先日、S村楽器で衝動買いした、トランペット三重奏用の楽譜をパラパラと…。
a0222229_03452043.jpg

二重奏だとやや薄い、五重奏だとちょっと重い。
シンプルなんだけど、音の構成として最低限必要である三和音を踏まえた上での三重奏アレンジって、けっこう奥が深いって思うのはワタシだけだろか…。
a0222229_03452532.jpg

初期型のファミリーコンピュータ。
このゲームで流れるBGMは、たしかそのほとんどが三和音(三重奏)だった。
a0222229_04342515.jpg

同時に発売されていたファミリーベーシックっていう、今でいうPCみたいな機械があって、この中で音楽を作れるアプリ(?)が2つあった。
ひとつは超簡易的で、三段に分かれたそれぞれのフレーズ枠みたいなところに音を入れて進行させていくだけのもの。
もう一つは、きちんとプログラミングして、この機械に音の長さとか音階などを指示させて音楽を作るもの。
いずれにしても、その音楽を構成する要素は三重奏であり、超シンプルだけど、3つの音があればそれなりに音楽として成り立つことをココで覚えた。
a0222229_04342964.jpg

そんなコトを考えながら、この三重奏の楽譜を眺めると、いろいろな発想が生まれてくる。
普通にTp×3で吹いても楽しいと思うんだけど、例えばこれをTp1⇒トランペット、Tp2⇒コルネット(またはフリューゲル)、Tp3⇒Euph…という組み合わせで吹いてみたら、微妙にチープ…というか軽い感じではあるけれど、けっこう面白いサウンドになるんじゃないかって思う。この場合、それぞれの楽器の特性を生かした吹き方と音色がポイント。

木管だったら、Tp1⇒フルート、Tp2⇒クラリネット、Tp3⇒バスクラ(またはファゴット)…みたいな。そこに伴奏でクラシックギターが入ったりしたら最強。

可能性は無限大。
「こうあるべき」という縛りから解放され、独り、いろんなコトを妄想していると、ついついニヤニヤしてしまう。

そんなアンサンブル譜でした…。


# by masa6-COMPASS | 2019-02-12 23:59 | 音楽 | Comments(0)
再び、雪…。
a0222229_04165004.jpg

日中、いろいろと家の用事を済ませ、晴れて自由の身となったのが16時30分過ぎ。ここからが本日の自分時間。
さて、今更ながら何をして過ごすか…。

オートバイは寒いし、時間的にも中途半端。
音楽をやるにも、一人だとなんとなくモチベーションが上がらない。練習が無いと、何気に時間を持て余す…。
結局、一人テキトードライブを敢行。法定速度と理性の範囲内で東関東道をぶっ飛ばし、なんとなく東へと向かいます。
a0222229_03172306.jpg

夕飯までには帰らねばならないので、とりあえず、近場で非日常感が味わえる成田空港まで行ってみることにしよう。
a0222229_03172385.jpg

それにしても、今朝あれだけ降っていた雪が、もうほとんど溶けています。
そんな感じなので、あっという間に到着。
特になにをするでもなく、ボケーっと…。
でも、このボケーっとする時間が、いろいろリセットするのにいいんです、ワタシの場合。
a0222229_03172391.jpg

その後、ちょっとマニアックな芝山鉄道、芝山千代田駅へ。
a0222229_03180483.jpg

ここは知る人ぞ知る、日本一短い鉄道。
…と言っても、京成線と実質くっついているので、個人的には非常に微妙だと思いますが…。小さく書かれた「日本一短い」の文字が、この微妙な空気感を表しているような、そんな気にさえなってきます。
それにしても、なかなかハイセンスな顔出しパネル…。
a0222229_03180581.jpg

車両も、基本的には京成電鉄の車両、もしくはそこからの払い下げ車両を使用。
a0222229_03180961.jpg

本数も1日、こんなもんです。
…とは言え、成田空港を建設する過程で、この鉄道の存在意義はとても大きく、いろいろと政治的な事情が裏側に見え隠れしているようです。
a0222229_03180513.jpg

