人気ブログランキング |

カテゴリ:旅行記( 67 )

…というワケで、出発からちょうど24hが経過したところで無事、自宅に到着。
走行距離、なんやかんやで733km。けっこう走ったなぁ…。
a0222229_6272481.jpg

いい気分転換になった…。
a0222229_6282553.jpg


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村
久々に「Out Rider」を購入。
そのワケは、「今年は気軽に1泊1日ツーリング」という特集記事。
a0222229_0494227.jpg

要は、金曜の夜(または休日前夜)に自宅を出発し、その日のうちに目的地に到着後、夜の街を楽しみつつ一泊し、翌日は朝からたっぷり遊び、帰宅…みたいな。

限られた時間を有効に使う、とても良いプランニングだと思う。
なんていうか、すごく得した気分になる。

例えば千葉からだと、夜のうちに宇都宮市まで行き、そこで餃子をたらふく食べて一泊。
翌日から日光⇒霧降高原⇒湯西川⇒日塩もみじライン⇒矢板から高速で一気に帰宅…みたいな。
日帰りだとちょっとキツイ。でも、時間が取れないので一泊二日もちと厳しい…みたいな時に、いいかも知れん。

そう言えば以前、車で同じようなコトをしたなぁ…。
2013年3月記事

ただ一つ残念なのは、冬のこの時期だと、気温や天候、路面凍結等の危険性もあり、オートバイだと
特に、なかなか計画が立てづらいということ。
バイク雑誌でこういう特集を組むんだったら、3月以降の方がより現実的なような気がしないでもない…。

そして最近よく目にするのは、岡山に居た頃によく走っていた懐かしい風景が、雑誌によく出てくること。
鞆の浦しかり、
a0222229_1104681.jpg

しまなみ海道しかり…。
a0222229_110596.jpg

向こうに居た頃は、けっこういい感じで遊び尽したような気でいたけど、今思えばまだまだ。
もっといろんな場所に行っておけば良かったと、心の底から思う…(- -;
九州の、ある意味ど真ん中。
熊本県の山中で…、
a0222229_1254064.jpg

たくさんの案山子に遭遇。
a0222229_1262842.jpg

コチラは小学校の生徒たちが作ったという、青空教室的な情景。
それはまるで、1/1のジオラマを見ているかのよう。
a0222229_1271926.jpg


ただ単に「人形」を飾るのではなく、それぞれにそれぞれのストーリーがあるのが、見ていて楽しい。
音楽を奏でる案山子と、それを聴く案山子。
a0222229_1291256.jpg

その表情は真剣そのもの。
a0222229_1294696.jpg

お…、この案山子はまた、スゲーリアル。
a0222229_1302785.jpg

どんな音楽を奏でてるんだろか。
a0222229_1323226.jpg

こちらは大宴会中って感じに、けっこう盛り上がっているご様子。
a0222229_133472.jpg

そんな…、
a0222229_1361954.jpg

大量の…、
a0222229_1363439.jpg

案山子たちに…、
a0222229_1364799.jpg

混じって…、
a0222229_137137.jpg

ホンモノの人間に遭遇。
a0222229_1372938.jpg

この場所で案山子祭りが行われたのは2週間前。
祭り自体はもう終わってるんだけど、展示は10月末まで行うとのことで、こうして毎日、案山子の状態を確認しに来ているとのこと。
a0222229_1401128.jpg

いろんな生き方があって、幸せなんてのは人それぞれ形が違うワケだけど、いつか自分の人生を振り返った時、幸せだったと思えるようなものにしたい。そうですよね??
a0222229_1433511.jpg

こうして、想いは引き継がれていく…。
a0222229_26391.jpg

ちなみに先ほどのおばあちゃんは、青空教室の後方で…、
a0222229_2101646.jpg

ホウキに乗って空を飛ぶ…、
a0222229_2104142.jpg

「謎の魔女」を作った方の…、
a0222229_2105618.jpg

奥様で…、
a0222229_2113484.jpg

この魔女は実は、このおばあちゃんがモデルになっているとのこと。
a0222229_2132727.jpg



んー…。
このおばあちゃんをもって、なぜ「魔女」を作ったのか、そこが知りたい…。




※お祭りの動画を発見!

