人気ブログランキング |

<   2009年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

「モツ」と言えば、牛か豚が定番。
特に最近では、牛モツ焼き屋が急激に増えた。
コプチャンのあのトロっとした脂、テッチャンのあの歯ごたえ、そしてハラミのあのジューシーさ…。
牛モツには奥深い魅力が満載である。

そんなワケで本日。
牛モツでも豚モツでもないモツ煮込みを発見した。
それがコレ。
e0152357_07726.jpg

なんとも不思議な料理、馬肉のモツ煮込み。
かなり濃く味付けされた味噌により、風味もへったくれも無くなっているが、しっかり煮込んであるので、かなり柔らかい。
e0152357_0105432.jpg

食べてみると…。
味的にも食感的にも、ほとんど牛と同じような感じである。
言われなければ「馬」とは分からない。ま、言われても分からないが…。
2008年12月6日の記事に続く、川柳ネタの第二弾。
今回はどんな面白ネタが転がっているのか。
e0152357_2330477.jpg


まずはコチラ。
e0152357_2331352.jpg

着飾って 出掛ける妻が 気にかかる
いつになく着飾って出掛けていく妻を見て、どこにいくのか気になっている夫の心情を詠んだ歌…なのかと思ったが、作者はどうやら「昭子」という名の女性。
多分に「希望」が混じった歌ではないか?と取れる。
と言うことは、現実にはこの歌とはま逆で、化粧を変えようが髪を切ろうが、まったく気に掛けない夫がそばにいるんじゃないか?という推測をすることが出来る。
素晴らしく、余韻の残る歌である。

次はこれ。
e0152357_23362270.jpg

変身は スーパーマンの 孫に聞け
まったくもって、意味の分からない歌である。
なんで唐突に「変身」が来るのか。
なぜ孫が「スーパーマン」なのか。
「だれ」が「変身」についての「何」を聞きたいのかが、まったく分からない。
いったい、何の意味があるんだろうか…。

最後はコレ。
e0152357_23394430.jpg

この川柳サークルは、とんでもなく自由な環境でノビノビとした発想の持ち主が多いのだろう。
よろめきの 元はしがない プレゼント
プレゼントをもらったはいいけど、あまりにも期待外れなものだったために、思わずズッコケてしまいましたよ、という解釈でいいんだろうか。だとすれば、なんとまぁ、バチあたりな歌というかなんというか…。

この川柳サークルからはしばらく、目が離せない・・・。
by masa6-COMPASS | 2009-01-13 23:11 | 雑記 | Comments(0)
ライコランドへガエルネ オフブーツを取りに。
これでブーツは手に入った。次はプロテクターである。
ライコランドに行くと、ついつい隣りの懐かし広場に寄ってしまう。

今日ハマったのは二つ。
①ゼビウス
e0152357_23464660.jpg

ハイスコアには遠く及ばなかったものの、2位をゲット。
次にコチラ。
②電車でGO!2
e0152357_23475186.jpg

意外と遊べる。
by masa6-COMPASS | 2009-01-11 23:12 | 雑記 | Comments(0)
引っ越し当日。
トラックに積み込まれるKSR。
e0152357_23414268.jpg

by masa6-COMPASS | 2009-01-10 23:12 | 雑記 | Comments(0)
ふと立ち寄った、あるメーカーのショールーム。
その中にあった、住宅用洗面台に思わず釘付け…。

これまた、かなりぶっ飛んだデザイン…。
e0152357_22441719.jpg

ガラスと洗面台との隙間に、水が流れていく仕掛け。
日本のメーカーではまず、こんな発想は無理…。
さすがイタリア。
デザインセンスにも、どこか陽気な明るさを感じる…。
by masa6-COMPASS | 2009-01-09 23:13 | 雑記 | Comments(0)
土曜日に引っ越しを控えており、今週はずっとバタバタ。
まだ半分も荷造りが終わっていないが、時間だけは刻一刻と、引っ越しの日に向かって動いている。
思えばこの数年間、毎年のように引っ越しをしてきた感じがする。
特に2000年から2008年にかけては…、…今自分で数えてビックリした。
8年間で合計9回の引っ越し。仕事絡みとは言え、ここまで来ると、ある意味異常である。

今回は業者にお願いする形とした。
e0152357_0372383.jpg

パンダの絵、よ~く見ると一匹だけ表情が違う…。
なぜだ??

ま、自分で落書きしたんだけど…。

同じ市内での引っ越し。ま、区は変わるが…。
これを人生最後の引っ越しとしたい、今日この頃である。
by masa6-COMPASS | 2009-01-08 23:25 | 雑記 | Comments(0)
むつみ屋の白味噌ラーメン。
e0152357_0115270.jpg

