<   2015年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

今年も桜の季節がやって来た。
都会のど真ん中、ちょっと窮屈そうな校庭で咲く桜を発見。
a0222229_335520.jpg

寒く厳しい冬を乗り切った後に訪れる、ある種のご褒美。
a0222229_334792.jpg

桜の下では誰もが自然と笑顔になる。
そしてなんだか、ちょっとだけ優しい気持ちになったりする。
a0222229_338328.jpg


ワタシが住んでいた街の桜もきっと、満開を迎えている頃だろう。
たくさんの人達が集い、新しい季節の到来を祝福しているはずだ。
a0222229_3402596.jpg

いろいろ、思い出す…。
a0222229_34127.jpg

夜桜の元、
a0222229_343045.jpg

餅焼いたり湯豆腐やったりとか。
a0222229_3432076.jpg

思えばあれが、masa6会(笑)のルーツだったような気がしないでもない…。
a0222229_3442697.jpg

桜の咲く時期ってのは、いろいろな「人の動き」とも重なることから、そこにたくさんの思い出が詰まってたりする。
a0222229_3472881.jpg

そして、桜を見ることでそれらの思い出が、一気に蘇るワケだ。
一瞬にして、気分はあの頃にタイムスリップ。
当たり前に存在しているものが、実はものすごく尊くて大切だったってことに、いつもあとになってから気付く。
だからこそ、今すべきこと、やれることに全力を尽くすことがきっと、大事なんだろうと思う。
a0222229_3492077.jpg


あの日の桜を追いかけて…。
a0222229_3521637.jpg


週末はお花見ツーリングでも行こうかなぁ…。



by masa6-COMPASS | 2015-03-31 23:59 | 雑記 | Comments(2)
仕事で新浦安立ち寄りにて、本日は直帰。
この開放感、たまらん…。
a0222229_239767.jpg


ま、今日はほとんどネタも無いので、浦安繋がりでこんな動画を。
素晴らしき、プロの技。サイコーのドラミングに、思わず引き込まれる…。


いつかココで吹いてみてーなー。
by masa6-COMPASS | 2015-03-30 23:59 | 音楽 | Comments(4)
季節はすっかり春だ。
桜もあちらこちらで咲きはじめ、いよいよ来週くらいが花見のタイミングだろか。

我が家のクルマも、冬用タイヤから夏用に交換。
結果的に、今年はスタッドレスは必要なかったってコトになるけど、まぁこればっかりは分からないので致し方ない…。せっかくの機会なので、前後ローテーションして装着させた。
a0222229_192373.jpg


ついでに、我が家のもう一台のクルマも、タイヤの前後ローテーションを実施。
コチラは元々夏用だったので、テンパータイヤ1本を用いてそれぞれ入替。
(前輪を外し、一時的にテンパーを履かせたうえで後輪を外し入替。その後、前輪をテンパーから後輪に装着されていたタイヤへと交換)
よって、ジャッキUPの回数は5回。

スタッドレスの交換も入れたら、今日だけで合計9回も車を持ち上げたことになる。
その後、2台の手洗い洗車まで行ったので、何気に相当な体力を使った…。
はっきり言って、バテバテ。しかも、夕方から雨まで降るし…。


プラっと出掛けた先で、面白いスマホグッズを発見。
その①
指紋がサッとふき取れるコーティング剤。
a0222229_1262394.jpg

たしかに、スマホの画面に指紋とか汚れが付いてるとけっこう気にはなるけど、それを防止するこんなグッズがあるとは知らんかった。
商品名「i ガラコ」。ガラコと言えば、車用のコーテイング剤が有名。
クルマで培われた技術の応用ってことなんだろうけど、よくココに目を付けたなぁって印象。

似たような商品がもう一つ、その名も「スマピカ」。
ま、基本的には「i ガラコ」と同じだと思われる。
a0222229_145559.jpg

いろいろと考えるもんだ。

その②
自撮り用グッズ。
そう言えば、観光地などでコレ使ってる人をよく見掛けるようになった。
少しずつ、市民権を得てきているように感じる。
これもまた、いろんな種類が出ているようだ。

こんなのとか、
(「自撮りをもっと感動的に」って書いてあるけど、感動的な自撮りってどういうのを指すんだろ。商品名「FUN-TA-STICK」ってのはたしかにある意味、感動的かも知れん)
a0222229_1354472.jpg