無事、帰宅。

備忘録的な詳細は、また機会を見つけて…。
a0222229_6263053.jpg

滞在中、専用露天に5回、貸切露天に2回、合計7回も風呂に入った…。
一泊でこんなに入ったのは、生まれて初めてかも知れん。
a0222229_246156.jpg

地元のTV番組を見るのも、地方に来た時の楽しみの一つ。
なんか、いろんなイベントがあるらしい。
a0222229_2484569.jpg

…というワケで、本日は湯布院⇒別府⇒大分⇒宮崎県突入⇒延岡…の予定。
ま、基本的には行き当たりばったりだけど。

湯布院から別府へ。
由布岳の中腹をかすめるようにして走っていく。
a0222229_2504440.jpg

a0222229_2513056.jpg

a0222229_2514792.jpg

湯布院が一望できる、狭霧台という名の展望台からの眺め。
絶景絶景…!
a0222229_25385.jpg

これは、いつの日かバイクで来なければ…。
a0222229_2534754.jpg

a0222229_254943.jpg

a0222229_2543088.jpg

そんなこんなで、別府市内へ。
街のいたるところから湯煙が上がっている。
a0222229_255659.jpg

まさに、おんせん県大分の象徴的な風景。
a0222229_2553865.jpg

一応、地獄巡りなんぞを。
海地獄…、
a0222229_256897.jpg

竜巻地獄…、
a0222229_2563463.jpg

血の池地獄…、
a0222229_2565863.jpg

通勤地獄…(いや、うそ)、
a0222229_2582114.jpg

全部で7つくらいの地獄があるらしいけど、そこから3つをチョイス。
まぁ、すべてが立派な地獄だった…。
a0222229_2591072.jpg


鉄輪温泉に新しく出来たという蒸し施設に立ち寄り。
a0222229_2595836.jpg

ちなみに、この辺りの住所はこんな名称らしい。スゲー…。
a0222229_304270.jpg

この施設では、いくつかある蒸し釜に自分達で食材を入れて蒸し、それを食べることが出来る。
a0222229_314044.jpg

豚しゃぶと温泉卵をチョイス。
a0222229_32760.jpg

強烈な蒸気を放つ蒸し釜に入れて7分。
a0222229_323881.jpg

完成!
これ、スゲー美味し!だった。
a0222229_33259.jpg

温泉卵もいい感じで半熟。
オレンジ色の黄身がたまらん。
a0222229_334221.jpg

ここは他にも、足湯ならぬ足蒸しとか、
a0222229_341678.jpg

温泉はもちろんのこと、蒸し湯という名の施設など、なかなか盛りだくさん。
a0222229_3506.jpg

予想以上に楽しい別府温泉だった…。

その後、
a0222229_354745.jpg

別府市内を抜け、
a0222229_36616.jpg

左手に別府湾を臨みつつ、国道10号線を南下。
a0222229_0424840.jpg

なんやかんやで、大分市の中心部、大分駅に到着。
a0222229_0431917.jpg

ちょうどイベントが行われていて、何気に盛り上げっているご様子。
a0222229_0441154.jpg

a0222229_0443836.jpg

その後、市内をプラプラと…。
大通りに面した角地にて、食べてけオーラを強烈に放つタコヤキ屋さんに遭遇。
なんでも、九州一美味し!なタコヤキだそうだ。
a0222229_0454058.jpg

スタンダードなタコヤキをGET。
掛かっているのはソースかと思ったらこれ、甘じょっぱいダシみたいな醤油。
この味付けが絶妙で、けっこう後を引く感じ。美味し!
a0222229_0471725.jpg