「愛の貧乏脱出大作戦」で一躍有名となり、その後トントン拍子に人気が急上昇。驚異的なスピードでFC展開を進め、一時は120店舗までに店舗数を増やすが、諸々の事情により急激に店舗数を減らし、今では約60店舗ほど。ある意味、FCの難しさを露呈した、いい見本でもある。
とかなんとか言いながらも、食べるとけっこうウマかったりする。
総本店近くの工場で作ったスープを急速冷凍で店舗に直送し、届いた店舗では解凍するだけという手軽さ。FCオーナーには、スープへのこだわりはないんだろうか…。
スープ以外の食材についても、月形の工場でのマーチャンダイジング化により、フードコストは29%台に抑えられているとのふれこみ。
仮に、1000万売った時の労働生産性を4,500円とし、正社員を2名換算で月320h、アルバイトの総労働時間を1,900hとすると、仮にアルバイトの労働単価が850円とするならば、
850×1,900h=1,615,000円…①、
正社員労働単価を2,000円とすると、
2,000×8h×21日×2名=672,000円…②、
①+②=2,287,000円→レイバー22%④(若干高い…)
原価率29%+④=51%。
なんと!
FLで51%…。(ま、あくまでも机上論だが…)
これは儲かるはずだ、たしかに…。
e0152357_0121571.jpg


そんなワケでこちら。
e0152357_0131129.jpg

東京メトロのマナーポスター1月編。
こういうヤツ、たしかにいるなぁ。
by masa6-COMPASS | 2009-01-07 23:26 | 雑記 | Comments(0)
プロフェッショナル(プロ)とは、
【ある分野について、専門的知識・技術を有していること、あるいはその専門家のこと】を指すらしいが、知識と技術だけを持ち合わせていればプロと呼べるのか?と言えば、ワタシは一概にはそうと言いきれないと思う。
本当に大事なのは、知識と技術に裏付けされた、マインドをしっかりと持ち合わせているかどうか?だと思う。

ふと乗った路線バス。
乗った区間は、海浜幕張駅から幕張本郷駅までで、時間にしても10分ほどの距離。
e0152357_1392678.jpg

この区間は、総武線と京葉線を結ぶ大事な路線で、鉄道で繋がっていない分、路線バスがひっきりなしに行ったり来たりしている区間なのだ。
とにかく、そんな路線バスに乗ったワケだが、ワタシが乗ったバスの運転士、この方の仕事に対する厳しさ、乗客に対する思いやり、道を行く歩行者への気配り、そして肝心な運転テクニック…。
どれを取っても、私が今までに経験したことのない、高いレベルを持ち合わせた運転士さんで、その素晴らしきプロの後姿に、思わず圧倒されてしまった。

年はそろそろ定年に差し掛かる頃だろうか。
非常に小柄な体で、この大きな車体を、まるで自分の手足のように操る。
発進の際に体にかかるG。
このGを感じ始める瞬間に、彼はギアを変える。
その際に踏むクラッチと、アクセルを緩めるタイミングがまた、かなり絶妙なため、不穏な動きなどみじんもなく、クルマは何事も無かったかのようにギアを変え、速度を増していく。

交差点では必ず指差し確認。それも素早い。
信号待ちに差し掛かると、そのかなり手前の位置から減速。
その際も排気ブレーキを十分に効かせるため、ブレーキによる不自然な減速感はない。
もちろん、停止する瞬間も、まったく「カックン」とせず、するする…ピタ!っと止まる。
左折時の巻き込み確認、車内でのアナウンスなどなど、到着するまでの10分間、ワタシの目はこの運転士さんの一挙手一投足に釘付けとなった。
すべてがまさに「プロ」の仕事、かっこい~のである。

電車の運転士にも、いろんな人がいる。
明らかに乱暴な運転をする人、確実に技術不足な人、乗っている乗客のコトをまったく気にしていない人…。
とにかく、いろんな人がいる。
総武線快速で東京方面に行く機会があったら、ぜひ市川駅での運転に注目するといい。
ここは特急通過の待避駅としての役目があり、通常の快速列車は、ホームに入る際にポイントを通過するため、大きく揺れる。
この揺れを発生させないよう、駅到着のかなり前から速度をコントロールして場内進行する人と、まったく考えず、大きく揺れながら自分のペースで進行してくる人。
ここでの違いは、人によってほんとに違う。
是非、気にしながら乗ってみると面白い。

「プロ」としての自覚と誇り。
これは知識・技術だけでは測れない、もっとも大事な要素だとワタシは思うわけである。
by masa6-COMPASS | 2009-01-06 23:26 | 雑記 | Comments(0)
つい2~3日前に、「今年はいったいどんな人生初体験が待ってるのか!」なんて、偉そうに書いてたが、本日、早くもそんな「人生初体験」を迎えた。
e0152357_22285363.jpg

ケモ道にて、ジェイソンの仮面をかぶった状態で、チェーンソー。

普通に考えて、あり得ない初体験…。

考えてみれば、「人生初体験」なんてものは、そこら中に転がってるワケで、考えようによっては日々の生活の中に必ず一つは「人生初体験」となる出来事があるんだと思う。
そう考えれば「毎日が同じ」にはならないはず。
必ずどこかしらに変化があって、それに気付くか気付かないか?の差。
この差によって、人生を楽しく過ごせるか否かが決まってしまう…と言っては、言い過ぎか?

人生、ポジティブに行きたいもんである。
by masa6-COMPASS | 2009-01-04 23:27 | 雑記 | Comments(0)
都内某所。
狭い路地に焼肉屋がひしめき合う。
e0152357_2321031.jpg

写真で確認できるのは6店舗。
でも実際に歩くと、見えないトコロに3店舗ほどあり、30mほどの路地に合計9店舗もの焼肉屋が乱立する。
それでも各店、きちんと営業できているというのだから大したもんだ。
by masa6-COMPASS | 2009-01-03 23:27 | 雑記 | Comments(0)