※この実験は、去る7月27日~29日の3日間で行われました。


突発シリーズ(?)第3弾は、ライダーの聖地北海道をバイクで巡る旅。
思えば去年の7月9日…。
北海道旅行が記されたBlogの最後には、「次は是非、オートバイでこの地を走りたい…(ニヤリ)」の一文が…。
a0222229_01193132.jpg
言ったからには(書いたからには)、実行に移さねば男じゃない。
(…とか言ってみたり…)

家族もちょうど義母達と旅行に行くと言ってたし、「バイク de 北海道一人旅」を実行するならこのタイミングしかない…。
というワケで、ほとんど突発的なノリではあるけれど、「突然、思い立って北海道にツーリングに行ってみたらどうなるか」を実行してきました。


1)事前準備編
なんだかんだ言っても、そこは北海道。
しっかり効率よく回るには、ある程度の準備はもちろん、必要です。
a0222229_06465383.jpg
まず道程。
くっそ忙しい中、絞り出した時間は、金・土・日の3日間のみ。
この貴重な3日間を有効に使うためには、自走で北海道とかフェリーで北海道とか、時間を要する手段はまず無理。
時間を掛けずに北海道…となると、陸送でバイクを届けて自分は飛行機とか、ANAで愛車と一緒に飛んだりとか、飛行機を絡めたプランニングをすることがまず第一です。
いろんな方法・選択肢があるけれど、走るなら絶対、自分の愛車で…!というコダワリがワタシの場合、割と少ないため、今回選んだのは「地元の成田空港からLCCで一気に北海道入りをし、お気軽レンタルバイクで道内を巡る」という方法。時間のないリーマンライダーには、このオペレーションがとっても便利です。

速攻で、往復の航空券をGET。
いまや、ネットですぐにチケットが手に入る時代。便利な世の中になったもんですね。
a0222229_01365678.jpg
次にレンタルバイク。
利便性という点で、ショップはレンタルバイク819新千歳空港店をチョイス。
実は、3年前にもココで借りている実績があったりします。
あの時は家族も一緒だったので、ほんの4時間程度の「バイクde北海道」でしたが、スゲー感動したのを覚えてます。
a0222229_02022746.jpg

今回、3日間を共に過ごす相棒として選んだのは、HONDA NC750X-DCT LD仕様。
クラッチ操作はないし、燃費は抜群にいいし、荷物はたくさん入るし、ある意味、究極の旅バイクと言えるかも知れません。前回はCTX700だったので、基本的に同じバイクと言うか…。
a0222229_01334454.jpg

北海道までの足と、現地での足を確保した後は、いよいよ、最も大事な「どこへ行くか」を決めることにします。
北海道はほんとにデカイので、本州の距離感のままプランを立てると失敗する危険性があります。なので、今回は最果ての地である「宗谷岬を制覇する」…という一点に的を絞り、全体のルートを作成してみました。

【1日目】
新千歳空港から高速道路経由で一気に日本海へ。
留萌からオロロンライン経由で天塩町に入り、そこで宿泊。
天塩町泊ってのが、なかなかマニアック…。

【2日目】
天塩町からサロベツ原野経由で稚内市内、そして宗谷岬へ。
この日は高速道路を使わないので、距離を抑えつつ音威子府(これまたマニアック…)で宿泊。

【3日目】
音威子府から名寄・旭川を経て美瑛・富良野へ。
そこから南下して占冠から高速に乗り、新千歳空港へ到着するパターン。
いろいろやりたいコトはたくさんあるんだけど、あまり欲張らず、あくまでも「観光」ではなく「ツーリング」というスタンスでルートを設定してみました。
a0222229_01210998.jpg

宿泊先の選定は、じゃらんサイトとかではなく、グーグルMAP上で発見した旅館に直接電話を入れ予約。
突発的旅行らしく、こんなテキトーなやり方を選択してみましたが、果たしてこれが吉と出るのか凶と出るのか…。