ちなみに、これまた大通りに面した場所にイスと机があって、そこで食べる。
これ、すぐ脇を車がビュンビュン通り過ぎるんだけど、意外と落ち着いて食べれるから不思議。
a0222229_048387.jpg

ごちそうさまでした。
九州一美味いかどうかは分からんけど、ワタシが食べたのは間違いなく、美味し!でした。

駅ビル内にあるスーパーに立ち寄り。
そう、旅行に行くと大体、地元のスーパーに寄るのが恒例行事。
その土地ならではの食材がけっこう豊富に揃っているからだ。
a0222229_0521029.jpg

千葉では、一部の店舗でしか売っていないフンドーキンの味噌。
さすが地元、味噌をはじめ、醤油やポンズなど、多種多様なフンドーキンブランドが置かれていた。
思わず、白みそをGET。そう、ウチの味噌はフンドーキンなのだ。
a0222229_0524920.jpg

意外と納豆の種類も多かった。
しかも国産、しかも九州産。ちょっと意外。
a0222229_0542317.jpg

惣菜コーナーで寿司をGET。
a0222229_056586.jpg

軽くお腹を満たした後、地元のコンビニ「エブリワン」で飲み物なんぞを購入し、
a0222229_0563034.jpg

いざ、本日の宿がある宮崎県延岡市へ。
a0222229_0565728.jpg

高速道路を一気に進みつつ…、
a0222229_0575296.jpg

無事、延岡市に到着。
まずは、地元の夜景スポットとして有名な愛宕山へ。
a0222229_0582917.jpg

んーー、なかなか素晴らしい夜景だ…。
何気に、カップルけっこういたなぁ。
そう、カップルはなぜか、夜景が大好き。
a0222229_0585971.jpg

まだ20時前だというのに、やけに静まり返った市内中心部。
感覚的には、もう深夜って感じ。
a0222229_10279.jpg


そんなワケで、本日は終了。
明日は高千穂方面へ…。
本日10月23日は、NTTの前身である電気通信省が昭和25年に定めた、電信電話記念日らしい…。
なんか、いまいちよく分からん記念日だけど。

ここ数ヶ月の音楽三昧&バイク三昧な休日の過ごし方により、若干、家族の噴火警戒レベルが上がって来ているように感じたため、防衛線を張りつつも感謝の意を込めて、いろいろ頑張る週末としてみた。

