by masa6-COMPASS | 2013-12-24 23:59 | 雑記 | Comments(0)
午前中、ちょっとしたヤボ用で松戸市へ。
千葉市から松戸市って、距離にするとたいしたことないんだけど(30kmくらい)、商圏が違うというかなんというか、ほとんど来る機会がない。松戸市が野田ナンバーだってことも、今日はじめて知った。

そんなワケで、昼食はまたしてもラーメンを…(酸辣湯麺)。
a0222229_752535.jpg

その後、プラ~っと葛飾柴又へ。
松戸市からは何気に、川渡ってすぐだったりする。
a0222229_86309.jpg

帝釈天の参道をぷらぷらと…。
a0222229_83955.jpg

煎餅屋さんをちらり。お~、焼いてる焼いてる。
a0222229_834823.jpg

焼いてるトコを見た後だと、急に食べたくなるから不思議。
a0222229_845355.jpg

ニッポンの文化、だるま。
a0222229_853530.jpg

ニッポンのオイシイタベモノ、ダンゴ。
a0222229_861167.jpg

ニッポンのワビサビ、キンのウンコ。(意味不明)
a0222229_874814.jpg


そして帝釈天へ。
a0222229_891155.jpg

本堂の前、工事してるのかと思ったら、初詣に向けて設置された巨大な賽銭箱?だった。
そうか~…。もう年末なんだもんなぁ…。
a0222229_812984.jpg

ちなみに、本堂へは無料で入れるので、
a0222229_8165166.jpg

ここまで来たら是非、靴を脱いで中に入ることをオススメします。
a0222229_814232.jpg

精巧に作られた貴重な彫刻を目の前で見ることが出来るってのがポイント。
a0222229_8145336.jpg

a0222229_815396.jpg

a0222229_81673.jpg

a0222229_8161690.jpg

そんなワケで、初詣を目前にした師走の時期に、帝釈天で御参りをし…、
a0222229_8163599.jpg

猿まわしでちょっとだけ正月気分を先取りしつつ…、
a0222229_8184299.jpg

その後、幕張PASAR⇒バイクセブン蘇我…と寄り道をし、なんとなく千葉駅前へ。
a0222229_82033.jpg

なかなかのイルミネーション。
a0222229_8203030.jpg

昼と夜とじゃ、まったく印象変わるなぁ。
a0222229_821372.jpg

a0222229_8211459.jpg

a0222229_822229.jpg

そんなこんなな、天皇誕生日だった。
おわり。
by masa6-COMPASS | 2013-12-23 23:59 | 雑記 | Comments(2)
@ootaki親分より「アリランラーメン食べいきましょ」とのお誘い(呼び出し?)を受け、寒空の下、久々のセローで出撃してきた。
@ootaki親分:XR、ワタシ:セロー。
この組み合わせはホント、久し振り。最近ずっと、ロードだったしなぁ…。
やっぱ、軽いバイクは乗ってて楽!
a0222229_7531640.jpg

…ってか、ホントはKSR&XRモタの予定だったんだけど、
KSRはエンジン掛からず、
a0222229_759111.jpg

修理したてのモタは、エンジンの吹け上がりがイマイチということで、(↓過去の画像)
a0222229_7594825.jpg

結局、この形になった次第…。
a0222229_804261.jpg


そんなワケでアリランラーメン。
ワタシが最後に行ったのは、今から約7年前。
まだお店が集落の中にあって、「古市商店」っていう名前で営業してた頃。
a0222229_821346.jpg

↑普通に考えて、どう見てもラーメン屋さんとは思えない佇まい。

今では店舗の場所も引越しをして建屋自体も大きくなり、駐車場付きの立派なものになった。
a0222229_88215.jpg


「日本一分かりづらい場所&行きづらい場所にあるラーメン屋」ってよく言われてるそうだけど、たしかにそうかも知れない。

理由その①
最寄りのバス停から徒歩3分。しかし、肝心のバスが土日は9時台と17時台の2本しかない。
朝9時に着いたら帰りは夕方5時…。

理由その②
最寄りのJR駅は茂原駅(約20キロ)。同駅からタクシーで約30分で運賃約5000円。

理由その③
最寄りの鉄道駅は小湊鉄道上総鶴舞駅。タクシーなどないので、山超え10kmの道のりをひたすら徒歩。

そんな感じで、公共交通機関で来るのはほぼ不可能に近い。
結局、クルマかバイクか自転車ってコトになるんだけど、看板が出てるワケではないので、これがまたとても探しづらい。カーナビもグーグルMAPもなぜか変な道(田んぼのあぜ道とか)を案内するらしく、分かりづらさに拍車をかける要素がいい具合に揃ってるらしい…。
ちなみに、こんな場所。
a0222229_8175525.jpg


