人気ブログランキング |

割引率の話

今日は月に一度の焼肉Day。
基本的に「肉食」なので、焼肉とかホルモン焼きとかの類には目がない…。
そんなワケで、近所の某焼肉屋へ。
MENUを見てると「?」な部分が一か所…。
e0152357_4404458.jpg

塩味3種盛
1690円⇒今だけ1670円
e0152357_4445122.jpg

え…??マジ…??
今だけ20円引きってこと?
その割引率、なんと約1.2%…。
まじすか…。
こんな中途半端…と言うか、インパクトの無い販促に、いったいどれだけの効果があるんだろう…。
「やった~20円引き!」というより、「え?たったそれだけなの??」っていう印象を強く感じるのは、ワタシだけだろうか…。
これ、なんかの間違いじゃないよなぁ…。
ふと、もう一品を見ると、なんとコチラも…!
e0152357_4503065.jpg

人気の4種盛
2590円⇒今だけ2560円
こちらは30円引き。
同じく、割引率は約1.2%だ。
思わず店員に聞いてしまったが、どうやら、間違いじゃないらしい…。

こういう販促は、得した!と思わせる金額を提示することで、その得したであろう差額によって、他の一品をオーダーさせ、結局は客単価は変わりません、むしろ上がってます的な持って行き方をしないと、ほとんど意味が無い。
例えば、今だけ200円引き!とすれば、その得した金額分でプラスもう一品なにか取ろうか、と。
ただし、もう一品取るには、若干の負担を強いるような、そんな微妙な値引き率。
この辺が、メニュー戦略上での販促の考え所なワケだ。(とワタシは思う)
今回の販促で使われている「今だけ」という言葉も、「キラーフレーズ」という類の誘い文句で、ある意味、そこへ誘導する力が強い言葉である。
値引きをしてもその料理をオーダーさせるのは、顧客満足的な側面をちらつかせつつ、店舗側には前途したような戦略があって、更にその料理は粗利益が高いという前提が、本来あるべきなのである。
つまり、出れば出るほど儲かる、利益率の高いメニューである、ということ。

ま、それもこれも、20円や30円の値引きではインパクトが無さ過ぎて、やるだけ無駄なような感じにしか見えないなぁ…。
といいつつ、本日も4種盛をオーダーする我が家であった…(爆
by masa6-COMPASS | 2009-08-07 23:59 | 雑記 | Comments(0)