<   2018年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

結成して4年が経過したAccord-E。
a0222229_01383459.jpg
その練習場所であるもりんぴあでは、年に一度、「もりんぴあフェスティバル」という名のお祭りが開かれます。この施設で活動している団体が一堂に会し、それぞれの成果を発表する…という貴重な場。
a0222229_00535264.jpg
これまで4回ほど、そのフェスティバルに参加をしてきた、我がAccord-E。
今年は9月24日に予定されており、もちろん参加する予定。
その打ち合わせが本日、もりんぴあで行われました。
a0222229_00502685.jpg
ワタシ達が最初に参加した2014年には、ホールを使用する音楽関係の団体は5団体くらいだったのが、いまや13団体。ずいぶん増えたもんです。
a0222229_00500794.jpg
ちなみに、この施設自体、完成からまだ5年しか経過していません。何気に、ちょうど5年前の今日、2013年6月30日に開館式を行ったとのことでした。
へー、そうなんだ。
a0222229_00502633.jpg
本日最大のPOINTは、当日の演奏順を決めること。
希望時間帯が他の団体とかぶると、最終的にじゃんけんで決める…というコトで、ちょっとドキドキしましたが、
a0222229_00502527.jpg
無事、希望通りの時間帯(順番で2番目、演奏時間が10時40分~11時10分)をGET。
a0222229_00502634.jpg
まだ人出も集まりきっていない午前中に演奏するには、深いワケがあります。
これは一昨年の画像で、この時も午前中枠での演奏。
実は、この演奏会のあとに…、
a0222229_00502543.jpg
毎年、スーパーBBQ大会を開催している…というのがその理由。
時間の都合上、本番が午後になってしまうと、この楽しい宴が実現不可能となってしまうワケです。
それは避けねば…。
a0222229_00502632.jpg
そんな感じで、ある意味、責任重大な役目だったけど、無事に果たせて良かったです。
もう既に今からBBQ大会が楽しみです。これは去年↓
a0222229_00502546.jpg
…というワケで、16時という中途半端な時間で打ち合わせが終了。
楽団の練習まで微妙に時間があるので、成田空港近辺をうろうろしながら、時間をつぶします。
a0222229_01075553.jpg
特に意味もなく、出発ゲート周辺へ。
a0222229_01075562.jpg
更にその後、航空博物館をぷらぷら。
a0222229_01080825.jpg
無料エリアには、貴重な飛行機達が静態保存されています。
a0222229_01080862.jpg
a0222229_01080773.jpg
a0222229_01080868.jpg
a0222229_01080781.jpg
a0222229_01080805.jpg
そんな感じで無駄に時間を過ごし、18時より楽団の練習。
しっかりかっちり3時間、練習をしてきました。
a0222229_01081440.jpg
気付いたら、今年もいよいよ後半戦に突入。早いもんです。
忘年会で美味しいお酒が飲めるよう、いろいろ頑張ってみたいと思います。


by masa6-COMPASS | 2018-06-30 23:59 | 雑記 | Comments(0)
※この実験は、6月24日(日)に行われました。

前回の、2泊3日仙台地方突発的旅行に続き、今回は「日帰り」での突発的小旅行の検証を行ってきました。

午前7時00分。
どこへ行くかの家族会議を開始。
なんやかんや出たけれど、今回は「中途半端な距離感」ってコンセプトで、神奈川県小田原市に決定。
千葉市からだと120km程度、所要時間は2時間弱。近くもなく遠くもなく、なんとも、中途半端…(- -
a0222229_02021683.jpg
なにがあるの?って言われても、小田原城しか浮かばない。
これまた、観光地としてもイマイチ、中途半端…(- -;
(いや、自分がその街の魅力を知らないだけ)

そんなワケで、午前8時50分。
雨の首都高速3号線を、ひたすら西へ。
予報では晴れだったのに、むちゃくちゃ降ってるし…。
a0222229_01540539.jpg

午前9時40分、小田原市到着。
予想通り、あっという間に着きました。
普段、遠いところばかり行ってるからか、すげー近く感じます。

まずは、かまぼこで有名な、鈴廣かまぼこ博物館へ。
a0222229_01543685.jpg
博物館というだけあって、かまぼこの歴史から材料、作り方に至るまで、細かく展示。
a0222229_02081451.jpg
a0222229_01543626.jpg
かまぼこ職人には、一級技能士と二級技能士があるとのこと。
初めて知りました。
技能検定の資格を持つ職人が次々と育つことで、このかまぼこの味・伝統が受け継がれていくそうです。
a0222229_01543784.jpg
ここには工場も併設されております。
黙々とちくわを焼く職人さん。
a0222229_01543652.jpg
んー…、見るからに美味そうです。
a0222229_01543663.jpg
…とまぁ、そんな感じで、
a0222229_02081574.jpg
展示物を見ているだけでも、それはそれでとても楽しいのですが、ここの目玉は何と言っても…、
a0222229_02081574.jpg
かまぼこ手作り体験教室。
一日に数回行われるこの教室は、すでに予約でいっぱい。
ファミリーに大人気なご様子です。
事前に予約しておけば良かった…(- -;
突然、思い立っての行動は、こういうのに弱いです…。
a0222229_01541260.jpg