そんな感じで、全ての準備が完了。
あとは出発日を待つだけ…という状況下、なんと出発の2日前に台風12号が発生!
まさかの事態に、「こ、これはやむなく中止か?(T_T)」と一瞬なりましたが、予想進路が微妙にずれて来たこともあり、とりあえず、行きの飛行機は無事に飛ぶであろうことが分かったので、決行することにしました。
a0222229_01205191.jpg

ただ、進路と速度によっては、帰りの飛行機がちゃんと飛ぶのか、一抹の不安は残る状況。
ま、そん時はそん時。なるようにしかならん。

結果的に、台風が来る直前に関東を離れ、台風が過ぎた頃に戻ってくるという絶妙な結果となりました。
北海道滞在中もずっと快晴で雨はまったく降らず。
今年度の北海道最高記録をマークするほど暑かったけれど、全般的に天候に恵まれた「行き当りバッタリツーリング」となりました。


2)出発編
金曜日は有休取得ということで、前日の木曜日はけっこう遅くまで仕事をこなす。
ま、致し方ない感じです。
クッタクタで22時28分発ホームライナーに乗車。明日のことを考えて、なるべく体力を温存しとかんと…。
なんだか、あまりにも日常感満載で、明日から北海道っていう実感がいまいち湧きません…。
a0222229_01193214.jpg

翌日は4時起き。
始発電車にて一路、成田空港へ。
今回の旅は、事前にヘルメットやらウェアやら着替えやら、ほとんどの荷物をレンタルバイク屋に送っているため、手持ちの荷物はGOLDWINのツーリングデイバッグ一つを背中にしょってるだけ。素晴らしくお気軽な感じです。
a0222229_01193235.jpg

空港到着。
第3ターミナルまで歩いて移動。
a0222229_07262735.jpg

定刻通り、午前8時05分発のジェットスターに搭乗。
a0222229_01193191.jpg

今回の席は最前列左側。
到着したら一番ノリで降りれるという、せっかち野郎にはサイコーの場所です。
a0222229_07263104.jpg
いざ!
a0222229_01193135.jpg

機内で最終確認。
なかなかゆっくり見る時間も無かったので、ここで改めておさらいです。
a0222229_20233656.jpg

北の大地が見えてきました。
めちゃくちゃ快晴です。
a0222229_01200605.jpg

a0222229_01200742.jpg

定刻通り、午前9時45分に無事到着。
a0222229_01200732.jpg

ではいよいよ、突発的北海道ツーリングの始まりです。


3)天塩町へ向けて、GO!
新千歳空港のレンタカー関係は、空港から少し離れた場所にすべての会社が集中しているので、基本的にどの会社も送迎付きです。
a0222229_07381086.jpg

レンタルバイク819も例外ではなく、例え一人でもすぐにお迎えが来てくれます。
ここで、運転手さんといろいろ情報交換を。
先週までの北海道は天候不順で、意外と寒かったそうです。
今日の最高気温は29℃。北海道としては、むちゃくちゃ暑いです…(-_-;)
a0222229_20233679.jpg

ほどなくして、ショップに到着。
先に送っていた荷物と再会したところで、出発準備を整えます。
オプションで付けたのは、リヤボックスと電源ソケット。
リヤボックスには雨具一式と、寒さ対策用のインナー等を収納。
準備したツーリングバッグには、着替えとか諸々。
a0222229_07572007.jpg

そして、NCならではの装備であるトランクには、カメラや地図一式などを収納。
これがスゲー便利でした。
a0222229_07454629.jpg

時刻は午前10時30分、いよいよ出発です。
この3日間で一体、どんな風景に出会えるんでしょうか…。
a0222229_07502199.jpg

千歳ICから道央自動車道へ。
この日は平日というコトで、けっこう仕事の電話なども多く、PA等に立ち寄りつつ対応。
ま、これは致し方ない…。ちなみにココは輪厚PAです。
a0222229_07572511.jpg

