仁右衛門島とか。 (土曜日)

7月26日、銀座YAMAHAでのマウスピース相談会。
無事、16時の枠をGET!
楽しみだ。

そんなワケで、梅雨の晴れ間の休日。
いつものテキトープチツーリングに出掛けた。
a0222229_5224977.jpg

最近のお気に入りコースにて、鴨川へ。
海を見ながらボケ~~っとするのもまた、最近のお気に入り。
a0222229_5234613.jpg

鴨川市内を抜け…、
a0222229_524272.jpg

なんとなく…、
a0222229_5242087.jpg

辿り着いたのが…、
a0222229_5244338.jpg

仁右衛門島。
いや、正確に言うと、仁右衛門島へと向かう渡し船の乗り場。
a0222229_524546.jpg

仁右衛門島という名前は聞いたことあるし、近くまで来たコトはあったけど、実際に上陸したことは無かった。ここまで来たのもなにかの縁。
…というワケで、せっかくなので渡ってみることにした。
a0222229_9562793.jpg


渡し船には当然、時刻表なんてものはなく、お客さんが来ると動き出すという仕組み。
a0222229_530101.jpg

二人のベテラン漕ぎ士(って言うんだろか)の、息の合ったパドリング(?)によって、約5分ほどで到着。
a0222229_5273763.jpg

たった5分、距離にしても100m程度しか離れていないのに、なんかとてつもなく遠い島に来たかのような錯覚を覚えるのはきっと、「渡し船で海を越えた」という非日常のなせる技かも知れん。
a0222229_535841.jpg


無事、上陸。
a0222229_5371729.jpg

では、軽く探索することにしよう。
a0222229_9581636.jpg


鬱蒼とした山道を進んで行くと、蓬島弁才天祠へと到着。
なんか、厳かな雰囲気が漂っております。
とりあえず、参拝。
a0222229_5471327.jpg

近くの展望台からの眺め。
のんびりしてて、いいなぁ…。
この「島時間」ってやつが実は、けっこう好きだったりする。
a0222229_5475574.jpg


ほどなくすると、立派な石垣が見えて来た。
a0222229_548391.jpg

素晴らしい門構え。ここはひょっとして…。
a0222229_549273.jpg

やはり!この島唯一の住人、仁右衛門さん家のようだ。
苗字は「平野」っていうらしい。なんか、フツー。
a0222229_5493640.jpg

巨大なアロエに出迎えられつつ、中へと入る。
a0222229_5522022.jpg

この雰囲気。
ここはホントに千葉か??
a0222229_5524765.jpg

遠い南の島にいるかのような感じだ。行ったことないけど。
a0222229_5542476.jpg

歴史を感じる佇まい。
a0222229_559237.jpg


ここで突然、背後からおばあちゃんの声。

振り向くと…。


普通におばあちゃんが居た。ああびっくりした…。
a0222229_555050.jpg

聞けばこの方、この家の住人とのこと。
旦那さまは1年ほど前に亡くなられたとのことだけど、その方こそが38代目の仁右衛門さんだったらしい。なんか、スゲ~…。

ここの見どころは、
樹齢600年と言い伝えられている蘇鉄と、
a0222229_941183.jpg

桑の木を使った天井天板、
a0222229_962877.jpg

そして、江戸城と同じ組み方だという、先ほどの石垣。

仁右衛門さん家を抜け、島の裏側へと進む。
a0222229_971849.jpg


巨大な岩に遭遇。
こちらは「神楽岩」と呼ばれ、日蓮聖人が青年時代にここで朝日を拝んだと伝えられているらしい。
a0222229_985760.jpg


「神楽岩」の先で赤い鳥居に遭遇。
a0222229_910543.jpg

奥には祠が。
a0222229_9111726.jpg

この場所の名称は「頼朝の隠れ穴」。
a0222229_9131592.jpg

1180年(治承4年)8月22日、石橋山の戦で大敗した頼朝は同月23日、九死に一生を得て安房の国に逃れてきた。そんな頼朝を仁右衛門がここでかくまったと伝えられている。
そんなことを想いながらこの穴を見ると、なかなか感慨深いものがあったりする。

a0222229_9145397.jpg


そんなこんなで、約1時間ほど滞在。
初めて来たけど、「異国の地に来た」という一種の「非日常感」に溢れていて、なかなか楽しかった。
a0222229_92061.jpg


