<   2017年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

早いもので、本日で2017年の3月も終わり。
もう二度と、2017年の3月はやって来ない。(そりゃそうだ)

週の初めは体調悪化で死ぬ思いをしていたにも関わらず、金曜日になったらもうこんな。
カウンターで一人、仕事のこと、家庭のこと、楽団のこと、オートバイのこと、音楽のこと…。
いろんなことを考えながら飲んでます。
a0222229_11472619.jpg


私が生きた「今日」は、もっと生きたかった誰かの「明日」。
そんなフレーズを思い出した。

もし明日、自分が死ぬと分かっていたら、自分は一体どんな行動をするんだろか…。
…なんてことを思いつつ。
「今日が自分の命日」だなんて夢にも思わず、その瞬間を突然迎えた人達の悔しさは、朝がくることが当たり前と捉えているような自分にとってはきっと、一生分からないだろう。
だからこそ、今この瞬間を大事にする。
飲んでばっかだし、音楽ばっかやってるけど、出来る限りそんな風に生きる。


ふと気が付いた。
先日の突発的北陸旅行、
a0222229_1278100.jpg

初上陸した富山県と石川県をもって、
a0222229_128230.jpg

遂に、47都道府県を全制覇したことに。
a0222229_129311.jpg

そのことをなにかの目標にしていればおそらく、もっと早い段階で達成は出来たと思うし、得も言われぬ達成感を味わうことが出来たはずだろうけど、気付いたら達成!みたいなアプローチでも十分、感動は得られたりする。


生きるということは即ち、死に近付いているということ。
自分がその瞬間を迎えた時、やり残したことがあったとしても、精一杯生きたと思えるような毎日にする。
自分の人生に意味を持たせることが出来るのはやっぱり、自分でしかない。
by masa6-COMPASS | 2017-03-31 23:59 | 雑記 | Comments(0)
某所で見かけたバイク置き場の案内サイン。
a0222229_2335987.jpg

これって一体、なんのバイクをモチーフにしたのか、とっても気になる…。
(四輪バギーにしか見えん…)
あまりにも体調が悪かったため、午前中は自宅静養。
完全に腹に来ている…。会議をひとつ、すっぽかしてしまった…。

午後は、どうしても外せない打ち合わせが新宿と調布でそれぞれ1件ずつ。
逃げ道のない電車はやめ、死にそうな形相でマイカー出勤。
新宿とか、
a0222229_228467.jpg

調布とか、
a0222229_2302484.jpg

気合いで乗り切る…。
by masa6-COMPASS | 2017-03-28 23:59 | 雑記 | Comments(0)
昨夜のラーメンがあたったか、午後から急激に体調が悪くなる…。特にお腹がやばい。
やはり、あの時感じた苦味だろか…。

そんな状態にも関わらず、この日は取引先との飲み。
腹は痛いし寒気はするしで、よっぽどキャンセルしたかったけれど、飲み物はアルコールではなく烏龍茶でしのぎつつ、なんとか踏ん張った…。
a0222229_2234268.jpg


飲み会終了後、さらに腹の具合いが悪化。
いつもの快速ではなにかあった時に対処不能となるため、特急で帰宅。
先方から頂いたお土産は、松山の貴重なタルト。
a0222229_2253162.jpg

おつかれさまでした。
by masa6-COMPASS | 2017-03-27 23:59 | 雑記 | Comments(0)
毎年恒例の、街の小さな演奏会に参加。
a0222229_285722.jpg

今年も、ワタシのファン!と公言して下さるおじいさんから、握手と一緒にカフェオレを頂いた。
毎年毎年、ありがとうございます!
先日はお手紙まで頂きまして…。
いつもはBOSSでしたが、今回はWONDAなんですね。初です。
a0222229_294668.jpg

本番終了後、15名ほどで軽く打ち上がる。
たとえお酒は入らずとも、こういう場で仲間といろいろ語れるってのは楽しいし、なんとも幸せなことだ。皆さま、お疲れさまでした。
a0222229_2115254.jpg

そして夜は3週間振りにBAND練習。
a0222229_213311.jpg

Perメンバーが、また新たな楽器を衝動買いしたらしい…。
なぜにピアニカ…?(- -;
a0222229_214339.jpg

帰宅途中、「今夜はどこぞかで飯を食べてきんさい」との命令があった為、久々に安っぽいラーメンが食べたくなり、幸〇苑へ。
a0222229_2154653.jpg

久々に食べたけど、やっぱり安っぽい味だった…。(個人的感想)
この日はなんとなく、途中から変な味がした。
苦味というかなんというか。(この続きは翌日へ)

