復旧に向けて

数日前に見つけた記事より抜粋。
(部分的に要約しております)

NEXCO東日本が公開した、常磐自動車道の那珂インターチェンジ付近の写真。
地震直後の写真を見ると、高速道路上には大きな地割れと段差ができるなど、壊滅的な被害を受けた様子が一目瞭然だが、夜を徹しての復旧作業を行った結果、地震から6日後の3月17日夕方頃にはきれいな路面へと修復を完了。
これにより、常磐自動車道は16日の水戸ICまでに続き、21日にはいわき中央ICまでの通行を再開した。
e0152357_21425585.jpg

英メディアでは、常磐自動車道が「たった6日で修復された」と、そのスピードと日本の技術力を紹介。「驚くべき早さ」、「この驚愕のスピードは日本の際だった“復興力”を示している」など、どれもが驚きと称賛を持って報じられている。「多くの労働者が地震の翌日から仕事に戻った」と、復旧スピードが日本人の勤勉さによるものと示唆するような一文も。  
甚大な被害を受けたとはいえ、日本が海外から羨望の眼差しを送られるほどの技術力を持っているのは幸いなこと。こうした力をいかんなく発揮すれば、日本は一日も早い復興が実現できるはずだ。


たった6日でここまで復旧させる技術力。
「日本の力」を再認識し、心の底から勇気付けられる記事だった。

遠い地に住む、関東出身の私に出来ること…。
NEED YOUR HELP
PCがあれば5分で出来る。
e0152357_2211306.jpg

クレジットカード決済で、日本赤十字社へ。
e0152357_22124098.jpg

ニッポンの力を、信じてる…。
e0152357_22132637.jpg

by masa6-COMPASS | 2011-03-28 23:06 | 雑記 | Comments(0)