こんなのとか、
(なぜラクダなの?しかもそこ、鳥取砂丘でしょ?ずいぶん遠いとこまで行って撮影したんですね…)
a0222229_1362554.jpg

こんなのとか、
(チャンバラ仕様で、外国人にウケそう)
a0222229_1365187.jpg

まぁほんと、いろいろな種類・デザインのものが売られていた。

こうして見ると、スマホを取り巻く環境には、まだまだいろいろなビジネスチャンスが潜んでいる気がする。自社の商品・ブランドをどうマッチングさせ、そこにニーズを掘り起こしていくか。

提案型ソリューションの形をどれだけ作れるかが、商品企画担当者の腕の見せ所か…。
by masa6-COMPASS | 2015-03-29 23:59 | 雑記 | Comments(2)
趣味に没頭する土曜日だった。
(ま、休日は大体そんな感じだけど…)

今回は、時系列的にグダグダと書き綴ってみる。

09:30 すき家
一日の活力はやっぱり、朝食から。
前半は納豆で食べ、後半は牛小鉢をご飯にぶっかけてミニ牛丼にする。
今回はちょっと贅沢に、味噌汁を豚汁に変更。
a0222229_7402583.jpg


10:00 ポポンデッタ
最近、Nゲージに目覚めてしまったという@ootaki親分。
中古で新幹線車両200系をGETしたとのことで、ならば是非一緒に…ということになり、開店と同時にいつものポポンデッタへ。
元気いっぱいな@ootaki-Jrと共に、Nゲージに勤しむ。
a0222229_7423934.jpg

プラレールも多数お持ちとのことで、親子で順調に「鉄の道」を歩んでいるようです。
幼い頃からの英才教育、大変素晴らしいことです。大賛成。
a0222229_751651.jpg


12:00 東京ビッグサイト
毎年恒例となった、モーターサイクルショーへ。
a0222229_7515852.jpg

さて、今年は一体どんなオートバイ達に出会うことが出来るんでしょうか。
a0222229_7524260.jpg

熱気ムンムンの会場。
a0222229_7525659.jpg

YAMAHAブースにて、新型のR-1を。
YAMAHAらしいデザインって言えばそれまでなんだけど、ちょっとゴテゴテし過ぎているような印象。変にメカメカしいというか。でもきっと、乗ったらスゲ~んだろうなぁ。
a0222229_7532239.jpg

レーサーも。
a0222229_7552716.jpg

セローの30thアニバーサリーモデルが展示されていた。
ちなみに、ワタシのセローは20thアニバーサリーモデル。
こうして10年後の記念モデルを見ると、なんだか感慨深いものがあるなぁ。
a0222229_757158.jpg

初期型のセローも同時に展示しているあたりが、YAMAHAのニクいところ。
このオートバイがYAMAHAにとっていかに大事かってコトが、ヒシヒシと伝わってくる。
素晴らしい演出だ、これ。
a0222229_7573821.jpg


注目のKawasakiブース。
a0222229_758460.jpg

Kawasakiと言えばやはり、注目はNinjaH2R&H2。
予想通り…いや、期待通り、Kawasakiの目玉として展示されていた。
a0222229_7592134.jpg

他の国内3メーカーとは一線を画すデザインセンス。
最近のKawasakiはほんと、神がかり的なデザインをカタチにしてくるからすごい。
a0222229_835854.jpg

それと同時に、やはりマーケティング力で言えば国内メーカー内でもダントツ。
普通、突然こんなオートバイを出してくるか??
緻密なマーケティング力に基づいた秀逸な商品企画と、そこにGO!をかける経営陣の英断。
はっきり言って、こんなに面白いメーカーは他にない。
というワケで、H2は予想通りの人だかり。
たぶん、この会場内で一番の人だかりだったと思う。
a0222229_87594.jpg


最近は第三次オートバイブームだとか言われているけど、それを牽引するのはやはりこのメーカー。
HONDAが担う、メーカーとしての役割はかなり大きい。
a0222229_8123786.jpg

やはり目玉はコイツ。
こんなのをマジで市販するってコトに、まずは大きな賞賛があってしかるべきだろう。
聞けば、販売価格が2,000万円くらいだとか??
いったい、どんな人がコレを買っていくんだろか。
a0222229_8144442.jpg