北に行くか南に行くかで一瞬迷ったけど、
a0222229_18461.jpg

5月に北の大地に行ったので、今回は南へと向かうことにした。
a0222229_193544.jpg

あ…、しまなみ海道!
a0222229_110741.jpg

そんなワケで、
a0222229_1114096.jpg

熊本に到着。
本日の予定は、ここからミルクロード⇒やまなみハイウェイ経由で、大分県の湯布院まで行く。
a0222229_113385.jpg

途中、あっちこっち寄り道しつつ…、
a0222229_1154696.jpg

a0222229_1161420.jpg

a0222229_1163479.jpg

ミルクロードへ。
本日は阿蘇山がよーく見える。
a0222229_1172145.jpg

超快適ロードをグイグイ走りつつ…、
a0222229_1191331.jpg

途中、「ラピュタの道」へと立ち寄り。
a0222229_1194457.jpg

ココ、一度来てみたかったんだよなぁ…。
a0222229_1241852.jpg

ちなみに、ここからはこんな感じで阿蘇山を臨むことが出来る。
いやー、絶景絶景。
a0222229_1245557.jpg

当然のように、平日にも関わらずライダー多し。
このZX、なんと多摩ナンバー。自走してきたらしい…。
やるなぁ。
a0222229_1263740.jpg

そんな感じで…、
a0222229_1273695.jpg

ミルクロードを満喫。
a0222229_1281450.jpg

九州ってやっぱ、スケールが大きいぜ。
a0222229_129461.jpg

その後、やまなみハイウェイへ。
a0222229_1295963.jpg

こちらはいい感じで紅葉していた。
a0222229_1303533.jpg

一足早く紅葉が見れるとは、ラッキー。
a0222229_1311396.jpg

a0222229_1313157.jpg

2013年4月、千葉へ戻る直前に行った九州旅行の際は大雨で、楽しさ半減な感じだったけど、
a0222229_039571.jpg

今回はきっちりと、リベンジ達成。
a0222229_1385521.jpg

そして、無事に湯布院に到着。
a0222229_1434662.jpg

こちらも少しずつ、紅葉が始まっていた。
a0222229_1443866.jpg

湯布院の街中を散策。
a0222229_1451972.jpg

a0222229_1454660.jpg

a0222229_1463324.jpg

本日の宿は、市内からちょっと離れた、たった5部屋だけという小さな温泉旅館。
それぞれの部屋が独立した「離れ」になっており、各部屋に専用の半露天風呂まである。
a0222229_1482779.jpg

さらに、24h入湯可能な大きめの貸切風呂まであったりする。
んー、すばらしい…。
3日前の予約にも関わらず、よくこんな旅館が取れたもんだ。
a0222229_1513958.jpg

心身ともに、満足。
a0222229_153024.jpg


それしても最近、ほんとに遊んでばっかだ…(- -;
北海道3日目の5月24日(日)。
伊達市から室蘭市へと向かう国道37号線にて、衝撃的かつ謎の看板に遭遇。

思わず見間違いか??と思い、引き返してもう一度見てみると、やっぱり見間違いじゃなかった。



それがこれ。




a0222229_453320.jpg



なんの前触れもなく、突然現れるゴン太探しての看板。

な…、なんだ?これ…(- -;


そして、もっと衝撃的なのが、その裏面。
(ま、どっちが裏なんだかよく分からんけど…)





a0222229_4562775.jpg




犬かえして


ここまで来たらもう、事件だ。事件以外の、なにものでもない…。


あまりにも気になったので、「ゴン太探して」でググってみたら、その謎が解けた。

いろいろなBlogにも紹介されていたけど、ゴン太くん(黒ラブ)♂が行方不明とのことで、飼い主によるほんまもんの捜索願だった…。(画像拝借↓)
a0222229_55165.jpg


記事的には2011年6月頃なので、ちょうど4年が過ぎた感じ。

その後、ゴン太は見つかったんだろか…。
定刻通り、21時20分に成田空港に到着。
a0222229_0224529.jpg


本日もいろいろと書きたいところだけど、さすがに体がクタクタで、もう無理。
いつか、気が向いた時に書くことにしよう…。



2日目の朝 in 小樽。
今日は暑くなるそうだけど、北海道らしくカラっとした陽気になるとのこと。
期待、大!
a0222229_23312990.jpg


プラプラと寄り道しながら、駅前のレンタカーへ。
赤レンガで有名な東京駅の設計者・辰野金吾とその弟子である長野宇平治らが設計し、1912(明治45)年7月に完成したという、日本銀行旧小樽支店の建物。現在は金融資料館になっている。
100年前の建物とは思えない、すばらしい存在感。
a0222229_23365241.jpg

旧国鉄手宮線線路。
廃止から30年が経過したとは思えないほど、リアルな状態で保存してある。
今にも列車が滑り込んできそうだ。
a0222229_23385118.jpg