開店30分前に到着したんだけど、既に20人ほどが待っている状況。
ここには、待ちの順番を書く紙(ウェイティングノート)なんてものは存在しない。
前にどんな人達が居て、自分の後にはどんなお客さんが来て…っていうのを、自分で確認・自己管理しておく必要がある。「日本一分かりづらい」と同時に、ある意味「日本一ハラハラするラーメン屋」と、言えなくもない。

ちなみに、「アリランラーメン」とは、にんにくやニラ等の滋養食材を使って作った、いわば滋養摂取ラーメン。
その名前の由来は、このお店のHPで確認することが出来る。

 その昔、韓国に「アリラン峠」という峠があり、

 その峠にまつわる物語の歌があったそうです。

 そこで、当店の場所も峠であり、

 「昔の峠越えというのは非常に困難で

 元気を出さなければ越えられなかったはず」

 そんなときに体力のつくものを・・・というイメージで考案されました。


 (お店のHPよりそのまま抜粋)


開店から10分。
自己管理的な待ちの順番を経て、やっと店内へ。
ここで安心してはいけない。
このお店の場合、実際に目の前にラーメンが運ばれてくるまでは気を抜いてはいけないのだ。

お店を切り盛りするのは、店主であるおばあちゃんと、二人の孫娘。
この三人からは客の順番が分からないので、自分の順番は自分で守る必要がある。

店内に通され、注文を聞かれるまでじっと待つ…。
ちなみに、ワタシ達は20分くらい待っただろか。

しばらくしてやっと、厨房から声が掛かる。「ご注文は~?」
そうなったら、割り込まず、また割り込まれないようにちょっとだけ自己主張しつつ、席から大声で厨房に向かって注文を入れる。
「アリランチャーシューの大、二つ。辛さは普通で~」みたいな感じ。

まれに、このルールを知らずに結果的に割り込んで注文するお客さんが出たりもするんだけど、そうなると注文を待ってるお客さん数組から「順番が違いますよ~!」的な指摘を受けることになったりする。
こうなるとちょっと、恥ずかしい…。
順番待ちの状態から既に、前後のお客さんとはなんとなく「仲間意識」みたいなモノが芽生えており、ある種の結束力みたいなモノまで出来てたりするので、その辺の管理は客側できちんとなされてたりする。
これ、このお店の副産物的な価値観かも知れん。なかなか味わえない感覚。

無事注文を終えたからと言って、安心は出来ない。
言われたものを粛々と一生懸命作るお店の方達には、そのラーメンがどこのテーブルの、誰からの注文なのか、そこまで把握はしていないのだ

「アリランチャーシュー大のお客さん~」とか言いながら、出来上がったラーメンを厨房から運んでくる。
そこで、注文の順番を暗黙の中で確認していたお客さんの方で、「それワタシ!」と自己申告した上で、初めてラーメンが目の前まで運ばれてくるという仕組みなのだ。
ちなみに、店内の客席数はざっと、40席くらいだろか。

お店の場所が分かりづらい。
公共交通機関ではほぼ無理。
やっと到着すると、順番待ちがなんと客任せ。
注文もお店の調理するタイミングで、順番はこれまたお客さん側での管理。

そんなコトを経て、やっと辿り着いたアリランラーメン。
ちなみに、オーダーしたのはアリランチャーシュー大。
a0222229_8493048.jpg

パッと見、かなりのボリューム。実際、相当な量があった。
茶褐色のスープに、大きめにカットされた野菜(たまねぎ&にんにく)がゴロゴロ。
醤油とごま油のいい香りが…。
a0222229_8541151.jpg

スープを、ひとくち。
おおっ!
すばらしき、圧倒的に旨みたっぷりな絶品スープ。
やばい…。やっぱこのラーメン、うめぇ…。

チャーシューを煮た肉ダシに、かなり濃いめの醤油ダレ。
ちょっと「竹岡式ラーメン」に近い感じがするけど、大きな違いは「野菜のうまみ&甘み」がたっぷり入っているってコト。滋養摂取ラーメンと言われるのはその部分。
タマネギ・ニンニク・ニラから染み出した野菜エキスと、自家製麺の相性はバツグン!
ちょっと厚めにカットされた自家製チャーシューも、口の中でほぐれるほどの柔らかさ。
もう箸が止まらん…。

そんなワケで、あっという間に完食。
a0222229_901434.jpg


今では、千葉三大ご当地ラーメンの一つって言われるほどの有名店になったみたいだけど、そういうお店にありがちな「驕り」とかは微塵も感じられない。
注文方法がちょっと難しいのも、3人でピークを回すが故の苦肉の策…というか、長年培ってきたこのお店なりのやり方。ある意味、客側に迎合しないようにも見えるけど、回転率を上げるとか生産性上げて利益を確保するとか、そういうのとは明らかに一線を画したところに、このお店の魅力があるのかも知れない。

ここはなによりも、おばあちゃんの人柄が素晴らしく良い。
7年経った今も、あの頃と変わっていないっていうのが、個人的には心地よかった…。
(是非、旅日記のレポをどうぞ~)