そんなこんなな日曜日。
by masa6-COMPASS | 2017-03-26 23:59 | 音楽 | Comments(0)
東京モーターサイクルショーに行ってきた。
a0222229_5593149.jpg

先週末は大阪で開かれていたとのことなので、実質4日間で大阪会場搬出⇒移動⇒東京会場搬入・設置…って、けっこうタイトなスケジュールだったと思う。
a0222229_613567.jpg

まったく個人的ではあるけれど、今年の印象としては…。
◆HONDA
本気度 75%
楽しめる度 30%
期待度 65%
HONDAブースはとにかく、人がスゴかった…。
↓身動きすらままならず…。
a0222229_634423.jpg

目玉となる車両が床に直置きということもあり、手に触れて見れるというメリットはあるものの、人が群がる、良く見えない、全体としてのスタイルが確認しづらい…等々、デメリットの方が多かったように思う。
a0222229_66434.jpg

マニア垂涎、モンキーの初期型をモチーフとした車両。
たしか、これでモンキーは製造終了とか…。
a0222229_672021.jpg

メーカーが初めからこういうの出すっていうのも、時代が変わったというか…。
運転しづらそう…。(でもきっと、それがいいんだろうと思う)
a0222229_68013.jpg

写真撮り忘れたけど、CBR250RRもなかなかの人だかりだった。
HONDAとしての威信をかけて作られた車両って感じだったけど、なんていうか、「インディペンデンスデイ」に出てくるエイリアンみたいな不気味な雰囲気と、あちこち尖ったデザインがなんというか、怖すぎる。ま、元々オートバイなんてものは、一般の人から見たらそんな存在なのかも知れないけれど…。

それにしても、倒立フォークとか、あそこまでの機能が要るんだろうか…。
4メーカーによる熾烈な競争の構図は、往年のレプリカブームを見ているよう。
その行き着き先は周知の通り、ユーザーを置き去りにしたことによって招いた「衰退」でしかない。
同じテツを踏まぬよう、メーカー全体としてこのブームをどう「育てていくか」を考えて欲しい。

◆YAMAHA
本気度 65%
楽しめる度 30%
期待度 55%
やりやがった…(- -;
ワタシの印象はこれに尽きる。
(あくまでも個人的な感想)
せっかくいいデザインとコンセプトを持っていたのに、マイナーチェンジしたこの姿は一体…。
a0222229_6195383.jpg

完全に、目は海外を向いている気がする。
往年のRZをモチーフにしたカラーリングでごまかそうたって、そうは行かない。
a0222229_62120100.jpg

MTシリーズの上位機種に与えられたこの顔付きがどうにもこうにも…、
a0222229_6242874.jpg

バンブルビーか、
a0222229_6251246.jpg

いなかっぺ大将に出てくる、にしはじめに見えてしまう…。(古っ)
a0222229_6253870.jpg

YAMAHAのデザインは何というか、他のメーカーにない「洗練されたオシャレ感」があったように思うが、今回のMTシリーズはちょっとやり過ぎだと思う。少なくとも、ワタシは付いていけん…。
これでもう、自分の中で「MT09」は新車としての購入対象から完全に外れた。
乗れば楽しいんだろうけど…。

◆SUZUKI
本気度 95%
楽しめる度 95%
期待度 100%
今年のSUZUKIはいい!
ニューモデルが目白押し。
それに、お客さんを楽しませようという想いが、形となって(企画となって)表れている。
a0222229_6305159.jpg

ニューモデルとなる、GSX-S750
a0222229_6313114.jpg

2年くらい前に先行デビューした、GSX-S1000の弟分。
a0222229_6322424.jpg

GSR750との関係性は?というツッコミを入れたくなるところではあるけれど、仮にGSRで失敗した箇所があったとすれば、GSX-Sというこの新たなブランドとラインナップでそれらを修正し、今後の戦略へと結びつけていける…という点では、こういう選択は正しいと思う。
a0222229_635572.jpg