この施設の2Fには、「かまぼこ板絵国際コンクール」の入賞作品が多数、展示されておりました。
これがなかなか、興味深い感じです。
ってか、そんな国際コンクールがあったとは…。
a0222229_02180109.jpg
ちなみにこのコンクール、こんな感じのペースで開催されているようです。
a0222229_02173629.jpg
実際、どのような作品があるのかというと、こんな感じです。
ちなみに、↓ 枠に見える部分も、よーく見たらかまぼこ板でした。
a0222229_02211362.jpg
かまぼこ板を2枚、貼り合わせて使用。
a0222229_02202665.jpg
a0222229_02202654.jpg

縦に2枚。
a0222229_02202632.jpg

斜めに2枚。
a0222229_02202513.jpg

開く形で2枚。
a0222229_02202566.jpg

縦・横の組み合わせ。
a0222229_02202572.jpg

横にずらした形で2枚。
a0222229_02242208.jpg
a0222229_02243840.jpg
a0222229_02243246.jpg

番外編、めっちゃ立体的。
a0222229_02240311.jpg
a0222229_02241092.jpg
a0222229_02265257.jpg
a0222229_02235991.jpg

八代亜紀さんの作品も展示されていました。
あの方って、こういうのもやるんですね。
a0222229_02281671.jpg

そんなこんなな作品たち。
a0222229_02244770.jpg

かまぼこ板一つでこれだけの可能性。
この小さな板には夢があります。それを、この板の中に見出だせるか。普段、そういうスタンスで物事を見ているか。
いろいろと考えさせられる、かまぼこ板絵でした。
a0222229_02202570.jpg

その後、隣接する直売所へ。
かまぼこの歴史を知り、興味が沸いてきたところでこれが登場するという、完全に商業ペースに乗せられている状態ではありますが、それでも思わず、いろいろ買っちゃうんだよなぁ…。
a0222229_02323573.jpg

多種多様なかまぼこが売られてました。
a0222229_02380058.jpg

ここは駅とも直結しており、アクセス抜群!
いい感じで、小田急ロマンスカーが滑り込んで来ました。
a0222229_02345334.jpg
おー…!
a0222229_02345308.jpg

そんな感じで、大量にお土産を仕入れて来ました…(-_-;)
しばらくはかまぼこ漬けな毎日ですね。

さて。
ここまではまぁ、なんの下調べがなくても何とかなりましたが、ここから先、どうしたもんか…。

いろいろと調べたところ、ちょっとマニアックな施設があるのを発見。それがコチラ、「生命の星・地球博物館」。
早速行ってみました。
a0222229_02323584.jpg

なんともカタい感じの施設ですが、これがなかなかどうして。
a0222229_02411183.jpg

バブリーな建物とは裏腹に、入館料500円という比較的安価な価格設定。入ってびっくり。
展示物一つ一つの作り込み、そして内容が半端ないです。
a0222229_02413787.jpg

貴重な資料の数々。
これは本物の隕石だそうです。
a0222229_09105145.jpg
なんか、いろいろあります。
これ、好きな方にしてみれば垂涎ものかと。
a0222229_02413851.jpg
a0222229_02413864.jpg

小田原に行った際には、是非!
ある意味ここ、穴場だと思います。
a0222229_02413877.jpg

a0222229_02415360.jpg

a0222229_02413835.jpg
a0222229_02415230.jpg
a0222229_02415308.jpg
a0222229_02413736.jpg
a0222229_02413724.jpg

子供たちの、夏休み自由研究とかにもいいかも。
a0222229_09105118.jpg

大満足な施設でした。
a0222229_02412049.jpg
a0222229_09105159.jpg

時刻は13時30分。
そろそろお昼にしましょう…ってコトで、これまたいろいろと検索した結果、小田原は魚が美味い!という情報をGET。
よく考えたら、小田原って海沿いの街だし、漁港もある。そりゃー、美味い魚があって当然。
で、漁港に行ってみるも、車が溢れかえり駐車場に辿り着くまでに大渋滞が発生。早々に退散…(- -;

この辺りは、町としてしっかりとした対策が必要な気がします。
せっかくのビジネスチャンスがもったいないです。

いったん、駅前へ。
真新しい駐車場に車を停め、市内をぷらぷら。
ちなみにこの駐車場、一階が市民のコミュニティの場となっていて、たくさんの方達がなんかいろいろやってました。
a0222229_09185294.jpg

a0222229_09185195.jpg

定期演奏会のポスターの上に、無造作に貼られたもう一つのポスター。これはちょっと、マナー違反では…?(- -;
a0222229_09185233.jpg

気になって、ポスターをよーく見てみる。
なんと、113回目の定期演奏会!
いったい、いつからやってんの?って感じの、老舗吹奏楽団でした。「お山ソング・コレクション」がちょっと気になる…。
a0222229_09185228.jpg

