人気ブログランキング |

2019年 02月 24日 ( 1 )

そして3日目。
本日は日曜日のため、とりあえず仕事は一休み。
出張の合間に日曜日を差し込むのは、現地で自由に使える時間を作るため。ある意味、確信犯。
そんなわけで、本日はいろいろとあっちこっちを散策してみたいと思います。

まずは、恒例となった朝の散歩から。
a0222229_21421980.jpg


2月頃の上海って晴れてる日が少ないって聞いてたけど、この日は快晴でした。
a0222229_21421900.jpg

お…。
日本のあのブランドか?…と思いきや、
a0222229_21421988.jpg


良ーく見たら違ってた…。
メイソウ?? 迷走…??(-_-;)
a0222229_21421927.jpg


上層階に行くにつれて太くなるビル。
上海は今でも、いろいろと建築ラッシュのようです。
a0222229_21422077.jpg


思ったよりもコンビニは少なめ。
あったとしても、その殆んどがファミリーマート。(中国名「全家」)
レジ脇(↓画像内、レジ右側)に陳列されているのはなんと、
a0222229_21421975.jpg


日本製の避妊具…(- -;
こんな誰もが見れる場所で堂々と売られているというのは、2015年まで実施されていた一人っ子政策と、なにかしら関係があるのかも知れん…。明朝体で「岡本」って書いてある…。
a0222229_21422039.jpg


他には、東京バナナのバッタもんとか、
a0222229_21424285.jpg


「D」が抜けたリポビタンは何故か、大瓶も。
これって、1日に摂取できる量って決まってるんじゃなかったっけ…?
a0222229_21424200.jpg


日本の文化、おにぎりや手巻き寿司もありました。
街頭に自販機が全くない上海において、コンビニの需要は高いと思われます。
a0222229_21424203.jpg


その後、比較的新しいオシャレスポットという、新天地へ。
a0222229_18492933.jpg


日本でいうところの表参道って感じでしょうか。
a0222229_22173396.jpg
a0222229_18493593.jpg
a0222229_22173469.jpg
a0222229_18494085.jpg

上海の街路樹のほとんどはプラタナス(スズカケノキ)。
春になると青々とした葉がつくんでしょうね。
a0222229_18494071.jpg
a0222229_18493464.jpg

しっかりと朝食を食べた直後ですが、ここで小籠包を少々…。
a0222229_18491218.jpg


名前忘れたけど、この中国野菜の炒めモノがなかなか美味し!でした。
a0222229_18491210.jpg


定番のワンタンで〆。
ごちそうさまでした。
a0222229_18494083.jpg


旧フランス租界地ということもあり、中国離れした風景が続きます。
a0222229_21424395.jpg

先ほど、小籠包を食べたばかりですが、時間的にお昼となったため、創作料理の中国料理版的なお店へ。上海に来てから、実は何気に相当食べてます…(-_-;)
a0222229_22173378.jpg

中華料理店としては、かなり前衛的な内装。
料理長はイタリア人だとか。
a0222229_22174077.jpg

たしかにこのお店、その一つ一つがどれも独創的で、超美味し!
基本をしっかり抑えた上でのアレンジは、独自性を出す上でとても大切。それは料理に限らず、すべてに言えること。たぶん、音楽もそうだと思う。
a0222229_22174019.jpg

食べる直前に、揚げた米を入れて食べる麻婆豆腐。
その食感も去ることながら、辛さと甘さのバランスが絶妙です。
a0222229_22174023.jpg

これをアサリで作るという発想が凄い。
a0222229_22174017.jpg

もうなんだか、
a0222229_18491234.jpg


どれもこれも、初めて出会う味。
感動を通り越して、感激です。
a0222229_22173909.jpg



これがまた度肝を抜かれました…。
お皿には燃えたぎる藁、そこに鎮座する巨大なカボチャ。
a0222229_21424386.jpg



蓋を開けてみると、こってりとしたカボチャのスープ。
この演出を生み出す発想力と、それを実現させる腕。
素晴らしいです!
a0222229_21435698.jpg


それまで抱いていた中華料理の概念が、完全に吹っ飛びました。すげー店です。中華料理、奥深し!

