2011年 01月 22日 ( 1 )

「土曜日が本番」という時点で、社会人にとってはいきなり参加者が限定されてしまう、そんな学生主体のコンサートが今日市内で行われた。
ワタシが岡山で所属している楽団も、今回初めてこのコンサートに出場(しかもゲスト出演扱い)する、ということになったのだが、なにぶん本番が土曜日ということで、参加出来る団員が少ない…。
その為、周辺の市民楽団2団体に声を掛け、合計3団体合同80名という大編成にてステージに臨んだ。

ステージ配置を見ながら、各パートの立ち位置を確認…。
e0152357_4195049.jpg

約20分間のリハーサルの中で、各団体との打ち合わせを行いながら立ち位置、各ポジションの確認を行う。
e0152357_4231371.jpg

ちなみに、Tpは今回なんと16名…!
大編成ならではの2列配置で、奏者は全員スタンディングで演奏する。
千葉での「ドリコン」と同じような趣旨の演奏会だが、3団体合同での曲が「オーメンズ~」と「ARSENAL」ということで、合同練習は一度も行われていない。
よって、本番直前のこのリハが、全員での初合奏となる。このやり方、大賛成。

基本的に学生主体のコンサート…というより、音楽会。
吹奏楽あり合唱ありで、参加校は総勢17校。
今回で54回目を迎える(え?そんなに?)、なかなか伝統ある演奏会のようだ。
e0152357_4333671.jpg


…と言うわけで本番。
e0152357_4343890.jpg

Tp16名での「オーメンズ~」はある意味、危険がいっぱい…。
ま、Tpやってる人…と言うか、金管吹きなら分かると思うけど…。
ちなみに、「ARSENAL」を吹くのは今回が初めて。
これ、良く見たら「カンタベリーコラール」のロースト作曲。
千葉の副団長にとったらこれ、「萌え燃え」間違いなし。
ハーモニーの流れと構成、音形、跳躍を伴った躍動感あるメロディ…。
随所にロースト節炸裂。いい曲です、ほんとに。
たしか、千葉にも楽譜あったような気が…。

そんなワケで、初の3団体合同ステージは無事終了。
演奏も去ることながら、いい形での交流が出来、いろんな意味で有意義な本番ステージだったように思う。
e0152357_4465316.jpg

by masa6-COMPASS | 2011-01-22 23:55 | 雑記 | Comments(0)