<   2018年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

朝の飲み屋街をプラプラと…。
a0222229_1364748.jpg

昨日といい今日といい、コンクリートだらけの場所にいるとなんだか、息苦しくなってくるのは気のせいだろか…。あー、バイク乗ってどっか行きてー。
a0222229_149733.jpg

( ↑ この写真は以前撮ったもので、今日どこかに行ってきたワケではありません)

本日の昼食は、寂しく牛丼中盛。
中盛ってたしか、肉多めだったはずなんだけど、なぜか下のご飯が見えてます…(- -;
どう考えても、アンダーポーション…。そして、なんとも雑な盛り付け。
こんなことにいちいちクレーム付けて、「ちーせー人間だな」とか思われるのもアレなんで、結局なにも言わず、黙々と食べる今日この頃…。世の中、なにが正しいんだろか…。
a0222229_140367.jpg

そんなこんなで、本日も終了。
a0222229_1494862.jpg

そして今夜も、総武線快速新小岩駅で人身事故。
この駅はあまりにも人身事故が多い為、その予防としてホーム全体を青色の照明で照らしている。なにやら、防止のために良いらしい…が、今のところ、効果はあまり見られていない。
a0222229_1542860.jpg

その勇気を、生きる力へと変換してほしい…。
by masa6-COMPASS | 2018-01-31 23:59 | 雑記 | Comments(0)
本日は、12時00分から18時00分の間に、オフィス⇒渋谷区内⇒横浜市港北区⇒大和市2か所⇒横浜市瀬谷区⇒オフィス帰社…という、けっこうハードなスケジュールを社有車でこなす。
a0222229_8572795.jpg

オリンピックに向けて急ピッチで建設が進む、新国立競技場。
そう言えば、最終的にどんなデザインになったんだっけな…。
…って言うか、クルマ超きたねー。
a0222229_8571652.jpg

そんなこんなで、
a0222229_858111.jpg

あっちこっちを、
a0222229_8581336.jpg

スルスルっと走り抜け、
a0222229_8582570.jpg

本日のミッションは無事、
a0222229_8583983.jpg

終了。
あっという間に1月も終わる…。
by masa6-COMPASS | 2018-01-30 23:59 | 雑記 | Comments(0)
会議漬けな月曜日は、心も体もすげー体力を使う。
気力は十分、この3日で補充したにも関わらず、体力が付いていかず…。
帰りは、スタッフの運転するクルマに便乗して帰宅…。
a0222229_8523711.jpg

ねむい…。
by masa6-COMPASS | 2018-01-29 23:59 | 雑記 | Comments(0)
旅行記も、3日目まで来るとだんだんテキトーになってくるワケで。
a0222229_4491770.jpg

朝一で向かった先は、
a0222229_4493790.jpg

日本最古の神社と言われている、伊弉諾神社。
a0222229_450188.jpg

a0222229_4501118.jpg

a0222229_1314660.jpg

a0222229_1315721.jpg

a0222229_4504674.jpg

a0222229_4505911.jpg

a0222229_4511818.jpg

その後、もう10年くらい前から個人的な調査対象であった「淡路島農民車」を調査すべく、
a0222229_455763.jpg

a0222229_454551.jpg

資料館へ。
a0222229_4552769.jpg

ここには、その原型となったブツが置いてある。
…が、あまり有力な情報は得られず。
受付の兄ちゃんによると、特に南淡方面で白菜の収穫時などに良く見られるとのこと。
そうなのかー。
いつの日か、実際にマジカで見てみたい&触れてみたいもんです。
農民車とは⇒コチラ
a0222229_4592358.jpg

そう言えば、今から17年前に一度、淡路島を一周したことがあったのを思い出しました。
その時のテキトーな記録がコチラ
なつかしのミストラル号。
この頃はたしか、三ノ宮に住んでました。