そんな超絶マシンの隣りにちょこんと置いてあったナゾのオートバイ。
a0222229_817884.jpg

見るからに遊び心満載なこのオートバイ、名前はブルドッグという。
a0222229_8191592.jpg

大きさ的に原2くらいかと思いきや、とんでもない。
エンジンはCBR400用の直列2気筒がド~んと載せられていた。
a0222229_8204691.jpg

参考出品とのことだけど、その完成度から言ったらもう、これは市販化目前って感じかも知れん。
こういうバイクを作らせたら、やっぱりホンダはほんとに上手。
新しい価値観の提案。是非、市販化して欲しい。

その隣りにあった、なんかよく分からんオートバイ。
スッキリしていて、都会のもやしっ子草食系男子って感じ。
(よく分からんコメント)
a0222229_8232557.jpg


面白かったのがコレ。
フルバンクでコーナーをクリアしていくレーサーの展示。
a0222229_8254772.jpg

こうして見ると…、
a0222229_8264556.jpg

転倒スレスレって感じじゃん…。
a0222229_8262455.jpg

この人達ってほんと、スゲ~領域のところで走ってるんだなぁ…。
a0222229_8272541.jpg


あ、多聞恵美見っけ。
この後、マヒトも来るらしい。
a0222229_830930.jpg


試乗会会場の一角で、パトレイバーを発見。
a0222229_8304168.jpg

ずいぶんお金が掛かってるなと思ったら、どうやら映画で使われたセットらしい。
a0222229_8312863.jpg

聞くところによるとコレ、ほんとに自立するとのこと。
a0222229_8314641.jpg

ちょっと興味はあったけど、時間の都合上、見れず。残念。
a0222229_8321465.jpg

各メーカーのブース以外にも、東北地方の観光協会ブースや、
a0222229_8334361.jpg

二輪車協会的なブースなど、けっこう見どころ満載。
a0222229_833554.jpg

今年も十分、満喫したモーターサイクルショーだった。

14:30 大久保管楽器店へ。
店内の細かい部分に、管楽器専門店としてのアイデンティティが垣間見える。
a0222229_8374418.jpg

a0222229_8375113.jpg

そんなワケで、先日木曜日の試奏から丸二日。
悩みに悩みつつ、限定品であるエリック・ミヤシロ選定品のZORRO新品をGET!
a0222229_835849.jpg

これで、吹奏楽用としてのBACHと、DEXI&JAZZ用としてのZORROとの2本柱になるワケだ。
ワタシ的にはこれでもう完璧。

15:00 CASA新大久保店にて遅い昼食
a0222229_8401628.jpg


15:40 管楽器専門店DACへ。
a0222229_8405752.jpg

楽器を買ったばかりなのに、なぜここへ来たのか?
a0222229_8411832.jpg

それは、TPが2本入る楽器ケースを物色しに来たワケで。
ワタシ的にはキャスター付きっていうのが条件。
重いのを持つのは大変なので…。
元々、キャスター付きで2本入るケース自体がほとんどないとのこと。
唯一あるのが、ある海外メーカーの商品とのことだったんだけど、あいにくこの店舗には在庫が無かった…。

が、

その輸入販売元である会社が近くにあるとのことで、わざわざそこから持ってきてくれた。
最後の1台とのこと。次の入荷は未定で、おそらく数か月先とのこと。
いや~~、これはほんとラッキーとしか言いようがない。
a0222229_8454064.jpg


そんなワケで、新しい楽器ケースも同時にGET!
人生、時には思いきりが必要なんだと、しみじみ思うのであった。
a0222229_8473460.jpg


17:20 蘇我到着⇒楽団練習会場へ向け出発
a0222229_8484191.jpg


18:15 あっちこっちの渋滞を抜け、到着
a0222229_8491691.jpg


18:30 BACHとの初顔合わせ
異なる性質を持った2台が揃い踏み。
これからもどうぞ、よろしくです。
a0222229_8512514.jpg

ちなみに、こんな感じで収納できる。
a0222229_8502998.jpg


19:00 初見大会
市民音楽祭に向けた選曲を兼ねて、初見大会を敢行。
一通り吹いてみて、みんなで決めましょうと。

なんとなく持ってきたバックドラフトとか、
a0222229_8541012.jpg

なんとなく持ってきたシンフォニア・ノビリシア、
a0222229_8552365.jpg

なんとなく持ってきたモーツァルト・なんとかシンフォニー、
それらはあっさり落選。ま、そりゃそうだろな…(- -;
a0222229_8564282.jpg

最終的に、A.リードの古典的かつメジャーな1曲に決まった。

来週は、初のS先生ご指導の日。
いったいどんな指導をして頂けるのか、今から楽しみだ。

そんなこんなで、長い長い一日は無事終了。
23時前にはバタンキュー…。

おつかれさまでした。
by masa6-COMPASS | 2015-03-28 23:59 | 雑記 | Comments(2)
千葉駅近くで、久々にmasa6会(笑)を開催。
a0222229_2391241.jpg

