人気ブログランキング |

うどん自販機

…と言うわけで、うどん自販機なのである。
以前ネタにしたうどん自販機の続編なのである。
あの時のコメントにあった「自販機DVD」の話なのである。
その謎のDVDの正体がコチラ。
e0152357_042361.jpg

「ノッポさんと行く 昭和のスキマ探訪」
ノッポさんというのは、手先の器用さで有名な、あのノッポさんのことである。
ちなみにコレ↓は、ノッポさんの昔の相棒。
e0152357_071285.jpg

そう言えばこの相棒、いつも喉を鳴らしたような声出してたなぁ…。
なにがモチーフになってんだろか…。

さて。
このDVD、昭和に全盛を誇った懐かしの自販機をいくつかピックアップし、その構造などを紹介していくという、超が付くマニアックなビデオ。
可愛らしいジャケットとは裏腹に、なかなかシュールな内容なのである。
そんなワケで、うどん自販機。
e0152357_0114815.jpg

これがまた、中を見てみるとかなり本格的な…、と言うか意外な…と言うか。
とにかく、想像を絶するシュールな動きをしているのが分かる。
まず、扉を開けるとこうなっており、
e0152357_013632.jpg

左側から右側に向けて、うどんが器ごとスライディングして来る。
その器にお湯が注がれ…、
e0152357_0143234.jpg

まるで洗濯機の脱水のような「湯切り」が始まる。
e0152357_015695.jpg

この動き、これはなかなか真似できない。
よくまぁこんな機械、作ったもんだ。
天麩羅…と言うか、掻きあげが載せられたうどんに…、
e0152357_0174264.jpg

ツユがかけられ完成。
e0152357_0184241.jpg

一連のシュールな動き。
自動販売機のルーツは、江戸時代から脈々と続くカラクリ人形、そのものかも知れん。
そんなワケで、一連の動きを動画でもどうぞ。


コンビニの発達と出店により、今やこのような自販機の数はめっきり減った。
今残っているのはまさに、昭和の遺物かも知れない。
味も均一じゃなく、必ずしも「美味い!」とは限らない。
それでも、なぜかこういう機械に惹かれてしまう…。
人間味と、不思議な魅力に溢れたうどん自販機。
デジタルな毎日の中、たまにはこういうアナログな世界に浸ってみるのも、いいかも知れない…。
by masa6-COMPASS | 2011-03-10 23:03 | 雑記 | Comments(0)