そんな駐車場近くで、漁港直轄という小さな料理屋さんを発見。
ここで昼食をGET。小田原はやはり、魚が美味かった…。
a0222229_09162795.jpg

巨大なアジフライがまた、絶品…。
ザクッとした食感がたまりません。
ごちそうさまでした。
a0222229_09162783.jpg

その後、小田原観光と言えばやっぱりここは外せない、小田原城へ。
a0222229_09252544.jpg

そう言えば、数週間前の「週刊バイクTV」で、小田原城やってたなぁ…。急に思い出しました。
a0222229_09252580.jpg
潜在意識の中にそれが残ってて、今回ここに来てしまった…。
案外、そんなもんなのかも…(- -;
a0222229_09252684.jpg
石落とし。
これもやってたよーな気がする…。
a0222229_09252625.jpg

a0222229_09253429.jpg

そんな感じで、天守閣。
ここは小学生の時に一度、来たことがあります。
a0222229_09253462.jpg

a0222229_09253564.jpg

せっかくなので、お城の中へ。
a0222229_09253532.jpg
これを絶景と言わずしてなんと呼ぶ?ってくらいの、素晴らしい眺めです。
a0222229_09183023.jpg
a0222229_09183092.jpg

遠くに見えるのが伊豆大島。
あそこにも行ったなあ…。日帰りで。
a0222229_09183090.jpg
a0222229_09183088.jpg

小田原駅に到着する、東海道新幹線。
a0222229_09303815.jpg

小田原駅を出発する、箱根登山鉄道。
a0222229_09303833.jpg

それはまるで、ジオラマのよう…。
a0222229_09303837.jpg

もちろん、ロマンスカーもいます。
a0222229_09321592.jpg

そんな感じで、小田原城を満喫。
さすが、小田原観光の要。
見所たっぷりでした。
a0222229_09322756.jpg
a0222229_09322672.jpg

時刻は17時過ぎ。
中途半端な時間ですが、ここから西湘バイパスを抜け、帰路につくことにします。
a0222229_09185374.jpg
東名高速海老名SAに立ち寄り。
a0222229_09185212.jpg

再び首都高3号線。
a0222229_09185381.jpg

19時過ぎに無事帰宅。
夕焼けがとてもきれいでした。
a0222229_09185242.jpg

…というワケで、突発的日帰り小旅行は無事に終了。
小田原は、No Planでも十分に楽しめる、奥深い街でした。
中途半端なんてとんでもない。

人生は有限。
やはり、「行きたいと思った時が行くべき瞬間」です。

さて。
次はどこへ行こうか…。


某一般社団法人立ち上げの記念会に参加させて頂きました。
a0222229_01511539.jpg
会社は違えど、同じ業務に従事する人達が多数参加。
時には商売敵、時にはライバル。
そんな人達が一堂に会しているけれど、是非お互いがいい形で自社のビジネスに繋げられるよう、この会がその源泉になって行ければと思う今日この頃です。それにしても、ほんといい刺激を受けてきました。
a0222229_01511500.jpg

本日の「マツコの知らない世界」で、なんと!
岡山県笠岡市の「笠岡ラーメン」が出ていたとのこと。
放映に気付いた家族が録画してくれていました。感謝!

出ていたのは一久。
a0222229_01511618.jpg
もちろん、岡山在住の際には何度か行かせて頂きました。
いやー、なつかしいです。
a0222229_01512610.jpg
マツコさんもおっしゃってましたが、このラーメン、スープと麺との相性がバッチリ。
鶏だけで作るラーメンとあって、関東の方にとっては初めて食べる味かも知れません。
a0222229_01511688.jpg

たまごを生んだ親鶏だけを使って作るこのラーメンには、何とも言えないうま味があります。
あ、同じコトをTVでも言ってた…。
a0222229_01511730.jpg
以前、このblogでネタにしていたコトが判明!
コチラです。

a0222229_01512641.jpg
やばい。
食べたくなってきた…(- -;

4年ほど前から、楽団の音楽監督としてご指導頂いているS田先生 ↓ と、
a0222229_06424221.jpg
3年前から(お付き合い自体は10年以上)、楽団の定期演奏会にゲスト出演してくださっているプロドラマー、T崎さん ↑ のお二人が所属する小編成アンサンブル楽団、「ZEXT BRASS ENSEMBLE」の、3回目となる千葉公演があるとのことで、行って参りました。
a0222229_06590306.jpg
千葉に住んでいながら、しかもウチの近所でありながら、ここに来るのは何気に初めて…。
こんな立派なホールだったとは知りませんでした。
a0222229_06412222.jpg
演奏会後、クリニックも行われるようです。
S田先生にしてみれば更にその後、うちに楽団の音楽指導があるワケで…(- -;
a0222229_06412327.jpg
やはり、ホンモノを聴くってのはとても大事です。
自分の音と比較してどうなのか、なにがどう違うのか。それはなぜなのか…。
そして、コンサート全体としての構成はどうなのか、どんな企画とコンセプトなのか…等々、勉強になる部分がたくさんあります。
演奏も素晴らしく、あっという間の90分でした。

基本は金管アンサンブルで、そこにパーカッション&ドラムを入れている…というのが特徴。
ある意味、Accord-Eのコンセプトにも少々、似ていたりします。
こういうサウンド、絶対あり!だと思います。
a0222229_06412239.jpg
そんなこんなで…。
a0222229_06412333.jpg
夕方からは楽団の練習。
なんだかんだで、今日は一日中、音楽にどっぷり浸かってたような…。
a0222229_06412248.jpg
本日はなんと、ファゴットの見学者が…!
小学校の先生である団員2名の元生徒さんという、偶然の繋がりに二度びっくり。
a0222229_07063547.jpg
是非、いい出会いにしたいもんです。


by masa6-COMPASS | 2018-06-23 23:59 | Comments(0)

