ワタシが所属する某楽団の練習日は、基本的に土日。
場所は自宅から片道20kmも離れてたりする…。
20kmと言うと、東京駅からちょうど吉祥寺駅ほどの距離。
(↓クリックすると巨大化します)
e0152357_22501929.jpg

関西で言うと、大阪駅からちょうど兵庫県芦屋駅ほどの距離。
e0152357_2252068.jpg

山陽方面で言うと、広島駅から宮島口ほどの距離。(しつこい…)
e0152357_22525066.jpg

そんな某楽団のメンバーが、ワタシの自宅近くで平日の今日、楽器を吹いているという情報を入手。
帰宅後、早速その場所へと向かい、合流。
e0152357_22551859.jpg

平日の夜、こうして仲間と楽器を吹くことは生まれて初めてだったが、なかなかどうして。
殺伐としたウィークディの中で、一風の清涼剤となった…ような気がする。
# by masa6-COMPASS | 2009-08-06 23:59 | 雑記 | Comments(0)
ウィークデイのど真ん中、水曜日。
自衛隊敷地内で夏祭りがあるということで、仕事から帰宅後、いそいそと出掛けてみた。
普段はまず入ることの出来ない、禁断の場所。
いくらお祭りとは言え、一応簡単な金属探知器で検査してから、会場へと入る。
e0152357_2217916.jpg

この地に越してきてまだ8か月。
1年が経過するまでの間は、すべてが初体験。
なんだか久々にワクワクするなぁ…。

中央の広場ではやぐらが組まれ、盆踊りの真っ最中!
e0152357_22201513.jpg

祭りと言えばテキ屋。
相当な数のテキ屋さんがひしめき合っていた。
e0152357_22314214.jpg

まずこちら。
オーソドックスな、スーパーボールすくい。
e0152357_22275631.jpg

水槽の中で流れるスーパーボールが、なかなか美しいコントラストを見せる。
次にこちら。
最近よく見るようになった、から揚げ屋。
e0152357_22284344.jpg

業務用フライヤーを持ち込んで、その場でちゃんと揚げてるっていうんだから面白い。
ところで、版権大丈夫??
次はこれ。いか焼き。
e0152357_2230156.jpg

これ、たぶん作ってたのって、自衛隊の人達だったと思うんだけど、超美味かった…。
かなり油断してたところに、ジューシーないか焼き。
たまらん…。
そしてコレ。
男の子だったら必ず一度はやったことあるでしょう、型抜き。
e0152357_2234026.jpg

綺麗に型を抜くのもまたスリルがあって楽しいんだけど、完成した時にお金がもらえるっていう仕組みが、なんだか大人の世界に一歩足を踏み入れたような錯覚を覚え、ドキドキしながらやってたのを懐かしく思い出してしまった…。
次にコチラ、チキンステーキ。
e0152357_22413428.jpg

これも最近見るようになったお店の一つ。
シンプルながら、300円という安価さと、それに見合うだけの味。
これは、数あるテキ屋の中でも、非常にコストパフォーマンスに優れたお店であると思う。

祭りもピークを迎え、いよいよメインイベント、打ち上げ花火である。
e0152357_22442584.jpg

ひとつひとつ丁寧に打ち上げられる花火。
千葉市花火大会のような派手さは無いが、大事に大事に打ち上げられる(ように見える)姿が、とても印象的だった。
e0152357_22475518.jpg

そんなこんなで、テキ屋での買い食い⇒花火満喫の後は、やっぱり踊るしかないでしょう。
e0152357_22504125.jpg

2~3回踊ればすぐに覚えられる振り付け。
それだけで、これだけの人達との一体感を味わえる。
日本で盆踊りを考案した人はきっと、天才だ。
素晴らしい伝統文化である。

そんなワケで、これで終わってしまっては普通のどこにでもある夏祭り。
何度も言うように、ここは自衛隊駐屯地なのである。
と言うことは・・・。

そう、戦車やらミサイルやら大砲やら、いろんな展示物が置いてあるのだ。
まずコチラ。
地対空誘導弾改良ホーク。
e0152357_2257235.jpg

まじかで見るとでけ~な~!
次にこちら、35mm二連装高射機関砲。
e0152357_2258948.jpg

↑タイヤ、どうなってんの?これ…。
そしてコイツ、M42対空戦車。
e0152357_22584441.jpg

キタキタ~!
戦車としては小さい部類なのに、まじかで見るとかなりの迫力だ…。

お祭りを見て、テキ屋でいろいろ食べて、花火見て盆踊り踊って、最後に自衛隊の車両や武器が見れる。
一度で4度くらいオイシイ。
自衛隊駐屯地の夏祭り、これは文句なしに楽しい!
e0152357_2311768.jpg

# by masa6-COMPASS | 2009-08-05 23:29 | 雑記 | Comments(0)
某コンビニで売られていたスナック菓子。
その名も、「原始体験スナック マンモスの肉!?」
e0152357_035360.jpg

実在しない動物のスナック菓子って、いったいどんな味わいなんだろう…。
面白い商品が売られているもんだ。

もともと、マンモスの肉なんてものがこの世に存在するはずもなく、誰も食べたコトがない肉であることは周知の事実。
この商品の本質は、「マンモスの肉」という言葉・キーワード・イラストから想像・連想する、味わい・香り・食感を、想像しながら食べること、その部分に価値観がある。
つまりこの商品は、そうしたシャレを効かせた商品であって、それこそがコイツの唯一にして最大のウリでもあり、楽しみ方でもある…とワタシは思うわけです。
e0152357_0104637.jpg

とか偉そうに語りつつ、実はこれを書いている時点で、まだ食べていない・・・。
(単純に、寝る前だから)

そう言えば、ちょっと前に「ギャートルズの肉」っていう商品が売られていた。
e0152357_0205681.jpg

「はじめ人間ギャートルズ」に出てくる、あのマンモス肉をイメージして作られた商品だ。
e0152357_0223947.jpg

通販かなにかで売られていたんだけど、あっという間に完売。
やっぱりみんな、一度はあの肉にかぶり付いてみたいっていう願望があるんですね。
e0152357_027232.jpg

ガキんちょのこの表情…。
実に幸せそうだ…。
# by masa6-COMPASS | 2009-08-04 23:57 | 雑記 | Comments(0)