そんな淡路島を後にし、
a0222229_53270.jpg

明石海峡大橋を渡り、
a0222229_5320100.jpg

一気に本州へ。
a0222229_533223.jpg

定刻通り、11時過ぎにクルマを返却し、三ノ宮から電車に乗ります。
a0222229_54556.jpg

a0222229_541530.jpg

新快速に乗り、51分かけて移動した先は、
a0222229_543967.jpg

京都。
a0222229_545053.jpg

さっきまで淡路島にいたのが、にわかに信じられん…。
a0222229_551244.jpg

一日バス乗車券500円をGETし、
a0222229_553546.jpg

あっちこっちをプラプラ。
寒いと思ったら、なんと雪が…。
a0222229_571949.jpg

定番の三十三間堂。
a0222229_56778.jpg

圧巻な内部の様子は撮影禁止。残念…。
a0222229_563035.jpg

八坂神社。
a0222229_564548.jpg

a0222229_565837.jpg

a0222229_575444.jpg

結婚式(神前式)が行われていました。
a0222229_582928.jpg

a0222229_584079.jpg

a0222229_58534.jpg

市内をぷらぷら。
ちなみに、京都は3か月ほど住んでいたことがあります。
a0222229_510649.jpg

a0222229_5101845.jpg

ここは中間ツーの時にも来たなぁ…。
a0222229_5103936.jpg

a0222229_5105047.jpg

a0222229_511037.jpg

先斗町で、廃校になった小学校に遭遇。
a0222229_5121268.jpg

1Fにカフェがあったので、ここで小休止。
a0222229_5132530.jpg

撮影OKの許可を頂いた上で、あっちこっちをパシャっと。
a0222229_514765.jpg

a0222229_5142649.jpg

a0222229_5143792.jpg

んー、なんとも絵になります。
a0222229_5145113.jpg

再び、市内をプラプラと…。
a0222229_5153160.jpg

a0222229_5154356.jpg

a0222229_5161264.jpg

a0222229_516229.jpg

a0222229_5163592.jpg

本能寺。
a0222229_5173377.jpg

a0222229_5174324.jpg

a0222229_5175480.jpg

a0222229_518713.jpg

そんなこんなで、
a0222229_5182045.jpg

軽く京都観光を満喫したところで、
a0222229_5184070.jpg

京都駅へ。
a0222229_5185597.jpg

a0222229_519975.jpg

18時26分発ののぞみにて、東京へ。
a0222229_5194852.jpg

車内で写真整理していたら、あっという間に東京に到着。
a0222229_5201325.jpg

22時前に自宅着。

欠航から始まった今回の旅。
終わってみれば、なかなか充実した3日間でした。
さて。次はどこへ行こうか…。
大寒波襲来中…というコトで、天気はいいけどむちゃくちゃ寒い。
a0222229_3263444.jpg

ホテルから市内を臨む。
中央に見えるのが、
a0222229_32711100.jpg

阿波踊り会館。
その裏手の山が、
a0222229_3273585.jpg

眉山。
いわゆる、徳島の定番観光スポット。
岡山に住んでいた頃に一度、来たことがあります、そう言えば…。
定番というだけあって、ココはおすすめです。
a0222229_3291531.jpg

…が、今回は時間の関係上、この定番スポットには寄らず、
a0222229_330057.jpg

まず最初に訪れたのがコチラ。
a0222229_3302041.jpg

たった1分で山頂まで行ける、日本一低い山。
その名も「弁天山」。んー、マニアック…。
a0222229_331356.jpg

徳島市方上町にある弁天山は、標高なんと6.1m。
国土地理院発行の地形図に記載されている自然の山としては、日本一低い山…とされています。そんな小さな山ですが、実は何気に、毎年6月には地元保存会により山開きも行われるという、れっきとした「山」。
a0222229_332867.jpg

実は「日本一低い山」として名乗りを上げているのは、弁天山だけではありません。
a0222229_3324695.jpg

全国にはこれだけの「自称 日本一低い山」があるそうです。
大阪の天保山……標高4.5メートル。
秋田県大潟村の大潟富士……標高0メートル。
香川県東かがわ市の御山……標高3.6メートル
宮城県仙台市の日和山……標高6.1メートル
大阪府堺市の蘇鉄山……標高6.1メートル

人工か、自然のものか、国土地理院地形図に掲載されているか否か、海抜も考慮に入れるのか…。
どの山が一番低いのか現在もはっきりしていないのは、そもそも「山」の定義とは何かがはっきりしていないから…らしいです。いろいろと難しい問題があるんですねー。
a0222229_3354146.jpg