やっぱりSUZUKIは「GSX」、このブランド力を生かすべきであるし、750ccという排気量に拘っているところも、SUZUKIらしくて良い。右にならえ的な世の中において、メーカーとしてのこのような「こだわり」とか「姿勢」を貫くってのは、ほんとに素晴らしいと思う。
これは、SUZUKIが30年前に出したGSX-R750のコンセプトをずっと大事に持ち続けている…ということに他ならない。是非これからも末永く、「750cc」という排気量を大事にしていって欲しいと思う。
a0222229_6422914.jpg

ニューマシン、GSX250R
遂に出たか。
a0222229_6454457.jpg

これを見ると逆に、GSR250くん、これまでごくろうさまでした、とワタシは言いたい。
あのバイクはよく頑張った。
話は戻り、GSX250R。
コイツの販売価格はなんと、税抜きで50万円を切っている。
まずはこの部分を評価すべきだと思う。
a0222229_6474235.jpg

メーカーの技術力的パフォーマンスの末、あのCBR250RRはいったい、いくらになるんだろか。
(予想では70万とか言ってたような…)
それに比べて、この価格。

そもそも、なぜこのクラスがブームになったのか。
それは、スタイリッシュなフルカウルをまとったカッコよさと機能性の高さ、それでいて速さだけを追求したワケではなく、街乗りやツーリングを卒なくこなし、オートバイ本来の楽しさに気付かせてくれる乗り味に加え、車検のない250ccという気軽さと、海外生産による安価な価格設定という、多種多用な要素を上手に組み合わせ、高い付加価値と道具としての機能性・バランスを保った商品として世に出た時、たくさんの人達にそれが受け入れられた。
これが今の250ccブームの正体であり、このスキームを作ったのがKawasaki Ninja250なのである。今は、ユーザーにとってもっとも大事な「価格」の部分だけ、コンセプトが崩れている。
(つまり、高騰しているということ)
そこへ来て、最後発でありながら、最初のコンセプトを忠実に守ってデビューさせたところに、まずは拍手を送りたい。SUZUKI、えらいぞ!

そしてもう一つ。
SUZUKIの新たなブランドとして定着しつつある、Vストローム。
ここに、シリーズ末弟となる250ccモデルが加わった。
これもまた、うれしいニュース。
a0222229_714617.jpg

a0222229_73327.jpg

Ninja1000の直接ライバル、GSX-S1000F。
デビューから2年くらい経っているにも関わらず、まだまだ新鮮さを失わない。
これ、意外といいかも。
なんと言っても、足付き性が良い。ワタシにとってはここ、重要なPOINT。
a0222229_774475.jpg

今年のSUZUKIはほんと、いいと思う。
是非、頑張ってほしい。

◆Kawasaki
本気度 50%
楽しめる度 50%
期待度 50%
今年のKawasakiは元気が無かった。
前回はH2にすげー人だかりが出来ていたけど、今年はもう見慣れたのか、そんなこともなく。
新しいモデルと言えば、マイナーチェンジしたNinja1000と、
a0222229_71047.jpg

ベリシス250くらい。
ちょっと地味ではある。
a0222229_7101972.jpg

あ、あとZ650なんてのもあったけど、要はER-6nへの先祖帰りみたいな感じで、ワタシ的にはイマイチ魅力を感じなかった。写真も撮り忘れたくらい。(↓画像はER-6n)
a0222229_7142956.jpg

Ninja250もそろそろモデル末期が近付いてきてるし、NinjaもZもある程度ラインナップが揃ったこのタイミングで、これからどのような戦略を打ち立てていくのか。
そこに注目である。
Kawasakiらしい、なにか大きなコトを企んでいるような、そんなコトを期待する。
そんなワケで、2日目。
まずは、朝の富山市内をプラプラと散歩。
a0222229_1175333.jpg

ふらふらっと富山城へ。
a0222229_1201976.jpg

富山城の正式名称は「富山市郷土博物館」。
元々あった富山城は焼失しており、この天守閣は昭和29年に竣工した、いわゆる「模擬天守」ということになる。
とは言え、もう60年以上にもなるワケで、それはそれで立派な建造物であり、何気に戦災復興期を代表する建築物として、国の登録有形文化財に登録されていたりする。
a0222229_165897.jpg