なんやかんやで最終的には5名が集まり、なんやかんやで大盛り上がり。
みな年は近いが、会社は違う。
与えられた役職も違えば、やってる業務もまるで違う。
それでもこうして集まり、仕事のこと、家族のこと、遊びのこと、そして自分の将来のこと…。
いろんなコトを語り合う。
a0222229_2472644.jpg

それぞれに溜まってしまった汚れたものを、ちょっとだけ吐き出す。
なにか答えを求めているワケでもない。
結局は前に進むしかないことも分かっている。
ただ、時にはこうして羽を休め、自分が今立っている場所を改めて確認したり、せねばならぬコトに気付かされたり、まぁいろいろするワケだ。

日付が変わり月曜日が来れば、またそれぞれにそれぞれの場所で、いろんなモノと戦いながら、大事ななにかを守るためにガンバる。そう、明日も明後日もその翌日も…。

…とかなんとかやってるうちに、結局今夜も終電…。
帰宅したのは午前1時過ぎ。でもなぜか、このBlogは23:59(爆
a0222229_2415970.jpg


参加された皆様、おつかれさまでした。
また来月あたり、語り合いましょう。
by masa6-COMPASS | 2015-03-27 23:59 | 雑記 | Comments(0)
仕事の合間をぬって、新大久保にある大久保管楽器店に立ち寄り。
先週、ウチのバンドメンバーが、ヴィンテージもののTbを購入したお店だ。
a0222229_201089.jpg

ここに、ちょっと気になるメーカーの、気になる楽器がある。

それがコレ。
a0222229_2115920.jpg

新品にも関わらず、ラッカー仕上げが64,800円、銀メッキ仕様でも74,520円。
そして、あのエリック氏が選定したというモデルはなんと、99,360円。
なんて安いんだ、これ…。

これを作っているのは、1986年に台湾北部で設立されたHoxon Gakki Corpという会社。
この会社は、楽器メーカーから志をもって独立した技術者たちによって設立され、主にトランペットやコルネット、トロンボーンなどの楽器製造を行っている。
数多くの有名メーカーに楽器本体およびパーツの供給も行っており、その技術力の高さは世界中で高く評価されているらしい。

この価格で、果たしてほんとに機能的・音質的に問題がないのか。
プロプレイヤーの方々からの評価もそこそこ高いようだし(価格の割には…ってことかも知れんけど)、早速、試奏してみることにした。

用意して頂いたのは、ZORROモデルⅡと、エリック氏選定モデルのC-Lineという2つの楽器。
a0222229_2151556.jpg

ZORROモデルⅡは、チューニング管がスクエアとラウンドの2種類付いてくる。
これと、
a0222229_2182432.jpg

これ。
a0222229_2184199.jpg

これによって、微妙に吹奏感が変わるってのが特徴。
面白い発想だし、たしかに吹いてみたら若干、息の通り方が違ったように感じた。
音質的には、吹奏楽・JAZZ、なんでもオールマイティに行ける感じ。
音程も安定してるし、太い音でほんとによく鳴る…。
しかも、超吹きやすい…。
噂通りの楽器だ、これ。

エリック氏選定モデルは、支柱があるかないか。
チューニング管もその2種類が付いてくる。
細部の作り込みや使ってる部品も、こちらの方が見た目的にも上な感じだ。
a0222229_2203391.jpg

音質的には、やはりこちらの方が全然華やかな感じ。
予想以上にいい音する。
ワタシの場合、支柱はあった方がいいかも知れん。
それにしてもまぁ、よく鳴る楽器だ。

買う買わないは別として、この2台のうちどちらかを選ぶとなると、けっこう悩む感じだ。
台湾メーカー、あなどれん。
仕事の合間に来るだけの価値はあったかも知れん。
(と、軽く肯定しつつ…)

BACHを吹奏楽用と割り切って、エリック選定品をgetするってのも有りかも。



by masa6-COMPASS | 2015-03-26 23:59 | 音楽 | Comments(0)
昼食。
若い社員に誘われて入ったお店は、伝説のすた丼屋。
ちなみに、ワタシ的には初めて。