a0222229_23392695.jpg


小樽と言えばガラス工芸。
…というワケで、一応は観光なんかもしたりして。
a0222229_2340719.jpg


次に訪れたのは、旧手宮鉄道の施設を今に遺す、小樽市総合博物館。
ま、たまたま見つけたので立ち寄ってみたんだけど、
a0222229_23423845.jpg

ここがまた、鉄ちゃんにとっては超萌え萌えスポットで、
a0222229_23432651.jpg

観光客にもあまり知られていないためか、
a0222229_23434971.jpg

ゆっくりと落ち着いて見ることが出来る、素晴らしい鉄スポットだった。
a0222229_23443395.jpg

屋外には、かつて道内で活躍した車両たちが大事に展示されていたりする。
a0222229_23453093.jpg

ここの目玉はなんといっても、動態保存されているアイアンホース号。
1909年に製造されたアメリカ製蒸気機関車「アイアンホース号」が、客車を引っ張って構内を走ってしまうのだ。
こちらがそのアイアンホース号。とても100年前の機関車とは思えない、元気な走り。
a0222229_23504289.jpg

この施設には2台のターンテーブル(転車台)があって、それぞれの場所で向きを換える作業を見ることが出来る。
ターンテーブルへと向かって、ゆっくりと進んでいくアイアンホース号。
a0222229_23493468.jpg