ぶちっと途切れた高架線路。
ここから更に延伸するのは一体、いつの日か…。
a0222229_03180586.jpg

そんな芝山千代田駅を後にし、一般道で空港方面に向かいます。
a0222229_03180420.jpg

このカーブの右側、トンネルに入る手前、ガードレールが途切れた箇所に横道が見えます。
a0222229_03192408.jpg

この横道を入ったところに、成田空港建設を語る上で避けては通れない現実が、今も残っています。
a0222229_03194205.jpg

ある意味、時が止まった場所…。
a0222229_03194369.jpg

a0222229_03194302.jpg

時が止まった場所…と言えば、ここも負けず劣らず…です。
その名も、東成田駅。
a0222229_03203313.jpg

ある意味、相当マニアック…。
a0222229_03203363.jpg

ここは知る人ぞ知る、芝山鉄道の始点でもあり、かつての京成電鉄成田空港駅でもあります。
a0222229_03205417.jpg

鉄道マニアの間では、「秘境駅」とか「生きた廃駅」とか、散々な言われようですが、これもまた、成田空港の歴史を語る上で欠かせない、大事な大事な生き証人でもあります。

駅自体の開業は、成田空港開業と同じ1978年。
当時は成田新幹線計画があり、この駅から空港に直結することができませんでした。
そのため、当時は現在の第1ターミナルしかなかった成田空港まで、有料の連絡バスか徒歩での移動を要したようです。あ、ちなみにこのエスカレーター、動いてません…。
a0222229_03212301.jpg

1987年の国鉄分割民営化に伴い、成田新幹線計画が消滅。
現在でもその名残がイオン成田の裏側に遺っています。
a0222229_04414699.jpg

現在は成田アクセス線の高架線路が乗っかってますが、元々ここは成田新幹線のために建設された高架。先行工事だけで900億円ほど掛かったそうですが、この部分に関してはしっかりと活用されているようです。
a0222229_04414692.jpg

幻となった成田新幹線計画。
その代替として開業したのが、成田空港ターミナルに直接乗り入れできるJR東日本の成田線と京成本線。
こちらが本線となった為、それまでの本線だった京成成田⇔成田空港間が「東成田線」として分離され、成田空港駅は「東成田駅」に改名されました。
a0222229_03214332.jpg

  • そして2002年、東成田線を延長する形で芝山鉄道線が開業。
    同時に京成東成田線と芝山鉄道線の相互直通運転が開始され、東成田駅は両社の共同使用駅となったワケです。なかなか複雑。
  • a0222229_03203399.jpg

    かつては、日本の空の玄関口駅として、たくさんの人達に利用されて来ました。今ではその面影もなく、閑散としております。
    a0222229_03214373.jpg

    東成田駅からは、この通路を通って空港第2ビルに行く事が出来ます。「ポートピア連続殺人事件」に出てくる地下迷路みたいな場所を、延々500mほど歩く必要はありますが…。
    a0222229_03211879.jpg

    スカイライナーの歴史を紹介するポスターが掲示されていました。
    スカイライナーの歴史はすなわち、成田空港の歴史。
    a0222229_03213847.jpg

    なつかしの、初期型スカイライナー。
    デビュー直前、空港反対派に時限発火装置で焼き払われるなど(そのまま一編成がすべて廃車)、激しい成田闘争に巻き込まれた、悲運の特急列車でもあります。今思えば、この初代が遺した功績は、かなり大きいと言えます。
    a0222229_03213825.jpg

    当時の賑わいを今に伝える、貴重な写真。
    写真右側に写っている改札口は現在、
    a0222229_03213730.jpg

    このような形で閉鎖されています。
    a0222229_03214200.jpg

    せっかくなので、芝山鉄道の完乗(完全乗車)を企んでみましたが、車を停めたのが「一般車乗降場」と書かれた場所であったため、駐禁キップを切られないかが不安…。近くにいた警察官に聞いてみたところ、「管轄が違うのでなんとも言えませんが、ワタシの口からOKとは言えません…」という、ごもっともです…的なお答え。まー、そりゃそうだ。
    a0222229_05024900.jpg

    良く見たら駐車禁止の標識があったので、そこは無理をせず、とりあえず入場券で入り、ホームだけ見てさくっと戻ってくることにしてみました。
    a0222229_03212912.jpg