そのボリューム感と、ニンニクたっぷりかつ濃い目の味付けは、どちらかというと若者向けな感じ。そんな発言自体、若干ジジ臭いのは否めないが、ワタシ的に、そろそろこういう食べ物はキツくなってきたってことを改めて感じた。
a0222229_332620.jpg

夜になっても、まだ胃がもたれてる感じ…。なによりも、予想以上に入っていたニンニクによって、自分自身がすげ~匂ってるのが分かる。
これ、営業のサラリーマンだったりしたら、ヤバい領域の臭さではないだろか。ま、そういう人達はこんなの食べないか…(-_-;)

スタミナ丼。
その名に恥じない、ボリューミーな商品だった…。


by masa6-COMPASS | 2015-03-25 23:59 | 雑記 | Comments(2)
ウチのバンドでは最近、ヴィンテージものの中古楽器をGETするのが密かなブームである。
立て続けに二人のメンバーがGETし、より充実した音楽活動を満喫している。

詳しいコトはよく分からんけど、見るからにヴィンテージ感満載なA.Sax。
ただならぬオーラを感じさせるその佇まいは、持っているだけでも所有欲を十分に満たしてくれる。
a0222229_3293273.jpg

こちらは1970年代モノというTb。
状態も非常に良く、なによりも、購入したメンバーが嬉しそうに楽しそうに吹かれている姿がとても印象的だった。
a0222229_3303211.jpg

新しい楽器が増えるのってやっぱり、なんとなくワクワクするもので、それだけで楽器を吹くのが数倍楽しくなったりする。中古楽器の魅力は、経済的負担をなるべく軽くした上で、それらを気軽に手に入れられるところにあると思う。

ただ、中古品というと「前使っていた人の癖が…」とか、ある種のネガティブ発想が真っ先に立ってしまうのが正直なところ…。その点、TbのヴィンテージものをGETしたメンバーに聞いたところ、最近では分解・清掃・消耗品交換…など、多岐に渡る整備を行ってから販売するところも多く、中古品としてのリスクも最小限に抑えられている、とのことだった。

そのメンバーが購入した店舗では、中古楽器を販売するまでに、びっくりするくらいの整備を行っていた。サックスを例にすると、ここまで分解して歪みの調整とか消耗品の交換、ガタつきの修正、サビ取り…など、リペアに近い作業を行ってから販売する。
a0222229_3451586.jpg

興味のある方は、是非コチラもご覧ください。

こうして見ると、中古品の購入も選択肢として十分検討できるような気がしてくる。
実際、B♭管Tpはその数も多く、魅力的なモデルが多数揃っている様子。
a0222229_352714.jpg

写真で見る限り、中古品とは思えないクオリティだ。
a0222229_3523254.jpg

a0222229_3531058.jpg

クイーンブラス?
初めて聞いた。また新しい安価モデルなブランドだろか。
a0222229_3544332.jpg



中古楽器店。
近々、遊びに行ってみるかなぁ。
by masa6-COMPASS | 2015-03-24 23:59 | 音楽 | Comments(2)
東京メトロ創立10周年を記念して実施された、ラッピング車両コンテスト。
a0222229_4222439.jpg

なんと、912もの作品が寄せられたという。
3月中旬には、受賞作品をペイントした車両が走り出すとのこと。
遭遇する確率は相当低いであろうと思っていたら、本日いきなりその車両に出会った。
a0222229_4254565.jpg

一編成丸々ラッピングされていて、思わず度胆を抜かれた。
これ、実際に見るとかなり大胆、かつ超迫力。
ちなみに、↑このデザインは、小学校3年生の女の子の作品↓
a0222229_4272496.jpg

デザイン性の高い構成力と、ビビッドな色合いで精密に塗り込められたグラフィカルな作品は、もはやアートの領域。素晴らしい感性の持ち主だ。

それにしても、912もの作品の中から優秀な作品を選び出していく作業って、相当大変だろうと思う。一つ一つに作者の想いが込められているし、それぞれに表現方法が違ったりするから、それらを理解できないと務まらない。
a0222229_4364073.jpg

受賞に漏れた中にもきっと、ずば抜けて素晴らしいデザインがあったんだろうなと、勝手に思ったりする。他人には理解できないもの、その中にこそ、真実が隠されてたりするのだ!
(なんだ?それ)