思いがけず、充実した1日目を過ごすことが出来た今回の突発的旅行。
さて、2日目は一体、どんな一日になったのでしょうか…。

宿泊したサンファンビレッジは、ツインとかもあるにはあるけど、基本的にはシングル。
よって、今回は家族別々の部屋で朝を迎えました。この感覚、ちょっと新鮮。

a0222229_23210637.jpg
元々、ライダーが多いこの宿泊施設。
フロントには、その年に来たライダーの写真がズラズラっと貼られています。
a0222229_23214202.jpg
1ヶ月前のワタシが、そこにいました…(笑)
a0222229_23214289.jpg
更に、前年までの写真はアルバムで保管されており、なつかしのCBRと共に写る、2年前のワタシを発見…(笑)
よく見ると「神奈川県」ってなってますが…(- -;
a0222229_23214270.jpg
朝食後の散歩。
a0222229_23210667.jpg
a0222229_23210609.jpg
a0222229_23214149.jpg
ん…?
あれはいったい…。
a0222229_23210659.jpg
よく見たら、打ち上げ花火の本体!
…というコトは、昨夜の花火はこの辺りで打ち上げられてたってコトか…。
a0222229_23210641.jpg
さて。
ではいよいよ、出発しましょう。
No Planな一日の始まりです。
a0222229_23214131.jpg
まずはいつものコバルトラインへ。
がしかし、折からの雨で、せっかくの絶景がまったく見えず…。
a0222229_23223056.jpg
以前にも、旅先でこういうコトがあったなぁ…。
そう、これこれ。
a0222229_23381908.jpg
2012年8月、広報係。さんと共に行った、高知県瓶ヶ森林道(別名「UFOライン」)。
せっかく気合い入れて瀬戸内海を渡ったのに、この状態…。
あの時は二人で泣いた…(T T
a0222229_23382277.jpg
<詳細をお知りになりたい方は、コチラをどうぞ>
a0222229_23403760.jpg

ま、こんなコトもあります。
また次回に期待しましょう。
a0222229_23223050.jpg

その後、昨日に引き続き、女川駅前のシーパルピアへ。
a0222229_23223147.jpg

a0222229_23223124.jpg

ここで、新鮮な雲丹をGET。
捕れたてらしく、まだ動いていました。
a0222229_23223139.jpg

体の中味が無くなってもなお、生きるために必死に逃げようと動く雲丹…。
なんだか、スゲー罪悪感が…(- -;
a0222229_23223199.jpg

…とか言いつつ、ぷりぷりの牡蠣まで頂いてしまうおれって一体…。
a0222229_23223118.jpg

気になるパンを発見。
もちろん、これもGET。
a0222229_23223265.jpg

いろいろ、ごちそうさまでした。

その後、旅行先では必ず立ち寄る、地元スーパーへ。
いろんな地元食材を観察。
a0222229_23224850.jpg

a0222229_23224848.jpg

古今東北というこのブランド、なかなかの品揃えでした。
ネーミングがいいですね~。
a0222229_23224878.jpg

石巻グルメの焼きそば。
もちろんGET。
a0222229_23224814.jpg

そのうち、このblogでご紹介したいと思います。
a0222229_23224740.jpg

すっかり雨の上がった石巻市。
次に向かったのは、石ノ森漫画館。
これまで何度もこの地に来て、何気に一度も入ったコトがありませんでした。
a0222229_23225606.jpg

a0222229_23225670.jpg

玄関に横付け(?)された、仮面ライダーが乗るスーパーカー。
よく見たらコレ、NSXじゃん…!
a0222229_23225714.jpg

a0222229_23225638.jpg

早速、館内へ。
サイボーグ009の衣装に身を包んだスタッフさんが、とてもいい感じです。
a0222229_23225698.jpg

トキワ荘の巨大なジオラマが展示されていました。
a0222229_23230743.jpg

何人もの偉大な漫画家を輩出したトキワ荘。
a0222229_23542389.jpg

彼らが青春を過ごした建物の内部を、超精密に再現。
a0222229_23230706.jpg

これは一見の価値ありです。
a0222229_23230707.jpg

a0222229_23230711.jpg

…というワケで、この施設内で写真OKなのはココまで。
この先は当然、写真撮影はNG。
ただ、いろいろと見応え十分で、なんとこの施設で2時間30分も過ごしてしまいました…(- -;

16時過ぎ。
遅い昼食を…。
a0222229_23231859.jpg

元は、創業160年という老舗料理店だったお店で、
a0222229_23231826.jpg

和風のラーメンを。
ここから再出発するんだ!という気概が、ひしひしと伝わってきます。
a0222229_23231855.jpg

a0222229_23231898.jpg

隣接するスーパーで、再び地のモノをGET。
a0222229_23233340.jpg

次に来る時は、この周辺もきっと劇的に変わっていることでしょう。
a0222229_23233280.jpg

a0222229_23233413.jpg

ここで時刻はちょうど17時00分。
さて…!
ではそろそろ、千葉まで帰るとしましょう!
a0222229_23233349.jpg

止んでいた雨が再び降り始め、ここからずっと雨中決戦。
途中で立ち寄ったSAで、突発的に「J-POP伝説」というCDをGET。しかも2枚。
主に90年代のヒット曲を集めたこのCD、もちろん本人達の音源である為、聴いていてまったく飽きず。
たまにこういう掘り出しモノ的CDがあるから、SAのCD売り場って侮れない…。
a0222229_23233370.jpg