    廃な感じ満載。
    左手に見えるフェンスの向こう側には、地上へと上がる階段がありました。
    a0222229_03212937.jpg

    閉鎖された窓口。
    a0222229_03213759.jpg

    半分閉ざされたエスカレーター。
    a0222229_03213829.jpg

    あくまでも、ここは東成田駅。
    廃駅ではありませんが、振り返ると…、
    a0222229_03212921.jpg

    現在では使用されていない、かつてのスカイライナー専用ホームが確認できます。
    a0222229_03240053.jpg

    よーく見ると「なりたくうこう」の文字が…!
    完全に、時が止まっています。
    a0222229_03271067.jpg

    a0222229_03273359.jpg

    階段を示す、鳥の鳴き声だけがこだまするホーム。
    ぴーひょろろろろ…。
    a0222229_03240059.jpg

    ほどなくして、成田方面から電車が到着しました。
    a0222229_03240006.jpg

    ほんとは、これに乗って戻ってくる…ということをしたかったんですが、今回は泣く泣く見送ります。
    a0222229_03240077.jpg

    芝山千代田駅へと向かい、闇の中に消えていく電車…。
    そう。乗ってみないと分からない風景ってのが、あるんです。次回は是非!
    a0222229_03240008.jpg

    そんな感じで、濃密な東成田時間を満喫。
    a0222229_03283323.jpg

    その後、第1ターミナルへと移動。
    a0222229_03281580.jpg

    空港特有の夜景を満喫。
    a0222229_03280766.jpg

    a0222229_03281540.jpg

    a0222229_03281572.jpg

    a0222229_03281546.jpg

    気が済んだところで、帰宅の途に付きます。
    a0222229_03281424.jpg

    二時間にも満たない程の自分時間でしたが、いい気分転換になりました。
    a0222229_03282024.jpg

    明日からまた、がんばろう。
    a0222229_03282039.jpg


    昨日の雪がウソのように、朝から快晴。
    …というワケで、久々の洗車TIME。
    a0222229_05004891.jpg

    その後、プラっと九十九里・外房方面へ、テキトードライブ。
    初めて見る海に大興奮の白柴くん。
    a0222229_05005582.jpg
    a0222229_05005589.jpg
    そう言えば昨日の雪も、白柴くんにとっては生まれて初めて見た風景だったはず。
    この二日間は初めて尽くしだ。
    a0222229_05005583.jpg
    a0222229_05005562.jpg
    a0222229_05010526.jpg

    その後、
    a0222229_05011665.jpg

    南下して大原へ。
    ほんとはもっと早起きして、大原朝市に行きたかったんだけど、それはまた今度ということで。
    a0222229_05061634.jpg

    路線図を見ていて気付いたこと。
    a0222229_05010514.jpg

    なんと、ここ大原駅から、同じ県内である竹岡駅までと都内までの運賃が一緒…。
    ちょっとびっくり。
    a0222229_05094338.jpg
    面白いのが、蘇我駅までの運賃970円。
    外房線経由だとまぁ順当かなと思うけど、内房線経由だと君津までが1,660円で、その次の木更津で運賃が下がって1,490円。そこから更に下がって行って、最終的には970円になるっていう、なんだか不思議な現象が起きてます。
    a0222229_05125142.jpg

    グルっと回れる千葉県ならではの現象。
    合法的に、少額で長い時間、ゆったりとした電車の旅が楽しめます。(たぶん)
    a0222229_05010577.jpg

    その後、
    a0222229_05365514.jpg

    大多喜にある、有名なトンカツ屋さんに立ち寄るも、本日は既に閉店…(T T
    胃が完全にトンカツモードになっていた為、大多喜から北上した茂原市内で、個人店のトンカツ屋さんで食事。お皿にトンカツだけの写真ですが↓、別添えでキャベツももちろん、モリモリあります。
    a0222229_05011128.jpg
    ここ、トンカツも去ることながら、串揚げと大粒の牡蠣フライも超美味しでした。テキパキと働くアルバイト達と、それを束ねるフレンドリーな女将さん。味よしサービスよし雰囲気よしで、久々にいいお店に出会いました。豚食健美 優膳、オススメです。
    a0222229_05011089.jpg

    店内に貼ってあったポスターをご紹介。
    a0222229_05365187.jpg

    その後、茂原から外房有料道路にて帰宅。
    途中、誉田PAで巨大な雪だるまに遭遇。
    a0222229_05011689.jpg

    作り手の想いがヒシヒシと伝わります…。
    a0222229_05011609.jpg
    明日も雪とか言ってましたが、実際、どうなんでしょう…。


    # by masa6-COMPASS | 2019-02-10 23:59 | 旅行記 | Comments(0)