ごちそうさまでした。
いつまでもお元気で、美味しいラーメンを作り続けてください。
by masa6-COMPASS | 2013-12-22 23:59 | 雑記 | Comments(0)
この一週間はほんと、早かった…。
ま、月曜日休んだってのが大きいけど。

そんなワケで、何気に今日は年内最後の練習だった。
帰り際、「良いお年を~」なんて言われて初めて気付いた。
a0222229_645671.jpg

定演終わった直後で人が集まらない上に、年明け早々には成人式の記念演奏が控えているという状況。
毎年そうなんだけど、なかなかタイトなスケジュールだったりする。

ちなみに曲目は毎年、市の成人式実行委員(全員が今年ハタチを迎える若者)が選曲してくる。
今年は、きゃりーぱみゅぱみゅ?(舌かみそう)とか、アンジェラ・アキとか、ゆずとか。
これに、市内4つの中学校の校歌と国歌が加わるので、意外と吹く曲目は多かったりする。
a0222229_6551597.jpg


大曲で疲れた心と体には、リハビリ的な意味でも、この手の曲は有効だったりするのかも知れない。
とにかく、この練習と本番を通じて「あ~、音楽って、吹奏楽って、合奏って、みんなと奏でるアンサンブルって、やっぱ楽しいじゃん」って思い出せるような、そんなコトが出来ればいい。吹いてて気持ちい~って感じれるような、そんなことが出来ればそれでいい。

最近のMusic8は、Winds Scoreに対抗してか、きちんとフルスコアになってたりする…場合が多い。
…と思ったらコレ、
Winds Scoreだった…。(いま(12/23)気付いた)

a0222229_711454.jpg

ま、いずれにしても、コンデンスよりも「よし、やるか!」っていう気になってくるから、こういうのは大歓迎。

そんな感じな、今日この頃。
おわり。


(なんだ?この終わり方は…)
by masa6-COMPASS | 2013-12-21 23:59 | 音楽 | Comments(0)
ホワイトコンサート本番の翌日月曜日は、
a0222229_2394813.jpg

なにげに、千葉への移動日として休みを取っていた。
ただ戻るのもつまらないので、途中で京都へ寄り道…。
a0222229_2434444.jpg

大量の荷物達をコインロッカーに預け、可能な範囲でテキトーにぶらぶらと…。
a0222229_24537.jpg

冬の京都はやっぱり寒かった…。
a0222229_2455796.jpg

そう言えば、以前京都に住んでいた時(銀閣寺から歩いて5分)もたしか、秋から冬、春先にかけてだったなぁ…と、急に思い出す。なつかしい…。
こうして見るとまだまだ紅葉しているようにも見えるけど、ピークは完全に終わっている様子。
a0222229_2485181.jpg

どこを見ても、なんだか妙に絵になる街、京都。
a0222229_2501814.jpg

街中で、「電気温泉」って書かれた看板に遭遇。
行かなかったけど、今にして思えば超気になるナゾの物件。
a0222229_2504231.jpg

京都で出会ったクラウンパトカーは、なんだかちょっとかっこいいアルミを履いていた。
スタッドレスかと思ったら、そうでもないらしい。
a0222229_2583287.jpg

テキトーに昼飯を食べ、
a0222229_251281.jpg

その後、思いつきで嵐山へ。
a0222229_2514771.jpg

昼食を食べたばかりの胃袋へ、揚げたてサクサクのコロッケと、
a0222229_2522629.jpg

これまた揚げたてアツアツのゆばチーズと…、
a0222229_2525371.jpg

餅で作ったワッフル、通称「モッフル」を野菜スープに付けて食べる、あったかい「モッフルスープ」を放り込む。
a0222229_316516.jpg

こういうのって言わば、別腹だったりするんだよなぁ…。

渡月橋付近をプラプラと…。
a0222229_2543137.jpg

先日の台風の爪痕があちこちに…。
a0222229_311321.jpg


その後、老舗のわらび餅屋とか、
a0222229_258096.jpg

繭人形まゆ村とか、
a0222229_35399.jpg

a0222229_355378.jpg

a0222229_36688.jpg

嵐電の嵐山駅付近とか、
a0222229_362757.jpg

竹の小道とか、
a0222229_36569.jpg

あっちこっちを、
a0222229_374456.jpg

散策。
a0222229_38276.jpg

なんやかんやで半日ほど京都を満喫し、
a0222229_384523.jpg

17時16分発ののぞみで東京へ。
a0222229_39283.jpg

20時30分、無事に千葉へと到着。
内容の濃い3日間だった。
a0222229_395410.jpg

翌日火曜日は、朝から疲れがどどどっと襲ってきて、はっきり言って仕事にならんかった…。

話は変わって…。

ホワイトコンサート本番の画像をいろいろGETしたので、先日のBlog記事に写真を追加してみた。
a0222229_2344082.jpg

よろしかったら、是非ご覧くださいませ。
a0222229_2362154.jpg

by masa6-COMPASS | 2013-12-19 23:59 | 音楽 | Comments(0)