こんなシーンが見れるとは…。
この施設、ある意味かなりのB級スポットだけど、やってることはけっこうスゴい。
a0222229_23502669.jpg

もう一方のターンテーブルがこちら。
扇形機関庫と共に、国の重要文化財になっているそうだ。
a0222229_23573369.jpg

a0222229_23584651.jpg

こちらは、機関庫の中で静態保存されている、大勝号。
a0222229_23591628.jpg

名前の由来は、完成したときに日清戦争(にっしんせんそう)が勝利に終結したからとのこと。
a0222229_014413.jpg

そんなワケで、小樽市総合博物館。
プラっと立ち寄ってみた割には、とても中身の濃い施設だった…。

昼食は、小樽市内で発見したこちらのお店、若鶏時代なると。
a0222229_04123.jpg

ずいぶん変わった名前だけど、地元のお客さんらしき方々で店内は満席。
そう、はっきり言って、観光客の姿は皆無だった…。
a0222229_05134.jpg

らーめん、餃子、天丼、御寿司…等、いろんなメニューがあるが、このお店の名物は、なんと言っても若鶏の半身揚げ。
a0222229_062617.jpg

専用の調理スペースでは、5台ものフライヤーを駆使して、若いにいちゃんが延々と若鶏を揚げていた。
a0222229_082234.jpg

そんなワケで、海鮮丼と若鶏半身揚げという、いまいち節操のないメニューをオーダー。
a0222229_09726.jpg

食べても食べても減らない、超ボリューミーな半身揚げ。
軽い塩味に、外はパリっと中はジューシー。
a0222229_0101250.jpg

ん~、超美味し!
a0222229_0103993.jpg

注文方法もちょっと変わってたりするところがまた、いい感じ。
ご馳走様でした。
a0222229_0123268.jpg


その後、余市のニッカウィスキー工場へ。
a0222229_0133771.jpg

マッサンの影響か、かなり賑わっているご様子。
a0222229_016418.jpg

a0222229_0135060.jpg

a0222229_014251.jpg

a0222229_0141546.jpg

a0222229_0142860.jpg


その後、神仙沼経由でニセコへ。
a0222229_0174931.jpg

素晴らしい景観の、ニセコパノラマライン。
a0222229_0183754.jpg

次は是非、バイクで走ってみたいもんだ。
a0222229_01916.jpg

a0222229_0191622.jpg

a0222229_0192899.jpg

a0222229_0194313.jpg

a0222229_041740.jpg

a0222229_041226.jpg

雪解け水で作られた、自然の滝。
a0222229_0201099.jpg

水の流れ落ちる豪快な音が、ニセコ地方に春を知らせてくれる。…なんて言ってみたり。
a0222229_0205665.jpg

a0222229_0214886.jpg


そんなこんなで…、
a0222229_023755.jpg

北海道の豪快なワインディングと直線道路を、
a0222229_0232786.jpg

思う存分、満喫。
a0222229_0241923.jpg

いくつもの山を越え、
a0222229_0254739.jpg

内浦湾へと出た。
a0222229_025273.jpg

向こう側に見えるのは函館あたりだろか…。
a0222229_027834.jpg

a0222229_0435230.jpg

a0222229_044840.jpg

a0222229_0442262.jpg


その後、昭和新山を横目に見つつ…、
a0222229_0274552.jpg

伊達市内で夕食。
a0222229_0281667.jpg


本日の宿は、洞爺湖温泉の格安素泊まりプラン朝食付き…。
a0222229_0292966.jpg

洞爺湖温泉では、毎日20時45分から30分間、水上花火が打ち上げられるとのこと。
これは見とかねば。

なかなか豪快!
a0222229_0315650.jpg

a0222229_0322935.jpg

a0222229_0324114.jpg


さて…。
a0222229_0332753.jpg


明日は、室蘭⇒登別⇒苫小牧⇒支笏湖…は行ったから、千歳…か。
a0222229_0524913.jpg

あれ…?
今回は札幌を完全にスルーしてるな…(- -;



午前5時50分。
いつもの駅から、いつもとは反対側の、成田方面への電車に乗る。
平日にこれ、一度やってみたかったんだよなぁ。
a0222229_55932.jpg

噂のLCCターミナルから…、
a0222229_56348.jpg

一気に、
a0222229_561764.jpg

北の大地へ。
関東に比べ、季節が1ヶ月半くらい遅れてる感じ。
なんだか、タイムスリップした感覚。(それは言いすぎか…)
a0222229_563244.jpg


まずは、レンタルバイク屋さんに。(予想通りの行動)
本日の相棒は、ホンダが放つ新しいコンセプトのクルーザー、CTX700。
ま、今日はタンデムだし、無難なスクーターよりも、前項のキツい元気なバイクよりも、コイツでのんびり流すのがBSETな選択かなと。
a0222229_592295.jpg

レンタル時間は4時間。
この短い時間で、どこまで行けるだろか…。

考えてる時間ももったいないので、まずは、ここから比較的近い支笏湖へ。
千歳市内を抜けると…、
a0222229_5143823.jpg

あっという間にこんな風景になって…、
a0222229_5154377.jpg

そしてこうなる、みたいな。
スゲー!
北海道ならではの、スーパー直線道路!
a0222229_5163565.jpg

道道16号線支笏湖公園線っていうらしい。
北海道に来たな~って感じがするぜ~!
a0222229_5181753.jpg

そんな直線道路を抜けると、
a0222229_519286.jpg

いよいよ支笏湖へ。
a0222229_5195127.jpg

おおっ、これはまた素晴らしい風景。
a0222229_520171.jpg

日本最北の不凍湖である支笏湖。
a0222229_5203268.jpg

湖の周囲は約40km、最大水深360m、平均水深265m。
面積は琵琶湖の1/9程(国内では8番目の大きさ)だが最大水深は3倍以上もあり、貯水量は琵琶湖に次いで日本で2番目に多いとのこと。(Wikiより)
a0222229_528854.jpg