そんなワケで、早速登頂開始!
a0222229_336882.jpg

わずか1分で頂上に到達。
階段を登り切った頂上部には、厳島神社という小さなお社が祀られていました。
a0222229_336388.jpg

おみくじはこちら?開けてみると…、
a0222229_338944.jpg

おー…(- -)
a0222229_339113.jpg

外観からは想像もつかないコトになってました。
a0222229_3382819.jpg

a0222229_3394784.jpg


a0222229_1134027.jpg


ここ、福山雅治さんも登頂されたことがあるそうです。
せっかくなので、おみくじを。
末吉という、なんとも中途半端な結果でしたが…。
a0222229_1141576.jpg

そして、下山。
所要時間、30秒…。
a0222229_3455624.jpg

隣接する直売所を散策。
a0222229_345722.jpg

10個以上入って100円というすだちを衝動買いしたところで、
a0222229_3475571.jpg

次へ向かいます。
a0222229_3481328.jpg

到着したのは、徳島県勝浦郡勝浦町にある、道の駅ひなの里かつうら。
その土地土地を知る為に、道の駅は外せません。
a0222229_349254.jpg

駐車場の一角に、休憩所のようなものが。
a0222229_3572069.jpg

良く見たらこれ、お遍路さん用の休憩所とのことでした。
さすが四国。
a0222229_358735.jpg

中を覗くと、毛布などが置かれていました。
お遍路さんに対する、地元の方々の温かい心遣いが伝わってきます。
a0222229_359022.jpg

勝浦町は、別名「みかんの町」と言われているだけあって、その数は半端なかったです。
a0222229_3512035.jpg

興味深かったのは、鮮魚。
関東ではあまり見ない魚たちが売られていました。
a0222229_3515945.jpg

a0222229_3532063.jpg

あゆの寿司。初めて見た…。
a0222229_3534142.jpg

それにしても、
a0222229_3535740.jpg

すべて背開き+お頭付きっていうのが斬新。
所変わればなんとやら。面白いもんです。
a0222229_35501.jpg

来月には大きなひな祭りが開催されるようです。
そう言えば、千葉県の勝浦市でもビッグひな祭りっていうイベントがあったような。
同じ「かつうら」という名前で共通のイベントっていうのは、なにか関係性があるんでしょうかねー。
a0222229_3564380.jpg

町の至るところで、ひな人形を見ることが出来ます。
例えば、小さな中古車屋さん。
a0222229_414594.jpg

ダッシュボード上には、大量のひな人形が…。
a0222229_4265.jpg

道路沿いにも…。
a0222229_424616.jpg

a0222229_42585.jpg

a0222229_432076.jpg

a0222229_43337.jpg

写真を撮ってたらおばあちゃんに声を掛けられた。
スゴイのがあるので、付いて来い!とのこと。
a0222229_441649.jpg

元薬局だった建物内には、立派な7段飾りのひな人形が…。
a0222229_472248.jpg

他にも、壁一面に。
これはたしかに、すごい。
a0222229_474871.jpg

この花も手造りだそうです。
a0222229_48856.jpg

家族と共に成長を見守ってきた大切な雛人形。
全国からも数多くの問い合わせがあり、毎年多くのひな人形がこの町に集まるそうです。
a0222229_4165749.jpg