12時27分、砂川SAにて小休止。
a0222229_08043776.jpg
ここでご飯を食べるか、降りてから食べるか迷った末に、降りてからテキトーに探すことに。
a0222229_07572550.jpg

道央自動車道深川JCTから、無料区間である深川留萌自動車道へ。
このまま一気に留萌…ではなく、せっかくなので、最初のICである深川で高速を降りてみました。
取り急ぎ、街の中心である深川駅へ。

a0222229_01201917.jpg

深川市(Wikiより)
石狩平野の最北部に位置する都市で、南部を除く三方を山に囲まれた地形。
市内中心部を東西に石狩川が流れ、その周辺に水田が広がる。
空知総合振興局北部(北空知)における交通の要衝で、多くの鉄道・道路が集積する。
…だそうです。
a0222229_01201953.jpg

明日から二日間、お祭りがあるようです。
残念…!
a0222229_01201968.jpg
駅構内。
6分後に、特急ライラック号旭川行きが入線するようです。
これは是非、カメラに収めとかんと…。
a0222229_01201920.jpg

入場券でホームへ。
おー、来ました特急ライラック号789系。
6両編成の1号車・6号車には、沿線ゆかりのイラストなどがラッピングされています。
a0222229_01201980.jpg

こんな感じです。
a0222229_08123278.jpg
a0222229_08123394.jpg
今回のラッピングはコレでしたが、
a0222229_08145656.gif
他にもいろいろあります。
a0222229_08145262.gif
a0222229_08145139.gif
a0222229_08145198.gif
この車両は、ここが見るべきポイント。
是非、参考にしてみてください。(なんの?)

さて。
そろそろお昼に…。
近くに道の駅があるようなので、移動してみます。
a0222229_08180787.jpg

道の駅ふかがわに到着。
a0222229_01203037.jpg

再び、Wikiより。
1892年(明治25年)、屯田兵入植を中心に市街地の形成と周辺開拓が進められる。

開拓当初、全道的に小麦をはじめとする畑作が奨励されたが、稲作に取り組む入植者も多く、深川でも1892年(明治25年)に稲の栽培に成功
その後、1896年(明治29年)には水田試作が本格化して土功組合も結成され、1916年(大正5年)に石狩川の水を引く用水路が完成されてからは、各地区に水田が広がった。
…だそうです。

そんな深川市は、お米がとても美味しいらしいです。
なので、本日の昼食は、釜で炊いたご飯での玉子かけご飯に決定。

a0222229_01203024.jpg

この地で獲れた食材をトッピング。
a0222229_01203032.jpg
これ、マジうまでした…。
a0222229_01203070.jpg
出汁醤油もまた、なかなかいい感じ。
途中で入れることで味に変化をもたらし、最後までいろいろな味を楽しむことが出来ました。
ごちそうさまでした。
a0222229_01203020.jpg

お腹も満たされたところで、次は「日本一のひまわり畑」と名高い、北竜町のひまわり畑へ立ち寄り。
ここで、群馬ナンバーのV-Maxライダーと遭遇。
a0222229_01204287.jpg
群馬県太田市出身、現在、東京芸大4年生。
初めてのロングツーリングというコトで、なんと東京から自走してきたそうです。
やるなぁ…。
MS06-ザクをモチーフにしたというヘルメット。
そのうち、ツノを付けるそうです…。
さすが芸大。やることが違うぜ。
a0222229_01205166.jpg
せっかくなので、男二人でひまわり畑を散策。
a0222229_01204242.jpg
なかなかの咲きっぷりです。
a0222229_01204279.jpg
a0222229_01204382.jpg
男同士ってのがなんだか、笑えますが…。
a0222229_01204309.jpg
昨日北海道入りをしたV-Max君。
本日の出発地は富良野で、この後、なんと稚内まで向かわれるそうです。
半端ねーぜ、そのプランニング!
a0222229_08340999.jpg

