歩いてみて思うこと

東京という場所は、実は自分たちが思い描くよりもずっと、小さくこじんまりとしている。
地下鉄で、風景を見ずに移動する機会が多かったり、高速・一般道を問わず、溢れた車と信号による渋滞で、1km走るのに何分もかかったりしていると、東京って広いなぁなんて思ってみたりもするのだが、距離と時間とのギャップが大きいのもまた、東京の特徴であって、あまりアテにならない…。
実際のところ、やっぱり東京は狭く、こじんまりとまとまっている街なのである。

そんなワケで本日、仕事で上野広小路付近をブラブラ…。
e0152357_0105065.jpg

実はこの銀座線の上野広小路駅と、千代田線の湯島という駅、この二つの駅が300m前後しか離れていないことに、今日初めて気が付いた。
路線も違う、駅も違うのに、歩いてみるとこんなに近いとは…。

と言うわけでコチラ。
e0152357_0114526.jpg

湯島と言えば湯島天神。ここは、学問の神様として知られる菅原道真公を祀っていることでも有名な場所。
これからが本番の受験生にとっては、最後の神頼みの舞台…なのかも知れない。
by masa6-COMPASS | 2009-01-30 23:05 | 雑記 | Comments(0)