人気ブログランキング |

松江市→出雲市

島根県中東部に位置する出雲市。
e0152357_7401155.jpg

人口で見ると、島根県内で2番目の都市らしい。
ちなみに、竹内まりや・江角マキコの出身地がココ。
「普通過ぎる行きあたりばったり観光の旅」の締めはやはり、出雲大社で…。
e0152357_7442341.jpg

大正4年(1915)に作られた大鳥居の、大正10年頃の写真がコチラ。
e0152357_746778.jpg

大鳥居をくぐりしばらく歩くと、一畑電鉄「出雲大社前駅」に到着。
e0152357_748918.jpg

そんな駅舎の、昭和44年ごろの写真がコチラ。
e0152357_7545390.jpg

どこかで見たことある…という方がいらっしゃるかも知れない。
そう。この出雲大社前駅は、2010年に公開された中井貴一主演の鉄道映画、
『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』の舞台にもなった。
e0152357_8184664.jpg

当時の撮影で使用された車両が駅構内に展示されている…ということで、早速、
入場券を購入して駅構内へ。
e0152357_756337.jpg

のんびりとした駅構内。
e0152357_813345.jpg

コチラが、映画の中でも使われたデハニ52
e0152357_818074.jpg

昭和3年(1928)製造の、83歳。
あらゆる年代を駆け抜け、たくさんの人達の人生を運んできたであろう車両は、
e0152357_8424088.jpg

年季は入っているものの、味わいある趣きと威厳に溢れていた。
e0152357_8435396.jpg

デハニの「デ」、この形式がいまいちよく分からない…。
(ちなみに「ハ」は「普通車」、「ニ」は「荷物車」という意味)
車内では、古事記の朗読会が行われていた。
e0152357_8192765.jpg

ちょうど良いタイミングで、出雲市からの電車が滑り込んできた。
e0152357_8222435.jpg

e0152357_8223469.jpg

e0152357_8224515.jpg
e0152357_8225218.jpg

静かだった駅構内が、にわかに活気づく…。
e0152357_8461137.jpg

たくさんの観光客が降りたった後は、再びのんびりとした情景に…。
e0152357_8465342.jpg


その後、本日のメインとなる「出雲大社」へ。
e0152357_8255520.jpg

観光客よろしく参拝を済ませ、
e0152357_943822.jpg

いかにも観光客向けなお店で出雲そばを食べ、
e0152357_826455.jpg

参拝はあっさり終了。
駅で遊んでた時間の方が長かった気がしないでもない…。

駐車場脇にある道の駅大社ご縁広場。
そのメインである吉兆館という建物に入ってみた。
e0152357_911572.jpg

入場無料のこの施設、駐車場脇にある割には、観光客はほとんどいない。
e0152357_9133497.jpg

展示内容が大したことないのかと思いきや、
立派な「古代御本殿復元模型」があったり、
e0152357_9185326.jpg

見応えのある展示物が…、
e0152357_9211224.jpg

豊富だったりして…、
e0152357_923253.jpg

意外と…、
e0152357_9514157.jpg

楽しめた。
e0152357_9541883.jpg


JR旧大社駅。
e0152357_923452.jpg

明治45年6月開業(出雲市~大社間)して以来、平成2年の廃駅まで出雲大社の表玄関口として親しまれてきた駅舎は、大正13年に改築。
e0152357_9264013.jpg

全国でも珍しい神社様式を取り入れた格調ある純日本風の木造建築で、平成16年には国の重要文化財にも指定された。
そんな駅構内にたたずむD51
昭和17年製造、走行距離1,072,170km。
e0152357_9261838.jpg

今にも列車が滑り込んできそうな構内。
e0152357_930971.jpg

駅舎内も味のある趣き…。
e0152357_931155.jpg

平成2年…というと、もう20年も前のことなんだけど、なんだかつい最近のコトのように感じてしまうのは、年をとったせいだろか…。

そんなワケで、行きあたりばったり山陰ツー観光の旅はこれで終了。
e0152357_935599.jpg

次はどこへ行こうか…。
by masa6-COMPASS | 2011-05-03 23:39 | 雑記 | Comments(0)