だったら、ワタシも途中まで一緒なので、テキトーにご一緒しましょう…ってコトになり、ここから空知国道(国道275号線)⇒深川国道(国道233号線)経由で留萌へ。

a0222229_08380736.jpg
留萌から天売国道(国道232号線)にて、一気に北上。
途中にある道の駅までご一緒することにしました。こんな位置関係です。
a0222229_08404000.jpg

到着!
a0222229_10534691.jpg

今日の出会いに感謝して、日本海を背に記念撮影を。
a0222229_01205145.jpg
彼は、このV-Maxのスタイルに一目惚れし、コレが乗りたくて免許を取ったそうです。
V-Maxに乗る、という一つの夢を達成した彼は、次にV-Maxで北海道を一周する、という目標を立てました。
この目標が無事に達成され、さらにその先にある「YAMAHAのデザイナーになりたい」という大きな夢がいつの日か叶えられるよう、陰ながら応援しております。
a0222229_01205176.jpg
a0222229_20233737.jpg
7万円で買ったという中古のビラーゴを使った卒業制作、完成したら是非見せて下さい。
またどこかでお会いしましょう!
a0222229_01210920.jpg

ここで時刻は16時50分。
ここから一気に天塩町まで北上します。
a0222229_01210972.jpg

位置関係的に、こんな感じ。
近いように見えて、一般道でまだ90km近くあります…(- -;
a0222229_08541706.jpg

90kmと言ったら、千葉駅から館山駅までの距離に匹敵。
なんてデカいんだ、北海道…(- -;
a0222229_02595687.jpg

さすがの絶景が続くオロロンライン。
a0222229_01212194.jpg

上平グリーンヒルウィンドファームが見えてきました。
国道から見えるのは数基のプロペラだけですが、丘の上には39基の風力発電用プロペラが一面に並んでいるそうです。
a0222229_01212279.jpg

圧巻な風景…。
a0222229_01212223.jpg
更に北上を続けます。
a0222229_01212253.jpg
17時15分、苫前町を通過。
「とままえだベアー」なんてコミカルに書かれてるけど、ここ苫前は1915年(大正4年)に、クマの獣害としては日本史上最悪の被害を出した、三毛別ヒグマ事件の現場となった町。
a0222229_01212178.jpg
体重340kg、体長2.7mのエゾヒグマが数度にわたり、民家を襲ったそうです…(- -;
あ、この熊ってひょっとしたら、そいつを再現してるんだろか…。
a0222229_09052412.jpg
苫前町から羽幌町へ。
羽幌町に入るとすぐ、巨大なオロロン鳥が出迎えてくれました。
天売島に生息する、絶滅危惧種だそうです。
a0222229_01213177.jpg

ひたすら、北上…。
a0222229_01213104.jpg

a0222229_01213129.jpg

a0222229_02300293.jpg
a0222229_02300408.jpg

a0222229_02300330.jpg
a0222229_02300341.jpg

17時55分、稚内まで118m地点を通過。
なんと、稚内までまだそんなにあるのかー!
さっきのV-Max君は一体、何時に到着するんだろか…(- -;
a0222229_01213140.jpg
なんとなく、海をのんびり眺めたくなり、国道から一本折れてみると、そこには素晴らしい風景が広がってました。
初山別村、みさき台公園です。
a0222229_01213092.jpg
ここは、初山別村最大の観光スポットらしく、20万m²弱の広大な敷地の公園で、公園全体が道の駅(「☆ロマン街道しょさんべつ」)に登録されているそうです。
a0222229_01213829.jpg

敷地内には、温泉宿泊施設(岬センター、岬の湯)、天文台、オートキャンプ場、キャンプ場、パークゴルフ場、ゴーカート場などがあり、みさき台公園(金毘羅岬)から見る夕日は絶景で、水平線には島々(利尻島、天売島、焼尻島)を見ることができるとのこと。