館内には貴重な資料や展示物が盛り沢山。
a0222229_344274.jpg

a0222229_3444033.jpg

a0222229_346884.jpg

a0222229_3454134.jpg

天守閣からは富山市内が一望できる…、
a0222229_34648100.jpg

…というワケではない。
意外と高さが無いため、ビルに囲まれた感の方が強い…ような気がする。
a0222229_3493665.jpg

そんな富山城を後にし、
a0222229_3502594.jpg

次に向かう先は、食の宝庫「氷見市」。
a0222229_3513844.jpg

氷見をいろいろとググっているうちに、藤子不二雄(A)氏の出身地であることが判明。
更に調べると、藤子不二雄(F)氏は高岡市出身であることも分かった。
お二人ともに富山県出身だったとは知らなかった。
高岡市は、富山市から氷見市へと向かう途中にある。
a0222229_403189.jpg

その高岡市には、藤子不二雄(F)氏のギャラリーもある…とのことで、興味本位で早速立ち寄ることにした。

富山県第二の都市、高岡市。
市内を走る路面電車には、ドラえもんのキャラが描かれていた。
色合いもどことなく、ドラえもんっぽい…。
a0222229_358081.jpg

藤子不二雄(F)氏のギャラリーがある、高岡美術館に到着。
a0222229_433612.jpg

早速、ドラえもんがお出迎え。
a0222229_441040.jpg

館内は基本的に撮影不可。残念。
貴重な原画等が数多く展示されており、ファンでなくてもかなり楽しめる。

一部、撮影OKエリアもあったので、展示物をテキトーにUP。
a0222229_464128.jpg

a0222229_475246.jpg

キテレツ大百科の、貴重な原画。
a0222229_474351.jpg

a0222229_481598.jpg

a0222229_48576.jpg

ドラえもんも。
a0222229_484058.jpg

a0222229_485755.jpg

a0222229_49683.jpg

a0222229_491672.jpg

もっと古い、貴重なものも。
a0222229_494343.jpg

a0222229_495355.jpg

普段のあの音楽活動(吹奏楽、ウクレレ、BAND…等)やオートバイなど、自分の趣味を追及すればするほど、危険水域に近付いていくものがある。

それが、「家族の理解」…(- -;

こことのバランスをどう取っていくかが、いろんな意味でとても重要。
…というワケで、この3連休は、今後の音楽活動その他もろもろを円滑に行うための布石として(?)、突発的家族旅行に出掛けた。

行先は北陸方面。
a0222229_323326.jpg

初日の今日は、取り急ぎ富山県に上陸。
北陸新幹線「かがやき」を使えば、東京から2時間程度で到着できる。
これを近いと取るか、遠いと取るかは、あなた次第。(なんだ?それ)
a0222229_331115.jpg