圏央道を使わず、開通したばかりの外環自動車道を通って帰宅。
これがスゲー時間短縮となり、圏央道を使った場合と比べ、なんと30分も短縮。
自宅に到着したのは、石巻市を出発した17時JUSTから4時間40分後の、21時40分。
自分でもびっくりする位、これは相当早いペース。
新幹線を使った場合と比較しても、30分程度しか違いません。なぜ、こんなに早いんだ…?(- -;
a0222229_02501574.jpg

総走行距離、991km。
いや~、よく走ったもんです。

a0222229_23233388.jpg
…というワケで、「突然、思い立って仙台に行ってみたらどうなるか」の実験結果は、こんな感じで、何気にかなり充実した時間となりました。
たくさんの人達、いろいろなモノに感謝です。


※この実験は、去る6月8日(金)の夜から10日(日)の夜にかけて行われました。

…というワケで、タイトル通り、突然思い立って仙台に行ってみたらどうなるか、試してみました。

金曜日。
仕事を終え、21時過ぎに帰宅。
そこから準備をし、22時過ぎに自宅を出発。

常磐道を約2時間ほどひた走り、福島県いわき市に到着。
前乗りはココまで。
本日はいわき市内のビジネスホテル「東横イン」に宿泊。
高速を降り、いわき市内をぷらぷら。
ふと、新宿から来た深夜バスに遭遇。
なんだか、妙な親近感を覚える…。
オレもさっきまで、新宿にいたぜ…みたいな。
a0222229_06472967.jpg

日付が変わって午前1時30分、就寝。
死んだように眠る…。

午前7時00分、起床。
思い付き仙台の旅は、ここからが本当の始まり。
さて今日は一体、どんなコトが待ち受けているんでしょうか…。
a0222229_00135099.jpg

午前7時45分、いわき市を出発。
なんだかんだで午前10時30分、仙台市内の青葉城址に到着。
前日の夜に頑張っていわき市まで前乗りすれば、時間的にも体力的にも余裕で仙台市に午前着できることが分かりました。
これは素晴らしい実験結果です。

a0222229_06481619.jpg

仙台市内を一望。
さすが仙台。大都会です。
いい感じに緑と調和しているので、変にゴミゴミした印象がありません。
a0222229_06481567.jpg

a0222229_06481539.jpg

a0222229_06481550.jpg

ずんだシェイクを発注。
ちょっと粗めな食感と、ずんだの素朴な味わいが絶品。
これ、超オススメです。
a0222229_06482667.jpg

仙台と言ったらコレは外せない、牛タン。
いまや、どこででも食べれるけど、ここに来て食べるっていうのがいいんです。
a0222229_06482697.jpg

そんな感じで、青葉城址を一通り満喫。
思い付きで来ても、それなりに楽しめるもんですねー。
a0222229_06482648.jpg


その後、これまた思い付きで定禅寺通りへ。
a0222229_06482603.jpg

ここは初めて来ましたが、なるほど、仙台が杜の都と言われるのがよーく分かります。
街の中心部に、これほどの緑があるとは驚きです。
a0222229_06482661.jpg

a0222229_06484287.jpg

a0222229_06484232.jpg

そんな感じで、てくてくとテキトーに歩いていると、スゲー賑わっている場所に到着しました。
なにか、催し物が行われているようです。
a0222229_06484291.jpg

