人気ブログランキング |

自動販売機のある風景 ラーメン編

皆、一度は見たことがあるであろう、「カップヌードル」の自動販売機。
郊外の主要道路沿い、特に屋根付きの自動販売機コーナーなどに設置してあるのをよく見たりする。
個人的には、最近その数はだいぶ減少傾向にあると思っている…のだが、実際のところは不明。
ただその多くは、箸が入ってなかったり、商品取り出し口、及びお湯投入口が汚れていたりと、ベストコンディションな状態とはほど遠いものが多いような気もする…。

そんな中、某所にて新品に近いコンディションのものを発見した。
e0152357_23223362.jpg

荒らされた様子もなく、箸もきちんと補充され、商品取り出し口を含む全体のクリンリネス状態も良好。ここまで綺麗なモノは、初めて見たかも知れん。

外で食べるカップラーメンっていうのは、インドアには無い楽しさと美味しさとワイルドさに溢れている。それは、「カップラーメン」という商品が持つ、独自の世界観と価値観によるもの。
暇と体力を持て余した若者が、たまにコンビニ駐車場で食べてたりするのを見掛けることがあるが、その気持ちも、分からなくもない。そう言えばワタシも小学生の頃、よく自販機で買って食べてた。

余談だが、そんな「自販機で買ってお湯入れて食べるカップラーメン」の楽しさを自宅でも…。って云うコンセプトの元、2年くらい前にこんなモノがキャンペーン商品として世に出ていた。
その名も、自動販売機型給湯器「カップヌードルMYベンディングマシン」
e0152357_23341552.jpg

これは、カップヌードルレギュラーサイズを4個収納可能なストッカーと、自動給湯式湯沸しポットが一体になった、自動販売機型の給湯器。
通常のカップヌードル自動販売機の約1/5スケール(350×420×280ミリ)に縮小された、ミニ自動販売機…らしい。あらかじめカップヌードルを収納し、水を入れておけば、好きなときにカップヌードルが楽しめるっていうスグレモノ。

う~ん…、これ、実に魅力的な代物だ…。
見てるだけで欲しくなってくる…。

今も昔も変わらないパッケージデザインと味。
本来、通り過ぎる途中にある「自動販売機」であるが、これを「目的地」として出掛けてみるのも、悪くないかも知れない。
by masa6-COMPASS | 2011-02-09 23:12 | 雑記 | Comments(0)