それらのひな人形は、「神事ひな供養」として、宮司さんによる祈祷によりお浄めされるとのこと。
a0222229_417724.jpg

単なる町おこしではなく、そうした深い意味があったんですねー。
おばあちゃん、ありがとうございました。

本日の昼食は、道の駅で購入したあゆ寿司。
コハダのような食感と味。なかなかのうまさでした。
a0222229_4214144.jpg

四国と言えば沈下橋。
それはなにも、四万十川だけではありません。
(2013年2月訪問。なつかしい…。)
a0222229_434967.jpg

本日、意外なほどアッチコッチで見掛けました。
その1。
勝浦川に掛かる、名も無い橋。
a0222229_3541617.jpg

普通の生活道路らしく、それなりに交通量がありました。
a0222229_4224841.jpg

a0222229_4231331.jpg

沈下橋付近で見つけた、注意喚起の看板。
この男の子、すでに腕がもげてるように見えるのは気のせいだろか…。
a0222229_424365.jpg

そして、その2。
先ほどの橋からやや下流に行った先に2か所。
a0222229_3564197.jpg

↑写真の下側(上流側)は今回走ってませんが、こんな感じのようです。
a0222229_3581748.jpg

a0222229_3571849.jpg

そして、先ほどの航空写真の上側。
a0222229_3584816.jpg

こちらは実際に走ってみました。
a0222229_424346.jpg

この細い道を進んでいくと、
a0222229_425248.jpg

出ました。
道幅超せまっ…。
a0222229_42531100.jpg

意外と浅いようです。
さすが四国。水の透明度は抜群です。
a0222229_4264952.jpg

ここ、Fitで渡れるんだろか…なんて思っていた矢先、これまた同じFitが、なんの躊躇もなくスルスルっと渡っていきました。
a0222229_4275185.jpg

おおーーー、すげー。
でも、かなりギリギリっぽいです。
a0222229_4282018.jpg

…というワケで、私達も早速渡ってみます。
(画像も動画もなし)
渡り終えると、今度は軽自動車が。
こちらもまた、
a0222229_4293817.jpg

こんなの、日常ですって言わんばかりに、
a0222229_4295124.jpg

普通に走り去っていきました。
a0222229_4304180.jpg

すべて、たまたま発見した沈下橋ですが、探せば他にもたくさんありそうです。
んー、さすが四国。あなどれん…。

次に向かったのは、
a0222229_4395825.jpg

四国八十八ヶ所霊場の五番札所でもある、徳島県板野郡板野町にある地蔵寺。
a0222229_431594.jpg

このお寺の見どころはなんと言っても、等身大の五百羅漢が並んだ回廊。
a0222229_44561.jpg

拝観料200円を払い、早速中へ。
a0222229_47457.jpg

ちなみにココ、写真撮影OKでした。
a0222229_473262.jpg

羅漢堂は回廊状になっており、木製の五百羅漢像がずらりと安置されています。
a0222229_49167.jpg

薄暗い回廊に、
a0222229_4101090.jpg

等身大の羅漢像が佇んでいる様は、
a0222229_4102491.jpg

なんと言うか、ものすごい荘厳な雰囲気に溢れているというか…、
a0222229_4103946.jpg

なんとなく、心が洗われていくような感覚を覚えます。
a0222229_412354.jpg

徳島に行った際には、
a0222229_4121814.jpg

是非、
a0222229_4122925.jpg

お立ち寄りくださいませ。
a0222229_4124715.jpg

ちなみにココ、観光客はあまりおりません。
a0222229_4131835.jpg

なので、ゆったりと拝観できる反面、
a0222229_4134498.jpg

一人だとちょっと、勇気がいるかも…。
a0222229_414198.jpg

…というワケで、じっくりと徳島を満喫したところで、いよいよ淡路島へと向かいます。
a0222229_418735.jpg

鳴門大橋を抜けるとそこは、
a0222229_4183747.jpg

そこはもう、淡路島。
今回は、淡路島側から鳴門大橋を眺めてみたいと思います。
a0222229_419152.jpg

a0222229_4195544.jpg

なかなかの迫力ある風景です。
a0222229_4201638.jpg

鳴門海峡は、本州と四国の間にある瀬戸内海と太平洋とを結ぶ海峡の一つで、
a0222229_4221496.jpg

幅が約1.3km。
潮汐により1日に2回、大量の海水が瀬戸内海に流れ込み、
a0222229_4224072.jpg

また同様に1日に2回瀬戸内海から流れ出す。
a0222229_4225438.jpg

瀬戸内海と太平洋の水位差は最高で1.5m。
a0222229_4231182.jpg

海峡の幅が狭いことに加え、海底の複雑な地形も影響し、潮流は13 - 15km/hの速度で流れる。
この潮流の速度は日本で一番速く、「世界三大潮流」にも数えられることもある。(Wikiより)
a0222229_4234173.jpg