なんと、「仙台市食肉まつり」という名の、超魅惑的な響きを持つイベントが行われていました!
おー、これはラッキー…!
a0222229_00290350.jpg

ちょうど無料の焼豚が振る舞われていて、残り4皿というところでギリギリ、GET出来ました。
a0222229_06485873.jpg

a0222229_06485860.jpg

a0222229_06485830.jpg

ステージでは、高橋佳生さんという方のトークショーが行われていました。
a0222229_06490879.jpg

歌ってしゃべれる、高橋佳生氏。
a0222229_00345556.jpg

佳作が生まれると書いて佳生氏。
地元密着型の唄がとてもいい感じのライブでした。
a0222229_00360166.jpg

そんな高橋佳生さんのライブに後押しされるかのように、イベントもだんだん盛り上がってきました。
a0222229_06493029.jpg

a0222229_06493003.jpg

a0222229_06493118.jpg

a0222229_06493139.jpg

a0222229_06493109.jpg

a0222229_06493292.jpg

a0222229_06493179.jpg

a0222229_06493216.jpg

調子に乗って食べ過ぎました…(-_-;)
仙台の食はなかなか奥深いです。

その後、地下鉄で仙台駅へ。
地方によって、いろんな交通系カードがあるようです。
a0222229_06494592.jpg

a0222229_06494426.jpg

a0222229_06494424.jpg

仙台駅到着。
a0222229_00421966.jpg

こちらもいろいろと、盛り上がっている様子です。
a0222229_00421928.jpg

a0222229_06495389.jpg

a0222229_06495320.jpg

父の日プレゼントをGET。
…って、こんなんでいいのか??(- -;
(いいんです。気持ちですから)
a0222229_06495452.jpg

本日のお昼は出汁茶漬け。
やや食傷気味の胃袋に、とてもいい感じ。
体が求めてたのか、すげー美味かった…。
a0222229_06500233.jpg

駅周辺を満喫。
仙台はちなみに、約8年ぶりです。
a0222229_07112037.jpg

仙台市内のアーケード街をぷらぷら。
a0222229_00461326.jpg

仙台名物の最中をGET。
a0222229_07112009.jpg

a0222229_07111955.jpg

ひとしきり仙台市内を楽しんだところで、松島へ移動。
突発的仙台小旅行も、本日第二ステージに突入…みたいな感じ。
a0222229_06500323.jpg

a0222229_06500398.jpg

a0222229_06500316.jpg

この風景、日本人の心をくすぐりますねー…。
a0222229_06501442.jpg

a0222229_06501497.jpg

a0222229_06501483.jpg

a0222229_06501467.jpg

a0222229_06501415.jpg

そんな感じで、文字数と写真数は少ないけど松島を満喫。
ここから更にお隣の石巻市へと移動します。

18時00分過ぎ、石巻市内に到着。
突発的仙台小旅行のステージは、遂に石巻市へと突入したのであった…。
a0222229_06502418.jpg

a0222229_06502449.jpg

a0222229_06502413.jpg

石ノ森漫画館付近で小休止。
明日はココに行ってみようかなぁ…。
a0222229_06502470.jpg

a0222229_06502469.jpg

まだまだ旅は終わらない…。
その後、女川方面へ移動。
a0222229_06503830.jpg

a0222229_06503816.jpg

JR石巻線の終着駅、女川駅に到着したのが、19時25分。
もうすっかり、夜な感じです。
a0222229_06503975.jpg

シーパルピアもほとんどが閉店時間を迎え、少々閑散としています。
a0222229_06503701.jpg

a0222229_06503836.jpg

a0222229_06503860.jpg

ここは良く来てるけど、夜景を見るのは初めて。
ワタシにとっては、とても新鮮な感じです。

駅舎内にはなんと、温泉が併設されています。
ここで軽く体を温めてみたり…。
a0222229_06503897.jpg

そんな感じで、夜の女川駅周辺の散歩も終了。
本日の宿はなんと、いつものサンファンビレッジ!
(ここしか空いてなかったと言うか…)
a0222229_06510177.jpg

ヤマハSRXのクラブでしょうか。
同じオートバイがずらりと並んでいます。
a0222229_06510102.jpg

チェックインしたあと、食事のために再び石巻市内へ。
途中、季節外れの花火に遭遇。
a0222229_06504661.jpg

なにかのイベントでしょうか。
いずれにしても、まさか今日、花火が見れるとは思ってもみなかったので、とてもラッキーです。
a0222229_06504504.jpg

a0222229_06504623.jpg

夜中、太平洋に向かっていつものようにTpロングトーン大会を。
こういう毎日の積み重ねが大事なんです。たぶん…。
a0222229_01011315.jpg

ちなみに、楽団の練習はこんな感じで、参加人数が少ない中、輪になって合奏をしたとのことでした。
みなさま、突然お休みして申し訳ありませんでした…(T T
ふつふつと沸いてきた「旅行行くぜ」の誘惑(…と、家族のリクエスト)に、勝てませんでした…。
a0222229_01040344.jpg

そんな感じで、「突然、思い立って仙台に行ってみたらどうなるか」の実験は、無事一日目が終了。

本日の結論。
「行きたくなった時が行くべき瞬間。行くがいい。行けば分かるさ」(なんだ、それ)

自宅からの走行距離、517km。
a0222229_06510174.jpg

さて。
明日は一体、どんな風景に出会えるんでしょうか。


少しやる気を出して、連続投稿!

1)居酒屋にて
ふと目に入った、個人経営の居酒屋さん。
a0222229_23251106.jpg
「なんか旨いもん喰いたい人の店」らしいです。
このゆる~い宣伝文句に、思わずフラフラっと入りたくなってしまうトコがすごい。
玄関に掲げられた「やってる」っていうのも、なんだかユルくていい感じ。
大将の顔が見てみたくなります。
a0222229_23251135.jpg

2)ETC割引のススメ
5月のETC利用明細書が届きました。
MT09で行った東北ツーリング(詳細はコチラコチラ)の時の明細がズラズラと記載されていますが、ここで注目なのが、5月4日付けの「企画割引⇒日立南太田 3,000円」っていう項目。この「企画割引」っていうのが、
a0222229_23284736.jpg
二輪車限定の「定額料金乗り降り自由プラン」です。
a0222229_23284623.jpg
いくつかのプランが用意されていますが、ワタシが利用したのはコチラ、「東関道・館山道・常磐道」コース。
下記のエリア内であれば、二日間に渡り、3,000円で乗り降り自由!
a0222229_23284752.jpg
実際、ETC休日割引で二輪車片道2,480円、往復4,960円掛かるところが、なんと3,000円。
1,960円もお得になりました。すばらしい…!
これは是非、たくさんのライダーさん達に使って頂きたいと思います。
a0222229_23284730.jpg
いざ、オートバイの旅へ…。
a0222229_23284704.jpg