ん~、気持ち良すぎる…。
a0222229_5204917.jpg

a0222229_5213674.jpg

一周できるのかと思いきや、温泉宿にて行き止まり…。残念。
a0222229_533072.jpg

気を取り直し、札幌方面に向かいつつ…、
a0222229_5333941.jpg

途中から道道117号線にて恵庭方面へ。
a0222229_535356.jpg

途中、いくつもの滝スポットに遭遇。
a0222229_5391185.jpg

こちらは、超豪快な「白扇の滝」。
a0222229_5374874.jpg

轟音と共に流れ落ちる様は、まさに圧巻。
a0222229_538181.jpg

こちら、全体像がいまいち分からないアングルな、ラルマナイの滝。
a0222229_5404059.jpg

もう一つ、三段の滝なんてのもあったけど、写真撮り忘れた…。

ラルマナイの滝で、野生のキツネに遭遇。
a0222229_5412520.jpg

いいのか悪いのか、人間が餌を与えるため、スゲ~人間慣れしてた。
残念ながら、なにもないですよ。
a0222229_5425128.jpg

福島県いわき市から来られたというライダーに遭遇。
仙台港からフェリーに乗って、今日北海道に上陸したとのこと。
a0222229_544670.jpg

特にどこへ行くでもなく、行き当たりばったり的に走るそうだ。
なぜか、ライダーってそういう人多い気がする…。
お気をつけて…。あ、またキツネが…。
a0222229_5454671.jpg

その後、恵庭市内へ。
市内を外れると、広大な牧草地帯が広がっていた。
a0222229_5484553.jpg

なんだかんだで、結局100kmくらい走った。
返却前に入れたガソリンは3L程度なので、燃費は30km/l以上ってコトか…。
やっぱり、スゲ~なこのエンジン。
a0222229_551333.jpg

そんなワケで、4時間ちょうどのオートバイプチツーリングは無事終了。
北海道がライダーに愛されているのが、よ~~~く分かった。
是非また行きたい、今日この頃…。

その後、再び空港へと戻り、ラーメン道場にて…、
a0222229_554525.jpg

本場の味噌らーめんを…。
このお店は、ススキノにもお店があるという「けやき」。
麦味噌を使ったらーめんは、コクがあって超美味し!
a0222229_5554348.jpg

その後、快速エアポートにて小樽へ。
a0222229_5562319.jpg

小樽に来るのはほんとに久し振り。15年振りくらいだろか。
a0222229_5571380.jpg

a0222229_5582488.jpg

1985年に廃止となった、旧手宮線の線路。
そのままの姿で残ってるってのがすごい。
バックトゥザフューチャー3の最後のシーン、デロリンアンが現代に戻ってきた時に走ってた線路の、あの風景になんだかよく似てる気がする。
a0222229_5592834.jpg

ちなみにここ、北海道で最初の鉄道だったりする。
このまま末永く残しておいてほしいもんだ。
a0222229_612369.jpg

小樽市内には、このような古い施設や建物が数多く残されている。
a0222229_632097.jpg

こちら、旧三井銀行小樽支店。
ここで使われている花崗岩はなんと…、
a0222229_64285.jpg

岡山県北木島のもの!
a0222229_65244.jpg

はるばる、あの島から運ばれてきたとは…。(↓北木島にて)
なんだか、感慨深いものがあります…。
a0222229_611691.jpg

今夜泊まるホテルは、元北海道拓殖銀行の建物を改装したとのこと。
a0222229_613038.jpg

歴史を感じる佇まい。
銀行がホテルに変わってしまうとは…。
a0222229_6143816.jpg

定番の観光スポット、小樽運河へ。
a0222229_6161285.jpg

a0222229_6162781.jpg

a0222229_6164489.jpg

観光客がまったく居ない、市内からちょっと外れた場所で、なんだか美味しそうな雰囲気を放つお店に遭遇。
a0222229_6173253.jpg

ここでちょっと早めの夕食を。

街の洋食屋さんということで、地元の方々で賑わっていた。
小樽とはまったく関係ないであろう、ビーフストロガノフをオーダー。
これ、今まで食べた中で、サイコーに美味し!な味だった。
a0222229_619167.jpg

そしてコチラは、このお店オリジナルな「あったまーレ」。
ほんと、体の芯から温まりました。
a0222229_7363015.jpg

思いがけず、素晴らしく美味しいお店で夕食を済ませた後は、再び夜の小樽市内散歩へ。
a0222229_6215866.jpg

a0222229_6221168.jpg

a0222229_6223196.jpg

a0222229_6224456.jpg

a0222229_623336.jpg

a0222229_6231724.jpg


明日は余市⇒倶知安⇒洞爺湖あたりで…。
a0222229_6241512.jpg