徳島側は、海峡の真上まで歩いていけるようになってましたが、こちら側はここまでのようです。
a0222229_4263844.jpg

淡路島と言えば、淡路島バーガー。
ただ今回は夕食の時間に近いこともあり、見送り。
またいつか、どこかで…。
a0222229_4273067.jpg

その後、北淡震災記念館へ。
a0222229_429163.jpg

ここは、1995年1月17日に発生した、阪神・淡路大震災の際の断層(野島断層)を、そのまま残している施設。
a0222229_4303275.jpg

その他、当時の住宅がそのまま残されていたり、
a0222229_432219.jpg

a0222229_4323524.jpg

阪神・淡路大震災と、東日本大震災の揺れを実際に再現した設備などがあり、
a0222229_4332832.jpg

後世にその記憶と記録を伝えるべく、貴重な資料が相当数、展示されていました。
a0222229_4294224.jpg

そんなこんなで、本日はこれにて終了。
a0222229_4355581.jpg

今日の日はさようなら。また逢う日まで。
そんな気分…。
a0222229_4361741.jpg

夕陽を眺めていた場所を振り返ると、そこにはナゾのお城が…。
a0222229_437085.jpg

淡路城という名前らしい…。
見るからに怪しい…。(実際、閉鎖されていました)
a0222229_4373012.jpg

本日の宿はかんぽの宿。
郵政民営化後は通常のホテルとなったため、今ではだれでも泊まれる。
a0222229_440595.jpg

しかも、宿泊料金は従来の簡易保険加入者料金の水準を維持しているため、何気にお得。
a0222229_442130.jpg

鳴門海峡で育てた淡路島福良港「淡路島3年とらふぐ」を頂く。
a0222229_445190.jpg

こんなにフグを食べたのは多分、生まれて初めて。
a0222229_4453059.jpg

そんな感じで、2日目は終了。
振り返ってみると、なんともマニアックな一日だった…。
それは、空港へと向かう途中で届いた、一通のメールから始まった…。

機材繰りにより、ご予約便GK405便 成田発松山行きは欠航となりました。

な…、なに~??(-0-;
a0222229_0514776.jpg

茫然…。
いろいろと準備したものが、こうも簡単に一瞬で崩れ去るとは…。
機材繰りって一体、なんやねん…。

…というワケで、有休を取ってまで計画していた松山方面旅行は突然の中止を余儀なくされた。
とりあえず、いったん自宅に戻り作戦会議。
さて、ではどうするか。

JetStarの松山便は、欠航した便以降の成田発は16時45分。松山到着が18時40分なので、これだと、向こうに到着しても何も出来ない。しかも、その便に予約変更できるとも限らない。
JetStarに問い合わせをしたくても、日本語での電話問い合わせが出来る午前9時まで、まだあと30分もある…。

もういい。頭きた。
松山は潔く、あきらめよう!

ではどうするか…。
なんとなく、四国は諦めきれない。
ならば、西の端ではなく東の端である、徳島に変更するか。
…となると、新幹線で神戸まで行って、レンタカー借りて四国に渡って…。

よし、このプランで行こう!
これであれば、二日目に予約した淡路島の宿にも予定通り泊まれるし、帰りの新幹線チケットも生かせる。

まずは、今日の宿だ。
おお、いい具合に、徳島駅前のホテルが空いている。
速攻でGET。

次にレンタカーだ。
元々、松山空港から借りて、三ノ宮で返却する予定だった。
これを、三ノ宮から借りて、同じ三ノ宮で返却するパターンに出来ないか。
問い合わせてみると、一台だけ在庫がある…ということで、こちらも無事にGET。

最後に新幹線だ。
ま、これは自由席があるので、なんとでもなる。
再び自宅を出発し、駅へと向かう。
いい具合に、10時50分発ののぞみ指定が取れた。

…というワケで、なんというか、全てが奇跡的にうまく行った。
a0222229_1113321.jpg

欠航したJetStar便の発着時刻は10時50分。
予定変更して取った新幹線の時刻も、東京発10時50分。なんという偶然。
a0222229_1133711.jpg