3)ライダー生態
モノの本によると、ライダーのほとんどは、お一人様らしいです。
んー、これはよく分かる。ワタシもどちらかというと、一人が多いので…。
a0222229_23284703.jpg
その理由は、「自由」だから。
これもよく分かる…。
a0222229_23284773.jpg
オートバイの魅力って、ここに尽きるような気がしないでもない、今日この頃です。

久々の更新です。
a0222229_01315817.jpg
空白期間が18日間。
その間、書き尽せないほどにいろいろなコトがありましたが、
a0222229_01332316.jpg
めんどくさいので、そのうち気が向いたら書き記しておきたいと思う、今日この頃です。
Blogは、何年後かに読み返した時にけっこう面白かったりするワケで…。
a0222229_01332758.jpg
川崎駅前で軽くラゾった後、再び電車で移動。
a0222229_01333365.jpg
品川に到着。
a0222229_01333314.jpg
乗り換えて、新宿へ。
これから先の数か月間、この場所へは何度も通うコトになるワケで…。
(もちろん、仕事です)
a0222229_01333331.jpg
先々週の土日、突発的に行われた仙台小旅行。
a0222229_02021640.jpg

そこで買って来た、宮城県産の納豆を食す。
その名も、川口納豆。
a0222229_01385252.jpg
ただならぬ存在感。
「村松博士製法」という、その言葉だけで「うまそう感」が漂います。
a0222229_01385206.jpg
実際、豆の味がしっかりしていて、美味かった…。
a0222229_01421225.jpg
売上の一部は、納豆協会を通じて、東日本大震災の被災地で活動しているNPO法人などに義援金として寄付されるそうです。
なんという素晴らしい取り組み。
a0222229_01385204.jpg

川口納豆の他に、「わたり」と「ふくうま大粒納豆」という2種類の納豆を購入。
a0222229_01494556.jpg
既に全部食べ終わりましたが、どれもこれもなかなかの美味さでした。
宮城県の納豆、あなどれん…。

他にもいろいろありましたが、
a0222229_02045405.jpg
そのうち、ここでご紹介したいと思います。
お楽しみに…。
a0222229_02045444.jpg

by masa6-COMPASS | 2018-06-19 23:59 | 雑記 | Comments(0)
梅雨入りの時期が囁かれ始める今日この頃…。
聞けば、来週中旬以降からいよいよ梅雨入りだとか…(- -;
・・・であれば、今のうちに存分に走っておこう!というワケで、今週も行って参りました。
いつもの高滝駅。
a0222229_05522524.jpg

毎週毎週、同じトコ走ってて飽きないの?と思われるかも知れませんが、飽きないんです、これが…。
a0222229_05522364.jpg

このルーティーン感がある種、安心感をもたらすと言うか…。
a0222229_05522496.jpg

そんな感じです。
a0222229_05522476.jpg

五井行きの列車を見送ったところで、
a0222229_05522416.jpg

付近の舗装林道へ。
a0222229_05523422.jpg

新緑のまぶしい林道は、それだけでもうサイコー。
a0222229_05524299.jpg

ワインディングの高速コーナーを一気に駆け抜けるのも楽しいですが、こういう道をのんびり走るのもまた、格別です。
a0222229_05524358.jpg

a0222229_05523521.jpg

上の画像から、視線をやや左にずらすとこうなってます。
a0222229_05523597.jpg

山の斜面みたいに見える場所、これが「道」に見える人はヤバいです。林病の疑いがあります。
上の画像から更に視線を左に…。
a0222229_05523553.jpg

山の斜面を縫うように、一本のケモ道ルートが見えてしまったら、これもちょっとヤバい傾向です。
頭では意識してなくても、体がオフロードバイクを求めている証拠です。
a0222229_05523439.jpg

その後、久々にダート林道を…。
やっぱり、たまに走りたくなるんですよね。
a0222229_05525011.jpg

雨水によって、道がかなりえぐれています…。
MTだと、さすがにこれ以上は厳しい感じ…。
a0222229_05524219.jpg

a0222229_05524346.jpg

a0222229_05525032.jpg

a0222229_05525008.jpg

a0222229_05525066.jpg

a0222229_05524987.jpg

a0222229_05530526.jpg

a0222229_05530531.jpg

ん…?
a0222229_05530666.jpg

なんだか、物騒な看板が…(- -;
a0222229_05525602.jpg

そんなこんなで…、
a0222229_05525651.jpg

最後はいつものように、高瀧神社へ。
a0222229_05525685.jpg

特に信心深いワケではありませんが、手を合わせるだけでなんとなく、心が落ち着くと言うか…。
a0222229_05525796.jpg

a0222229_05525750.jpg

そんな感じで、本日の朝練も無事終了。

帰宅後、近所のバイク屋さんへ。
Kawasaki Z900が遂に発売!…というコトで、早速見に行ってみました。
おー、これがウワサのZ900か。
Kawasakiらしい、キレッキレなデザイン。
a0222229_05530556.jpg