いい感じで休憩できました。
a0222229_01213996.jpg
時刻は18時15分。
更に北上を続けます。
a0222229_01213124.jpg
利尻富士は見えませんでしたが、素晴らしい夕陽に出会えました。
長かった一日が終わろうとしています…。
a0222229_01213900.jpg
…なんて、センチメンタルな気分になりつつも、宿までまだ40㎞近くあります…(- -;
北海道って、ほんとでかい…。

そんなこんなで19時15分、無事に旅館に到着。
a0222229_01214655.jpg
本日の走行距離、327km。
9時間も走り続けた割には、走った距離はそうでもなくて、ちょっとビックリ。
燃費が32.1km/Lって出てますが、これ、かなり正確です。
さすがNC。ホンダの技術力とコンセプト力の素晴らしさをまざまざと見せつけられました。
a0222229_01220167.jpg
普通の民宿の、普通の夕飯。
でも、この普通レベルがなかなか素晴らしく、
a0222229_20233763.jpg

特にこの粗汁の出来は完璧。
思わずお替わりをしてしまいました。まじ、美味かった…。
a0222229_01215529.jpg
気さくな女将さん。
グーグルMapでテキトーに見つけた宿でしたが、とてもアットホームで居心地の良い宿でした。
a0222229_09304403.jpg
夕食後、宿の周辺をプラプラと…。
天塩町は、北海道内第2位の長さを誇る大河、天塩川の河口に位置する、人口3,000人ほどの小さな町。
a0222229_01214713.jpg

かつては、羽幌線という国鉄の路線が通っていたそうですが、1987年3月30日に廃止。
これってたしか、JRに切り替わったタイミングと一緒。
もっと言うと、筑波鉄道が廃止になったのと、同じ時期です。
(あれは3月31日でしたが)
a0222229_01214745.jpg
駅から延びるこの通りは商店街だったとのことで、かなりの賑わいがあったそうですが、
a0222229_09425740.jpg
20時を前にして、このように静まり返っております…。
a0222229_09425792.jpg
国道沿いにある「道の駅てしお」に到着。
a0222229_01214763.jpg
少しずつ、交通網が整備されているようです。
a0222229_01214761.jpg
稚内方面を臨む。
明日も良い日でありますように…。
a0222229_09464565.jpg
そんな感じで、一日目が終了。
おつかれさまでした…。


# by masa6-COMPASS | 2018-07-27 23:59 | バイク | Comments(4)
今日くらいから、各地で西日本豪雨に関する義援金等の受付が始まりました。

コンビニ等でも気軽に出来ますし、それはそれで必要なことですが、誰にも気付かれずにまとまったお金を送りたい場合はやはり、日本赤十字社などを通じて行った方が良いとワタシは思います。
a0222229_00354447.jpg

本日より、受付を開始しました。
a0222229_00354978.jpg

詳細は、コチラをクリックしてください。

被災地の、一日でも早い復興を心よりお祈り致します。
a0222229_01000687.jpg


# by masa6-COMPASS | 2018-07-10 23:59 | 雑記 | Comments(0)
義援金、その他もろもろ、まだいろいろと体制が整っていないようです。
a0222229_05160918.jpg


それでも時間は前に進んでいるわけで、この事態に、自分が出来ることをしたい!と思っている人はたくさんいるし、それを必要としている人達も多勢いらっしゃいます。
そうした二つの想いを繋ぐこと、支援の出来る体制を早急に構築する必要があります。
a0222229_05154213.jpg

a0222229_05162033.jpg
a0222229_05164790.jpg
a0222229_05142283.jpg


被災地の一日でも早い復興を、心よりお祈り致します。

# by masa6-COMPASS | 2018-07-09 23:59 | 雑記 | Comments(0)