そんなこんなで、
a0222229_1135783.jpg

途中、米原付近で大雪の為15分程度遅れつつも、13時50分に無事、新神戸に到着。
a0222229_1141247.jpg

お土産コーナーを、
a0222229_1161610.jpg

いろいろと、
a0222229_1162775.jpg

物色しつつ、
a0222229_1163899.jpg

14時30分、無事にレンタカーをGET。
今回の相棒はHONDA Fit。
a0222229_1172539.jpg

まずは、中華街のある南京町へ。
a0222229_1183536.jpg

ここ、横浜の、
a0222229_119993.jpg

中華街に、
a0222229_119318.jpg

雰囲気はとてもよく、
a0222229_1195032.jpg

似ているけど、
a0222229_1202189.jpg

こちらの方がだいぶ、
a0222229_1203663.jpg

コンパクト。
a0222229_1214080.jpg

でも、無駄に広くない分、いろいろと集中して見れるので、その方が個人的にはいい感じ。 
a0222229_1222240.jpg

小籠包とか、
a0222229_1225539.jpg

水餃子とか、テキトーにつまみつつ、
a0222229_1231467.jpg

これまた定番、Kawasakiワールドへ。
a0222229_123393.jpg

入場するとまず、
a0222229_124137.jpg

予想通り、Kawasakiが誇るモンスターマシン、H2Rが出迎えてくれる。
a0222229_1242978.jpg

泣く子も黙るスーパーチャージャー付きの326PS。
価格も超ド級の、メーカー希望小売価格 5,940,000円。
a0222229_1252876.jpg

次に、H2Rの公道仕様であるH2が登場。
a0222229_1281556.jpg

ガラス貼の床がまた、なんともニクい演出。
a0222229_1283565.jpg

その隣には、Z1の初号機が。
a0222229_129647.jpg

a0222229_1293594.jpg

バイク乗り、とりわけKawasaki乗りにとっては聖地みたいな場所。
a0222229_131775.jpg

おすすめです、ここ。
a0222229_1311953.jpg

新幹線とかもあるし。
a0222229_132473.jpg

時刻は17時00分。
a0222229_1322343.jpg

あっという間に、
a0222229_1323725.jpg

日が暮れて。
a0222229_1325662.jpg

さて。
a0222229_1331136.jpg

ではそろそろ、
a0222229_1332671.jpg

本日の宿、徳島県に向かうとしましょう。
明石海峡大橋を、
a0222229_134459.jpg

渡り…、
a0222229_1341554.jpg

淡路島へ。
最初のPAで、
a0222229_1343840.jpg

突発的に観覧車へ。
a0222229_13516.jpg

先客との相席。
a0222229_1352991.jpg

おー、なかなかの眺めです。
a0222229_1354654.jpg

四国方面。
a0222229_136143.jpg

意外と高さがあって、
a0222229_1372636.jpg

時折吹き付ける強風とも相まって、何気にスリル満点。
a0222229_137864.jpg

スリル満点。
a0222229_13935.jpg

ここから一気に淡路島を縦断。
a0222229_1425562.jpg

19時30分過ぎ、無事に徳島市へと到着。
a0222229_1433456.jpg

チェックインを済ませ、駅付近を散策。
a0222229_144347.jpg

ちなみに、
a0222229_1441933.jpg

こちらにはまだICカードがなく、すべて切符でのやり取り。
ま、本数自体がそれほど多くないし、そもそも車社会なので、それほど必要性は高くないのかも知れない。又は、予算の問題か…。
a0222229_1453677.jpg