ワタシにとって、ほんとはコレが本命だったんですが、このZ900は海外生産&海外販売モデルってコトで、日本導入時期…もっと言うと、日本に導入されることすら不透明な状態が長く続いていました。
そんな中、まーいろいろとタイミングを伺ってはいたんですが、CBRの車検やあのポジションに対する体力的な限界、そして、候補2番手だったMT09の超優良物件に出会ってしまったコトもあり、いつ売るのか分からないZ900を諦めた…という経緯がありました。

発表から約2年。MT09を購入してから約1年。
こうして実物のZ900を目の当たりにすると、いろいろと複雑な想いが頭の中を駆け巡ります…。
跨ってみると、コレはまさに今でいうところの「ストリートファイター」的な感じ。
(個人的に、この呼び名はイマイチ好きになれない…)

軽い前傾姿勢とやや高めのステップ位置がもたらす姿勢は、まさに街乗りに最適なポジション。
ややモタード気味…と言うか、立ち気味のMT09に比べると、ワタシ的にはとてもしっくりと来るポジションでした。
a0222229_05530585.jpg

車重も軽く、取り回しも楽。
シート高795mmで足付きも良く(MTより良い)、それでいて比較的安価でありパワーもある。
(Z900RS比で34万円安、パワーは14ps増)

デザインも、「コストを抑えました」的な部分がなく、Kawasakiらしい洗練されたスタイルの中にも、どこかオーソドックスな雰囲気が漂うあたりは絶妙。売れる要素が満載で、商品力がすこぶる高い、さすがマーケティングのKawasaki!と思わせるオートバイでした。

じゃあ、MT09を選択したのは間違っていたのか、早まったのか?と言うと、決してそんなコトはない。
Z900はなんとなく、乗った時のフィーリングが想像できるけど、おそらく、MT09(…の初期型)ほどブっとんだ性格ではないと思う。
コイツの乗り味は、買う前の想像をはるかに超えていた。Aモードでの刺激的な全開加速には、未だに体が付いて行かない…。
a0222229_06301661.jpg

その一方で、Bモードという超オットリモードが装備されているコトにより、やや立ち気味のポジションと相まって、未舗装路でもそれなりに走れてしまう。つまり、走りのステージ、幅が広い。そこがMT09の魅力なのだ。
ま、欠点もいろいろあるけれど、総合的に見ると、MT09という選択は正しかったと思う。ワタシのオートバイライフにぴったりとハマり、しっかりと寄り添ってくれている。
・・・なんてコトを考えつつ、いつかレンタルバイクでZ900が登場したらたぶん、すぐに借りると思う…。

そんなワケで、夕方からは楽団。
a0222229_05530563.jpg

定期演奏会の曲も、アンコールを除いてすべて出揃いました。
今年は、第三部の選曲がなんと言うか、今までにない感じで斬新。
なるほど、そう来たかー的で、とても興味深いステージになると思う。

本日行った第三部の合奏。
2曲とも、何気にほぼ全員が初見に近い形にも関わらず、それなりのテンポでそれなりに吹ききるあたり、先生もおっしゃってましたが、冷静に見てみるとたしかに「おー、すげーじゃん」って感じるレベルでした。
小さなコトの積み重ねが、少しずつ実を結んで来てるのかも知れないですねー。
a0222229_07104259.jpg

定期演奏会が楽しみです。


埼玉県さいたま市大宮近辺をプラプラと…。
a0222229_05272233.jpg
片側2車線の第二産業道路を南に走っていると、浦和の手前辺りでこのような大ケヤキに遭遇します。
道路は、この大ケヤキを避けるように、大きく湾曲。
a0222229_05272201.jpg
この大ケヤキ、元々は民家にあったらしく、第二産業道路が計画され、道路計画地になったことから切り倒されることになっていたようですが、大きい木はご神木のように「霊的な力を持つ」と昔から信仰されてきたので、現代であっても何かしらの祟りを恐れ、切らずにわざわざ迂回する形で道路が完成したそうです。
a0222229_05272212.jpg
なんと、さいたま市の天然記念物として指定されるほどの存在。
まさに、この道路の守り神…と言ったところでしょうか。

そんなこんなで…。
a0222229_05272267.jpg
浦和から外環で三郷・松戸方面へ。
a0222229_05272236.jpg
そう言えば明日(6/2)、いよいよ外環の高谷(千葉県市川市)と三郷南(埼玉県三郷市)が開通する。
これで、千葉から東北道・関越道方面へのアクセスが抜群に良くなります。
都内を抜けずに行けるってのが大きなポイント。
毎朝の通勤時、総武線と交差する外環の工事個所を電車から眺めていたので、なんというか、すげー感慨深い。今後に期待です。
a0222229_05480863.jpg
信号待ちで隣に停車したトラックの荷台に、YAMAHA YZF-R25が。
a0222229_05272822.jpg
よーく見たら、思いっきりヤっちまった跡が…(- -;
ライダーは無事だったんだろか。
a0222229_05272747.jpg
たった1台のみのパーキング。しかも屋根付き。
五反田駅に隣接したこのパーキング、ある意味、超穴場かも。
a0222229_05272733.jpg
そんな感じで、今週はなんと、一度も飲み会なし!
すばらしい…。




by masa6-COMPASS | 2018-06-01 23:59 | 雑記 | Comments(0)