プラッと筑波 (日曜日)

車の慣らしを兼ねて筑波山へ。
実家からも比較的近い割には、最近はほとんど来ることもなく…。
筑波スカイラインからの眺め。
a0222229_7163528.jpg

いわゆる「ローリング族」対策のため、筑波山近辺の道路は二輪車の通行が厳しく制限されている為、オートバイではまともに楽しむことが出来ないっていうのも、足が遠のく一つの要因。
車好きにとっては「邪魔モノ?」がいないためか、たくさんのスポーツカーやそれらしき車たちが集まって来る。ライダーにとっては非常に悔しい状況…。
a0222229_728783.jpg

一度「二輪通行止め」になってしまった場所を、再び「通行可能」とするためには、それ相応の理由と説得材料が必要なワケで、そんなものを準備する人もいなければ、仮にしかるべき機関に提出されたとしても、それをOKとする責任者も多分、まずいない。下手したら批判の的にされかねないから。
そんなワケなので、多分この場所はこれからもず~~っと、二輪通行禁止措置が続くと思われる。過去の無謀なライダー達による負の遺産。ここで眠るライダーも多数おられるのも事実だけど、なんともやるせない…。

そんなワケで、ロープウェイ発着所があるつつじヶ丘駐車場へ。
a0222229_736855.jpg

筑波山のB級スポットとして有名?な、ガマ洞窟。
a0222229_736367.jpg

得体の知れない恐怖感が漂う入口。
a0222229_7372120.jpg

集え、勇者たち!
ワタシは遠慮しときます。
a0222229_7374650.jpg

寂れた遊園施設。
a0222229_7394771.jpg

無料スペースシャトルって書いてあるけど、
a0222229_740463.jpg

実際には、
a0222229_7401657.jpg

ただの滑り台。
さすがにこれでお金は取れんと思う…。
a0222229_7405750.jpg

顔の部分が切り取られた、ナゾのキャラクター。
a0222229_7412884.jpg

受水槽に「ミステリーゾーン」の文字。すげー気になる…。
a0222229_7424744.jpg

屋上に、これまたナゾの物体が…。
a0222229_744393.jpg

こっちのキャラクターは、首がない…。
a0222229_7445820.jpg

まさに、昭和感満載。
a0222229_7453094.jpg

昔はそれなりに賑わってたんだけどなぁ…。
a0222229_7474591.jpg

下から見上げると、女体山頂上まで一望出来たりします。
a0222229_7491724.jpg

頂上部分を拡大すると、なんと人の姿が!
こんな風に見えるとは、知らんかった…。
a0222229_7502755.jpg

…というワケで、何十年振りかでロープウェイに乗ってみることに。
a0222229_7515764.jpg

徒歩では90分程度かかるところを、約6分で一気に上って行きます。
a0222229_7532467.jpg

特徴的なつり革。
ま、つり革…というより、つり棒って感じですが…。
a0222229_7541392.jpg

山頂駅に到着。
軽く山登り気分を味わいつつ、
a0222229_7584742.jpg

標高877mの頂上へ。
a0222229_75981.jpg

平野部にポツンとそびえる筑波山。
ここから、のぺっとした関東平野全体がよーく見渡せます。
a0222229_805610.jpg

つつじヶ丘方面。
a0222229_814984.jpg

裏筑波方面。
a0222229_82958.jpg

a0222229_823739.jpg

ケーブルカーの駅がある、御幸ケ原。
a0222229_831320.jpg

その向こう側にそびえるのが標高871mの男体山。
a0222229_84101.jpg

空から見るとこんな感じ。
a0222229_874847.jpg

そんな感じな筑波山でした。おわり。
a0222229_8202590.jpg

by masa6-COMPASS | 2018-03-11 23:59 | 旅行記 | Comments(0)