その後、新天地とは対極にあるとも言える、七寳という街へ。
中国では、街を走るクルマを見てるだけでもなかなか楽しいです。
こちらも今、SUVが大人気。多種多様なSUVが走ってました。
a0222229_21425050.jpg


到着。
明らかに、先ほどの街とは雰囲気が違います。
a0222229_18491283.jpg


昔ながらの「中国」を彷彿とさせる建物。
んー、これぞ中国!って感じがします。
a0222229_21425102.jpg


それにしても、スゴい人…。
a0222229_21425155.jpg

a0222229_18490421.jpg

a0222229_21425187.jpg

a0222229_22201912.jpg


横浜中華街にはない、リアルな中国がそこにはありました。
a0222229_18490458.jpg

a0222229_22203056.jpg

a0222229_18490443.jpg

a0222229_22203059.jpg


観光地化されたエリアと、居住エリアが混在する七寳の街。
ちょっと離れるとこんな感じで、古い街並みが残っていました。
a0222229_22304659.jpg


ちょっと佐原の街並みっぽい。
a0222229_21425165.jpg

洗濯物に混ざってぶら下がっていたのは、なんと魚…!
干物にして食べるんでしょうか…。
a0222229_22210420.jpg
a0222229_22212578.jpg
a0222229_22221950.jpg

橋の上で、一人の少年に遭遇。
木で作ったカートに乗って遊んでるのかと思い、思わずシャッターを切ったんですが、
a0222229_22212524.jpg


実際にはそうではなく、この子の足は発達不全で大きく折れ曲がり、立って歩けない状態。
右手で地面を蹴り、必死に「歩いてる」状態でした。

片方の手には小さなお椀、中にはいくばくかの硬貨…。
なんて言ってるのか分かりませんが、同じ言葉を何度も繰り返しなが、橋を何度も何度も往復する姿に、思わず立ち尽くしました…。

急激な経済発展を遂げる中国。
その裏側で、いろいろな歪みが生まれてるのかも知れません…。
a0222229_22305181.jpg


さて…。
a0222229_22321479.jpg


古い中国の街並みが残る七寳を後にし、次に向かったのは…、
a0222229_22320637.jpg


上海随一の観光地、外灘。
a0222229_22224684.jpg


この一帯は、19世紀後半から20世紀前半にかけての租界地区。
当時建設された西洋式高層建築がズラリと建ち並んでいます。
a0222229_22224614.jpg


一瞬、中国にいることを忘れてしまうような、そんな風景。
a0222229_21430033.jpg
a0222229_22283470.jpg

ここから、上海の誇る超高層ビル群を臨むことが出来ます。
a0222229_21430029.jpg


上海ののシンボル的存在でもある、東方明珠電視塔(上海タワー)。
高さ468mで、展望台が3つ。各展望台からは上海の街を360度見渡せる、絶景ビューが楽しめるそうです。
a0222229_15061933.jpg

こうして望遠で見てみると、その巨大さが伝わってきます。
a0222229_21425960.jpg


日本の森ビルが開発したという、上海ワールドフィナンシャルセンター。
高さ492mで、世界第5位の高さとのこと。
展望台の高さは474mで、こちらは世界一とのことです。
a0222229_14524627.jpg

a0222229_21425921.jpg

a0222229_21425923.jpg
a0222229_21425990.jpg
a0222229_22224753.jpg
a0222229_21430097.jpg
a0222229_21425961.jpg


本日最後に立ち寄ったのが、市内からちょっと離れた日本料理店。
それにしても、今日はほんとに朝から食べてばかりです。
a0222229_22224721.jpg

日本の週刊漫画が置かれてました。
a0222229_22281059.jpg
a0222229_22281083.jpg

時刻はすっかり深夜帯。
一人、タクシーでホテルへ。
これ、なかなかの緊張感がありました。
a0222229_22274535.jpg
明日はいよいよ帰国。