東急電鉄世田谷線 (水曜日)

午後の昼下がりの東急田園都市線。
三軒茶屋駅にて停車中、この路線のもうちょっと先の駅で人身事故が発生。
おそらく、運転再開までに軽く1時間は要するだろうと判断。
三軒茶屋駅にいたのはこれ幸い…というコトで、世田谷線にて迂回するルートを選択。

東急電鉄世田谷線。
何気に、生まれて初めて乗った。
a0222229_562375.jpg

~Wikiより抜粋(下記画像も)~
都電荒川線とともに東京都内に残っている路面電車形式の軌道線であるが、全線が新設軌道となっており、併用軌道はない。駅間距離はすべて1km未満。
a0222229_5101581.jpg

車両は路面電車タイプの電車を使用している。全区間乗車した場合の所要時間は17 - 18分。
東急電鉄の鉄軌道路線で唯一、JR線(国鉄時代も含む)との接続や交差が全くない。
現在の世田谷線の区間は、1925年(大正14年)1月18日に三軒茶屋駅 - 世田谷駅間が玉川電気鉄道(玉電)の支線(下高井戸線)として開業したのに始まる。

…だそうです。へーそうなんだ。
a0222229_5125997.jpg

ワタシにとっては、ちょっとした非日常感が満載。
こういう車両に乗ると、広島に住んでいた頃を思い出す…。
a0222229_5144228.jpg

小田急線と接続する山下駅で下車。
ここ、世田谷線では山下駅だけど、小田急線では豪徳寺駅という、初めての人にとっては少々分かりづらい構造になってました。
a0222229_517419.jpg

ここで小田急線に乗り換え。
青いロマンスカーが悠然と走り去って行きます。
a0222229_5185886.jpg

そんなこんなで、頑張って迂回ルートを駆使したものの、打ち合わせには10分ほど遅刻。
残念…。
by masa6-COMPASS | 2018-03-07 23:59 | B級ネタ | Comments(0)