その後、いつものお店で遅い昼食。
a0222229_9212733.jpg

本日は、「岡山県ご当地B級グルメ」と書かれた味噌味の焼うどんを注文。
これ、微妙にニュアンスが違っている気がするけど、ま~いっか…。
ちなみに、ホルモンは入ってなかった…。
a0222229_9225619.jpg

新しいメニューが増えていたけど、忙しい時には出せないらしい…。
この辺りの潔さというか割り切り方が、ここらしい…。
a0222229_9254051.jpg

ワタシがココに来る理由は、大量に飾られた鉄道グッズを見るためでも、お腹を満たすためでもない。
a0222229_9333066.jpg

味は普通だし、商品自体にはなんの特徴もない。
車掌さんがスゲ~フレンドリーで、ホスピタリティに溢れているかっていうと、そうでもない。
a0222229_929415.jpg

ワタシがこのお店に来る理由は、この車掌さんを応援したいからに他ならない。
a0222229_9265985.jpg

不器用だけど正直。
人から何を言われようが(言われてるのかどうかは知らんけど)、
ホンモノのJRの方が来店されようが(ちょっと恥ずかしかったらしい)、
自分にウソをつかずに生きることを選択したこの男を、ワタシは心から応援したい。


そんなこんなで、本日のプチツーは終了。
いい気分転換になった。
a0222229_9392081.jpg


そして、夜は楽団。
a0222229_9394132.jpg

吹奏楽専門フリーペーパー、Wind-i。
こんな冊子が出てるとは知らんかった…。無料とは思えない充実した内容でビックリ。
マサミッキーさん、ありがとう!
a0222229_941472.jpg

完成した団員募集チラシ。こちらもまた、素晴らしい出来栄え。
a0222229_942558.jpg

いろいろと乗り越えたものがあったからこそ、今は団員がほんとに一つにまとめっているような、そんな気がする。
そんな気がしたので、合奏も丸くなってやってみた(笑
a0222229_9445784.jpg

お互いが見れるのって、ある意味新鮮。
体の動きとかでお互いにテンポを取りながら、ちょっとスローなテンポでお互いの音を聴き合う。
このカタチって、実は案外イケるんじゃないだろか…。

参加された皆様、おつかれさまでした!
by masa6-COMPASS | 2015-06-13 23:59 | バイク | Comments(2)
Commented by まさみっきー at 2015-06-14 14:09 x
音楽監督さんより、丸くなっての合奏が病みつきになりそう~と言ってましたよ(^^♪

Wind-i mini、2ヶ月前に楽器屋さんに1冊だけ残っていて初めて手に取りました。何気なくページをめくっていたら音楽監督さんが載っていたので思わず「うぉっ!」と楽器屋さんの店内で声を出しちゃいました(笑)フリーペーパーだから在庫はすぐ無くなりそうな予感、月末から月初にかけて楽器屋さんを要チェックです☆彡
Commented by masa6-COMPASS at 2015-06-15 00:26
丸くなっての合奏、ほんと楽しかったです。
奏者間でのコミュニケーションが取れるってのがいいですね!
是非またやりましょう~♪

Wind-i mini、月末から月初にかけてなんですね。了解です!
定期購読出来ればいいのにね~(- -;
いつかウチの楽団のPRネタ、載せてみたいです。

19日(金)のブリッツフィルの定演、
あとで是非、いろいろ感想とか聞かせて下さい♪
行きたかった…(- -;