a0222229_147673.jpg

本日の夕食は、テキトーにチョイスしたコチラのお店。
a0222229_1474999.jpg

ボリューム満点のサラダにはじまり、
a0222229_148430.jpg

霜降り和牛の生うにまき、
a0222229_1501862.jpg

阿波尾鶏もも肉、
a0222229_1511974.jpg

極上しいたけ(小松島産)「てんけいこ」のグリル、
a0222229_152324.jpg

タコのアヒージョ、
a0222229_1531652.jpg

和牛・豚・ベーコンの盛り合わせ…などなど、
a0222229_154525.jpg

精肉店ならではの品揃えと味が目白押し。
ごちそうさまでした。
a0222229_1552973.jpg

ホテルに戻り、淡路SAで購入した、ヨード卵ひかりの、
a0222229_156799.jpg

プリンを食べ、
a0222229_1562346.jpg

最上階にある天然温泉で一日の疲れを癒し、マウスピースだけの音出しを済ませたところで、
a0222229_1571038.jpg

本日は終了。
明日は徳島県内をプラプラしつつ、再び淡路島へと舞い戻り、そこで一泊する予定。

予期せぬ突然の欠航により、当日キャンセルとなった松山市内の宿も無事、無料にてキャンセルでき、JetStarの払い戻し手続きもしっかりと完了。

いろいろあったけど、終わってみればなかなか充実した1日となった。
ただ、今回の旅行でのコンセプトであった、陸・海・空すべての乗り物に乗る!という野望は果たせず…。
また次回、機会を見つけてチャレンジしてみたいと思う、今日この頃…。
朝の通勤時間帯を直撃した、横須賀線での人身事故。
相互乗り入れをする総武線もその影響をもろに受け、ワタシが乗っていた満員の通勤快速も、新小岩駅手前でなんと、1時間以上も停止。(画像はイメージです)
a0222229_6352824.jpg

新幹線や飛行機に乗る予定だった人もいただろうし、大事な会議を控えていた人もいただろう。ワタシも、大事な打ち合わせに30分も遅刻した…。

たった一人の行動で、何万人もの人達の予定がすべて狂わされる。
何一つプラスのことを生まない、この人身事故。
その背景には、相当根深いモノがあるとは思うけど、なんとかならないもんだろか…。

そんなワケで、本日も都内をプラプラ。
JR山手線の駅前立地にも関わらず、こんな場所があったとは…。
a0222229_6472943.jpg

a0222229_6474556.jpg

a0222229_6475258.jpg

本日の昼食は、久々に和食。
いかにもサラリーマン的な感じ…。
a0222229_6481922.jpg

明日は有休でお休みする為、本日はかなりの残業を覚悟。
オフィスに戻る前に、夜食として(?)天玉うどんを。
んー、太るワケだわ、これ。
a0222229_649381.jpg

by masa6-COMPASS | 2018-01-25 23:59 | 雑記 | Comments(0)
都内をプラプラと…。
普段は人も車も途切れない、とても交通量の多い通りでの、奇跡的なワンショット。
たまたま歩きながら撮った割には、人が1人と車は消防車1台だけという、たぶん二度と撮れないであろう、芸術的な(?)出来栄え。
a0222229_264438.jpg

本日の昼食は、渋谷の隠れた名店、宮崎釜揚げうどんを提供する某お店で、名物の肉うどんランチ。
肉から染み出たうま味とコク。んー、美味し…!

a0222229_2124778.jpg

その後、横浜へと移動。
a0222229_2182698.jpg

某巨大施設にて行われている、
a0222229_219861.jpg

某イベントをプラプラと2時間ほど散策。
a0222229_220405.jpg

a0222229_2204960.jpg

a0222229_2205788.jpg

その後、
a0222229_2222131.jpg

最後はいつものように…。
a0222229_2213381.jpg

いよいよ今年の冬も、寒さMAXな時期へと入る…。
これが過ぎれば、春だ…!
by masa6-COMPASS | 2018-01-24 23:59 | 雑記 | Comments(0)
一夜明けて…。
この後、急激に天気が回復し気温も上昇した為、雪はほとんど解けて無くなった。
a0222229_185068.jpg

本日の昼食は、青菜だけのラーメンにパクチートッピングという、マニアックな麺。
これが予想以上に美味かった…。
a0222229_1101827.jpg

今週末に予定されている、突発的旅行。
取り急ぎ、行きのチケットだけは手配済み(飛行機で一気に愛媛県松山市へ)だけど、その後の予定がなかなか決まらず、帰りの足がまだ確保されていなかった。
いろいろとテキトーに考えた末、今回は「陸・海・空、すべての乗り物に乗る!」という意味不明なコンセプトに決定。
その流れで、帰りはなぜか京都から新幹線で帰宅という、ナゾの旅程に着地。
早速本日、チケットを購入。
a0222229_1133296.jpg

愛媛から一体、どのようなルートで京都入りするのか、乞うご期待。
(だれも興味なし…)
by masa6-COMPASS | 2018-01-23 23:59 | 雑記 | Comments(2)
大雪の影響で、早めの帰宅。
16時過ぎの渋谷は、まだまだ若干の余裕ありだけど、この後、大変なコトに…。
早めに帰宅して良かった…。
a0222229_5273853.jpg

明日が心配…。
a0222229_529027.jpg

by masa6-COMPASS | 2018-01-22 23:59 | 雑記 | Comments(0)