ホムペで受賞作品を見ていると、あるコトに気が付く。
その「あること」とは…。
a0222229_4435866.jpg


今流行り(?)のキラキラネームっぽいのが、けっこう見られるってこと。
a0222229_4453838.jpg


ホムペに記載されているので、そのままココでも掲載してしまうが、フリガナがふって無かったらまず読めないだろ!ってのが、けっこう多い。
これもまた時代の流れなんだろうが、キラキラし過ぎていて、ワタシにはちょっと眩しすぎる。
名前が持つ印象と、それによる先入観で、この子はこんな子でこんな親なのかな?なんて、勝手にイメージが固定されてしまうような気が、しないでもない。

いずにれしても、銀座線に乗るのがちょっとだけ楽しみになった。
ま、この編成に出会う確率は相当低い気もするけど…。
by masa6-COMPASS | 2015-03-23 23:59 | 雑記 | Comments(2)
最近、やたらとクシャミが出るのは、いよいよ花粉症デビューってコトなんだろか。
これが毎日続くと思うと、ちょっと憂鬱…。
ま、もうちょっと様子を見てみよう。

久々に北浦へ。
a0222229_23591875.jpg

湖畔を眺めながら、ボケ~~っとするのが最近のお気に入り。
あまりの暖かさと気持ち良さに、今日はほんとにココで昼寝してしまった…。
a0222229_01039.jpg

毎日あくせくと働いている自分にとって、こういうスローな時間も時には必要だったりするのだ。
a0222229_023450.jpg


ふと、湖畔を散歩…って言うか、ウォーキングしているおじいちゃんから声を掛けられた。
「SHOEIのヘルメット、使ってくれてるんだね」と。
聞けばこのおじいちゃん、15年前までSHOEIの江戸崎工場で働いていたとのこと。
20年ほど勤め上げ、定年退職したのが15年前とのことなので、御年75歳前後ってトコだろか。

塗装ライン担当とのことで、毎日が「ゴミ」や「ほこり」との戦いだったそうだ。
ちょっとしたコトで不良品になってしまうので、かなり神経を使うらしい。

自衛隊からのオーダーもあり、戦闘機用のヘルメットも作っていたそうだ。
戦闘機用のそれは、軽量かつ小型化された上に、通信機器やその配線等も仕込むことからかなりの技術を要するし、費用もひとつ何十万とかになるらしい。
a0222229_055228.jpg


SHOEIのヘルメットは、それらの技術がフィードバックされているとのこと。
そう言えば、araiに比べてSHOEIの方が機能性に優れているような気がしないでもない。
a0222229_059410.jpg

a0222229_0591463.jpg


SHOEIのヘルメットを使っている方を見ると、今でも心から「ありがとう」と思うそうだ。
そう言って目を細める姿がとても印象的だった…。

ヘルメットひとつ取っても、いろいろなドラマがきっとあったんでしょうね。
これからも大事に使わせて頂きます。
a0222229_019382.jpg

…っていうか、こんな場所でこんな人に出会うとは…。
人生、なにがあるか分からんもんだ。

その後、鹿島神宮へと立ち寄り。
今年一年の無事故無違反・無病息災・商売繁盛をお祈りしてきた。
a0222229_0284588.jpg

きっと、思いは伝わったと思う。(幸せなやつ)
a0222229_0305826.jpg


そして夜はバンド練習。
a0222229_033513.jpg

楽団の練習もあったんだけど、コチラの本番が近いので本日はお休みさせて頂いた。
a0222229_03401.jpg

構想一年。遂に完成したオリジナルポロシャツ。
a0222229_0384265.jpg

着てみるとこんな感じ。
う~む…。サイコー!
a0222229_042264.jpg

送られてきた紙袋に貼られた「柄:やってもいいですか」ってのがまた泣かせるぜ。
a0222229_035652.jpg

ともすれば、自分の技術や音楽の押し売りになりがちなこの世界。
自己中心的かつ自己満足的な音楽では、なにも人には伝わらない。
それでもいいというのであれば話は別だけど、アマチュアな自分達にとっては、「やってもいいですか?」って伺ってしまうくらい謙虚な姿勢で音楽に向き合い、自分達の出来る最大限のパフォーマンスをもって、聴いてくれる方々に音楽を届けて行く。

そんな想いとコンセプトが、この一行に込められているのだ。(そうなの?)
a0222229_0493626.jpg

なぜパンダかって?

それは…。
そこにパンダがいたから。(意味不明)