ちなみに、富山県は自分的に初めて来た。
市内は路面電車がかなり充実。
a0222229_351275.jpg

新幹線駅直結の便利さ。(いやたぶんきっと、便利だと思う)
a0222229_354642.jpg

最新型とおぼしき、なかなかカッコいいのも走ってたり。
a0222229_36938.jpg

駅付近をぷらぷらと…。
ちなみに、富山はICOCAエリア。
a0222229_395662.jpg

美味しそうなクリームパンを発見。
a0222229_3105762.jpg

購入したら、卵をもらえた…。
すげーサービス…(- -;
a0222229_3114375.jpg

お昼はやっぱり、海鮮系できまり。
富山湾で獲れた豊富な海の幸。
a0222229_372912.jpg

ちなみに、富山は今はまさにホタルイカが旬。
そんなホタルイカをしゃぶしゃぶで頂く。
a0222229_382288.jpg

美味し…!
a0222229_384176.jpg

路面電車を眺めながら、これまた富山の特産である白エビの天ぷらを頂く。
これまた、美味し…!
a0222229_392850.jpg

レンタカーをGETし、あっちこっちをぷらぷらと…。
雄大な景色に、思わず感動。
a0222229_3154390.jpg

怪しい飲食店に遭遇。
その名も、日本海食堂。
a0222229_3161273.jpg

仮免許ナンバーのパトカー…??
a0222229_3164497.jpg

うわ…。
なんだ?あれ…。
a0222229_3171189.jpg

ちょっと覗いてみる…。
茨城にある「ケネディ電気」を彷彿とさせる、怪しい店内。
こりゃヤバい…。
a0222229_319022.jpg

どうやらココ、昭和感満載ななつかしのドライブイン的食堂らしい。
a0222229_3204635.jpg

人の良さそうなご主人に聞いてみたところ、昼の営業終了まであと5分…とのことで、
a0222229_3211974.jpg

ではとりあえず、この怪しい素晴らしいコレクションの数々を写真に収めることの許可を頂き、あっちこっちと撮りまくってみた。

山口百恵とか、
a0222229_324324.jpg

ペコちゃんとか…、
a0222229_3242552.jpg

立ちんぼ警官…??
a0222229_324555.jpg

これ、たまに見る…。
a0222229_3253973.jpg

???
a0222229_326230.jpg

うなだれた犬。
a0222229_3275449.jpg

マヨネーズキャラ。
a0222229_3282438.jpg

セサミストリート。
a0222229_3284510.jpg

ちょっといろいろ有り過ぎて、
a0222229_3291333.jpg

消化しきれん…。
a0222229_3294341.jpg

建物の外も、
a0222229_332546.jpg

ぬかりなし。
a0222229_3323019.jpg

富山のB級スポットとして、ココはおすすめかも。
a0222229_3331413.jpg

昔懐かしい街並みが残るエリアを探索。
a0222229_3333737.jpg

a0222229_3341965.jpg

a0222229_3343394.jpg

a0222229_3344439.jpg

a0222229_3345872.jpg

a0222229_3351144.jpg

今や貴重となったレーサーレプリカ、YAMAHA FZRに遭遇。
なつかしのゴロワーズカラー。
a0222229_336352.jpg

日本海に沈む夕日。
このうっすらと陰った感じが日本海っぽい。
a0222229_3374620.jpg

米騒動発祥の地…??
a0222229_3385711.jpg

a0222229_3391030.jpg

なんとなく、魚津市までやって来た。
a0222229_3394588.jpg

魚津の台所、市内の某ショッピングセンターへ。
a0222229_3403063.jpg

さすが、海鮮系の充実度は半端ない。
a0222229_341396.jpg

a0222229_3431811.jpg

ズワイガニがなんと、580円。
a0222229_3432993.jpg

そしてやっぱり、ホタルイカ。
a0222229_3435492.jpg

それに伴い、酢味噌系も充実。
a0222229_3443297.jpg

なぜか、豆腐系もけっこう充実。
a0222229_3464992.jpg

かなりのスペースを占領する。
a0222229_3473023.jpg

他にも、いろいろと。
納豆は極端に種類が少なかった。
あまり売れないのかも知れない。
a0222229_3481489.jpg

カウヒー??
a0222229_3485934.jpg

いろんな発見があって面白い。
旅行に行ったら、その地元のスーパーに行ってみることを是非、おすすめしたい。

夜は再び富山市内へ。
夕食は、創業60年という富山ブラックラーメンを。
a0222229_3504599.jpg

すき焼きのように、溶いた卵に付けて食べる。
けっこう、味が濃い…。
a0222229_3513514.jpg

夜の富山城を散策。
a0222229_352066.jpg

a0222229_3521797.jpg

a0222229_352301.jpg

a0222229_3524152.jpg

市内をぷらぷらと…。
a0222229_353480.jpg

a0222229_3531658.jpg

a0222229_3532794.jpg

ちんどんコンクール…?
気になる…。
a0222229_3535895.jpg

レンタサイクル。
a0222229_3541428.jpg

そんなこんなで、本日は終了。
明日は金沢方面に向かう。(予定)
昨年の卓上栽培トマトに引き続き…、
a0222229_4594100.jpg

先日、ホームセンターで衝動買いしてきた植物がコレ、パセリ。
a0222229_459456.jpg

トマトに比べたら相当地味だし、卓上で栽培する意味もよく分からない。
がしかし、このなんというか、決して主役ではないけれど、いろいろな場面において「名脇役」としてしっかり働く存在感と、着実に根を張り成長していく姿に、なんとなく惹かれた。

パセリのような存在感に、ワタシはなりたい…。


(そうか?(- -; )
by masa6-COMPASS | 2017-03-17 23:59 | 雑記 | Comments(0)
突然だけど、こんな青椒肉絲(チンジャオロウスー)は初めて見た。
激しく美味し…!
a0222229_4144925.jpg

二日間に渡る社内的な行事が無事終わり、まずはホッと心をなで下ろす…。
酒が美味い…。
a0222229_4161969.jpg

進む進む。
a0222229_416378.jpg

もう明日は金曜日。
今週は異常に早かった…。



なんとも脈絡のないBlog…。
by masa6-COMPASS | 2017-03-16 23:59 | 雑記 | Comments(0)